My Best! Records

川本真琴withゴロニャンず
Lossless

川本真琴withゴロニャンず

川本真琴withゴロニャンず

川本真琴 with ゴロニャンず、フルボリューム夏色デビューアルバム!!ピッチャー川本真琴サウスポー20周年、キャッチャー澤部渡 135Kg スカートです、ファースト三沢洋紀ラブクライや真夜中ミュージックなど、セカンド池上加奈恵はこモーフや王舟バンドや真黒毛ぼっくすのサポートも、サード植野隆司はテニスコーツ、Melt など。2014年、横浜黄金町試聴室が生んだロックバンドです。2014年夏、川本真琴と三沢洋紀の「一緒にライブを」との呼びかけに植野隆司と池上加奈恵が合流、そこに澤部渡が加わり、早速、横浜試聴室で2曲レコーディング(同年12月7インチ発売)、しばらくダラダラしていたが2015年12月25日のライブイベントで再結集、一気にアルバム作りへ向かいました。それぞれがソロやバンドで活躍しているメンバー5人全員が優れたソングライター、「黄金町試聴室を拠点に曲を作っている。自分らで焚き火して焼き芋とか焼く感じ」(川本真琴談)のとおり、出来るだけ多くの時間を作詞作曲の共同作業にあて、曲作りから録音まで6か月、3年分の夏をつめこんだ夏色きらめくアルバムが、ドリームボール連投の末、出来上がりました。ミックス〜マスタリングは中村宗一郎(ピースミュージック)、そのマジックにもご期待ください。

Rainbow and Serpent
Lossless

Rainbow and Serpent

シマダボーイ

NATURE DANGER GANG(休止中)やスカートのメンバーとして活躍するパーカッショニスト、シマダボーイ。サウンドプロデュースに佐藤優介を迎え、ソロアルバムが出来ました。リード曲のボーカルはNegiccoのKaede (作詞は鶴岡龍)!さらに人気芸人、ぼく脳が2曲参加!!メタルパーカッションからソロ多重録音、自身のシマダボーイズまで、波乱万丈勇気百倍のタワレコメン!

新しい友達
Lossless

新しい友達

Pop

川本真琴

峯田和伸、七尾旅人とのデュエット、演奏陣にmabanua、山本精一、林正樹、マヒトゥ・ザ・ピーポー、植野隆司、野村陽一郎、伊賀航、久下惠生、八木のぶお、U、豊田道倫ら参加。さらに(ジェシー・ハリスをサポートする)ジェレミー・ガスティンやマルチ・プレイヤー、ベンジャミン・レイザー・デイヴィスらとのニューヨーク録音3曲、そして作詞に有本ゆみこ(sina suien)の書下ろし含む全12曲入フルアルバム「新しい友達」。デビュー23年、初めてのオール・セルフ・プロデュース作品。

Remix
Lossless

Remix

Pop

川本真琴

mabanuaとの共同プロデュースによる5曲入りミニ・アルバム「願いが変わるまでに」(2013年10月発売)収録曲から、同年12月、配信限定で発表された3曲のリミックス・ヴァージョンに、2012年12月に公開された映像作品「fish」(監督:清水康彦)のためのレア・ミックスを加えた4曲入りアナログ10インチ盤。Jimanica(自身のd.v.dを始めDE DE MOUSEや蓮沼執太などのバンドに参加)によるバウンシーなA2、megrim(電子音響レーベルmophを主宰、DJ SODEYAMA、miaouなどのリミックスも手掛ける)によるミニマルかつセクシーなB1、Hu La Soul(MiChiのリミックスなどでも知られるユニット)による80'sニューウェーブ・フレイバーたっぷりのキュートなB2。多くのリクエストのお応えしアナログリリース決定。

