News

2013年01月28日22時00分

 
長田カーティス(indigo la End)、立て続けにレッドブルを2本飲む。――しょうもにゅーす
 

美しいメロディに透き通った歌声、時にエモーショナルなサウンド。様々な音楽の色が溶け合った独自の音楽性で話題を呼ぶバンド、indigo la End。そのギタリストとして、独特のフレーズを放つ長田カーティスが、数時間の間に、2本のレッドブルを立て続けに飲んだ模様。

本人のTweetによると、1本飲んで「レッドブルパイセンに翼頂いた」ものの、「飛び過ぎて翼無くなった」ことと「まだまだやる事ある」ため、約3時間後に2本目を飲んだようだ。

尚、レッドブルは1978年にタイで開発されたドリンクで、生みの親であるチャリアオ・ユーウィッタヤーの総資産は推定40億ドルとされ、昨年亡くなるまでは、タイでナンバー・ワンの富豪だったとのこと。

“しょうもにゅーす”では、引き続き、長田カーティスの肩甲骨の辺りを見守っていくつもりだ。

関連ニュース