News

2013年09月20日18時20分

 
DJラシャド——ジューク/フットワーク・シーンのイノヴェイダーのアルバムが10月19日にリリース!
 

トラックスマンRPブーといったオリジネイターに続く世代の、ジューク/フットワークのイノヴェイダー、DJラシャドのオリジナル・アルバム『Double Cup』のリリースが決定した。日本盤には未発売ながら、すでにアンセムと化している、あの曲も収録される。

コード9のHyperdubより、DJラシャドのオリジナル・アルバムがリリースされる。トラックスマンやRPブーといったシカゴのオリジネイターたちの重要アーティストのアルバムが次々とリリースされたことを考えると、まさにそのリリースがまたれていた最後のピースとも言えるアルバムだろう。彼はどちらかと言えば、トラックスマンやRPブーたちの次世代、その筆頭と言えるアーティストでシカゴのジューク/フットワークのその進化に間違いなく、大きな痕跡を残しているアーティストのひとりと言えるだろう。すでに、アルバム先行としてHyperdubからリリースされた2Pacネタのシングル「I Don't Give A Fuck」はピッチフォークのBest New Trackを獲得している。また参加アーティストには、シカゴ・シーンの盟友DJスピンやDJマニー、欧州のアディソン・グルーヴなど気鋭の面子を従えている。収録楽曲には、すでにストリート・レベルではクラシック化している曲も多く、なかでも「Reverb」は公式には未発売ながらすでにアンセムと化している楽曲の初音源化だ。下半期のジューク/フットワーク、そしてベース・ミュージックなどあらゆるエレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて話題盤となること間違いないだろう。(河村祐介)


アルバム先行としてHyperdubからリリースされた2Pacネタのシングル「I Don't Give A Fuck」

DJラシャド『Double Cup』は10月19日に発売

あわせて読みたい