川本真琴 and 幽霊
Lossless

川本真琴 and 幽霊

川本真琴 and 幽霊

「音楽の世界へようこそ」(2010)、「フェアリーチューンズ」(2011)に続く、川本真琴セルフ・プロデュースによる新作です。作詞・作曲・演奏・歌=川本真琴、佐内正史。ジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンスブール、キャロル・ロールとルイス・フューレイ、に続く(と言っても過言ではない)瑞々しく新しい2人組の誕生です。本作には、このために書き下ろした新曲が3曲と、(ピエール・バルーの歌で知られた)カバー1曲を収めました。まるで、宇宙船の中で詠まれた俳句のような歌が出来上がりました。ロマンティーック・ナウ!! ミックス〜サウンドメイクに、エンジニア・中村宗一郎が全面協力、見たこともない聴いたことのない音色、質感を感じ取っていただけるかと思います。また、カバー曲「出逢いの星」では、そのトラック作りをカメラ=万年筆の佐藤優介が手がけました。

フェアリー・チューンズ
Lossless

フェアリー・チューンズ

川本真琴 feat. Tiger Fake Fur

大ロングセラー・アルバム「音楽の世界へようこそ」に続く川本真琴、セルフ・プロデュースによる2011年の新作、「フェアリーチューンズ」は、4曲入りCD+最新映像を収めたDVDの2枚組。

音楽の世界へようこそ
Lossless

音楽の世界へようこそ

Pop

川本真琴

完全川本真琴復活!!自身プロデュースによる9年ぶり待望のフル・アルバム発売決定!!

Pandora
Lossless

Pandora

Pop

武田理沙

北海道出身。3歳よりクラシックピアノを始める。大学時代はドラマーとして活動。2011年4月上京し、ブルース、ジャズ、インプロビゼーション主体のセッションに多数参加する。2014年7月、John Zorn's COBRAに出演。様々なバンドで活動する傍ら、2016年にソロ活動を開始。即興演奏、映像を使ったオリジナル曲、FRANK ZAPPAのピアノカバーなどが世界中より好評を博している。Risa Takeda's ''Pandora''Combining her formative affinity for Debussy and Ravel with jazz and rock as well as free improvisation, and with a creativity seemingly spurred on by some alien aesthetic or code, she conjures visions of a unique universe, on this hereto unseen, all or none, debut solo album. Complex melodies and harmonies, and webs of rhythms and sequences make up this free-flowing yet intricately assembled 16-song double-CD masterwork. What kind of logic is behind the characteristic polyrhythmic, polymetric style? Written, arranged, performed and recorded solely by Risa Takeda, this constitutes an inimitable, comprehensive collection. Not based on technique and definitely not radical but a new standard of beauty may have been achieved.

ハレルヤ
Lossless

ハレルヤ

Rock

壊れかけのテープレコーダーズ

異質の、そして明らかな異物感、もはやロック・バンドではないと、年間100近くに及ぶライヴのたびに、この1年、驚きを持って迎えられた。前作以降に披露された新曲は、白昼夢のディスコ、マシーン・エイジのヴードゥー、スペースシャトルのロックンロール・イン・ソウル・マイン、キャバレー・ヴォルテールで流れていた恍惚のグルーヴ、微分化された牧羊歌とその詠唱などなど、ひとつのスタイルに縛られることを嫌い時間をかけ練られ、そして液状化していった。それらは、本年3月(〜4月)、名エンジニア近藤祥昭(GOK SOUND)のもと、バンドの名に帰すようにオープンリールのテープレコーダーによってオール・アナログレコーディングが行われた。唯一無二の音が聴こえ、その場に引きずり込まれる独特独自のサウンド・ピクチャーとなる3rdアルバム「ハレルヤ」が完成した。結成5年の集大成である。

