News

注目のニュース一覧はこちら

2014年12月24日17時00分

 
80年代カルチャー誌『宝島』が『宝島AGES』として復刊、巻頭はRCサクセション
 

80年代カルチャーを牽引した人気雑誌『宝島』が新雑誌『宝島AGES』として12月25日(木)に発売される。

バンドブームや原宿ファッションなど、80年代に花開いたサブカルチャーを牽引した『宝島』。1973年に創刊して以来多くの若者に読まれ、日本のロック、ストリートファッションに大きな影響を与えた雑誌であり、RCサクセション、YMOの存在を広く知らしめる役割を担っていたことでも知られている。また今のカジュアルファッションの礎となるヒステリックグラマー、MILKなど数々のブランドが「原宿ファッション」を広め、その後の「裏原ブーム」を作り出したデザイナーたちも『宝島』に連載を持っていた。

新雑誌『宝島AGES』は、さまざまな世代でトップに立ったクリエーターを結集して、「伝説のカルチャー誌」を復刊。第1号では、巻頭にRCサクセション、忌野清志郎の特集を掲載しており、三宅伸治と片岡たまき(元マネージャー)の対談や、2ページ丸々「明日なき世界」の歌詞とRCサクセションのライヴシーンが掲載されたページ等、ファンにとっては胸アツな構成となっている。

また、ザ・ブルーハーツ、有頂天といったパンク・ニューウェイブの音楽シーンを振り返るだけでなく、現在も活動するバンドマンたち、ラフィンノーズのCHARMY&PONやニューロティカのイノウエアツシ、KENZI&THE TRIPSの八田ケンヂらのインタビューも敢行(※インタビュアーはオナニーマシーンのイノマー)しており、濃厚極まりない。

その他「よしもとばなな×町田康の対談企画」をはじめ、しりあがり寿や中森明夫、渋谷直角、綾小路翔、ヒャダインなど、80年代の『宝島』で活躍していた人々から当時の読者まで、『宝島AGES』ならではの豪華な顔ぶれが揃い踏み。当時を知る人もそうでない人もこの機会にあの時代の空気に触れてみてほしい。(岡本貴之)

『宝島AGES』
2014年12月25日(木)発売
定価:880円(税込)
●判型:B5判
【第1号特集内容】
◆80年代特集
RCサクセションが駆け抜けた80年代、Yellow Magic Orchestra
80's STREET FASHION(大川ひとみ、北村信彦)
伝説のクラブ ピテカントロプスを語る、よしもとばなな×町田康対談、
大貫憲章とロンナイの35 年、園子温、綾小路翔
◆「戦争」と「平和」ハッカーズ(堀江貴文、茂木健一郎、金杉肇)対談
◆コラム
みうらじゅん、中森明夫、しりあがり寿、大根仁(モテキ監督)、
近田春夫、吉田豪、天久聖一、渋谷直角、辛酸なめ子、
ピーター・バラカン、ヒャダイン、杉作J太郎、箭内道彦、町山広美 etc.

編集