箱舟
Lossless

箱舟

Rock

壊れかけのテープレコーダーズ

昨年1stアルバム「聴こえる」(ハヤシライス・レコード/HAYA3)を発表後、オルガンをフィーチャーしたそのドリーミィーでサイケデリックなバンド・サウンドと男女ツイン・ボーカルが、''フィル・スペクター・ミーツ・ジャックス''と評判を呼び、同年フジロックに出演。本年参加したコンピ・アルバム「TOKYO NEW WAVE 2010」では、太平洋不知火楽団、Far France、オワリカラ、andymoriといった次世代オルタナ・シーンの参加バンドの中にあって、異色中の異物としてさらに評価を上げることとなる。この1年に数多くのライヴで発表し磨き上げられてきた新曲を録音、MIXからマスタリングまでの全てをエンジニア・中村宗一郎氏に託し、アンビエンス感を重視し(さらにこのタイプには珍しく、ボーカル・バランスを上げたことは特筆すべき)、出来上がったのが本作、全8曲、フル・アルバム。‘風に向って放尿ス’と歌い放ったニール・ヤング「渚にて」を思い起こさせる白日夢のヤングマン・ブルース・アルバムだ。発展していくその様をご期待ください。なお、ジャケットに使われたオブジェは、アーチスト・JIROXによる作品。アート・ディレクション/デザインは、「遊」「HEAVEN」「ガロ」などの雑誌からYMOのジャケットまで手がけた羽良多平吉氏による。

ああ人生、迷子丸
Lossless

ああ人生、迷子丸

ハザマリツシ

町あかりプロデュース(全作曲書下ろし)による、姫乃たまちソロ・アルバム「もしもし、今日はどうだった」の白眉「ああ人生、迷子丸」をシンガー・ソング・アルバイター、ハザマリツシがナイス・カバー。2018年3月4日(日)LOFT9のイベント「町さんたまちゃんの「もしもし、今日はポンチャック」でのお客様との公開録音2曲とカラオケテイクを配信オンリーで。

1000% SKY
Lossless

1000% SKY

1000% SKY

1000%SKYは、東京のロックバンド。高橋翔、高原コウスケ、本田琢也、藤村頼正の4人で2017年春に結成された。それぞれ、(昆虫キッズ〜)ELMER、ANTENA IN YOU2、(箱庭の室内楽〜)ELMER、シャムキャッツ、で活動している。2017年秋にスタジオに入りアルバムが完成した。2018年2月に日本を中心に発売される。おそらく誰も聴いたことがない昆虫キッズの前にやっていたバンドのようである。

もしもし、今日はどうだった
Lossless

もしもし、今日はどうだった

Idol

姫乃たま

演奏・アレンジ・トラック制作陣に、鈴木博文、JINTANA、宮崎貴士、佐藤優介、小鉄!さらに、ダースレイダー、シマダボーイも参加!!先行シングル「おんぶにダッコちゃん」「たまちゃん!ハーイ」オリジナル配信ヴァージョン収録(宮崎貴士、藤井洋平アレンジによる7インチヴァージョンもボーナストラック収録)!

僕とジョルジュ2
Lossless

僕とジョルジュ2

僕とジョルジュ

底なし沼のような怪作と名高い初作「僕とジョルジュ」より1年あまり、待望の2ndアルバムは作詞:姫乃たま、作・編曲:佐藤優介、金子麻友美のみによって作られたグレーテスト最上級、既視的理想のポップスと現在になくそれを飛び越え2020年代に発明されるポップ形で構成された全10曲。高級芸術宣言から遂には観念芸術の高みに達したかの世界的公約数。

First Order
Lossless

First Order

Idol

姫乃たま

その活動最初期から支えるトラックメイカー、STX をメインに、宮崎貴士と藤井洋平という現在考え得る最高のソングライターが作曲に参加。ほぼ書下ろし新曲による全13 曲、姫乃たま名義では初の全国流通作品。

僕とジョルジュ2.5
Lossless

僕とジョルジュ2.5

僕とジョルジュ

世界的打楽器奏者、立岩潤三が参加。予定を大幅に越えた全長約45分におよぶ狂気のCDシングル!底なし沼のような怪作と名高い初作「僕とジョルジュ」より1年あまり、待望の2ndアルバム「僕とジョルジュ2」と同時発売。見られるために生まれてきたディスク、聴かなくってもイッツオーケー、持つことが聴くを極め夢精を誘う悪魔の肥溜のようなものが出来てしまいました。

TOP