2020/12/28 00:00

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

2020年、OTOTOYレコメンド、こちらはEP編と題しまして、シングル〜EP〜ミニ・アルバムなどなど、2020年にリリースされたアルバム以外の作品群から20枚厳選しました。いまやアルバムというフォーマットにとらわれない作品リリースがここ数年、グングン存在感を増しているなかで、2020年を象徴する20作品をレコメンドします!

OTOTOYレコメンド2020アルバム編はコチラ

ビートの上で喜怒哀楽が躍動する、妖怪のごときヒップホップ絵巻

オマージュとギミックに溢れた、5人の無敵のアイドル!

全てを薙ぎ倒す、『ラップスタア誕生』優勝も文句なしの圧倒的スキルと重厚なビート

ハードからメロウ…どんなビートに馴染む、圧倒的なフローとメロディー・センス

メロウなトラックにのせられるは、ギャル精神あふれる日々の怒り

幻想的でありながら毅然と描写される7つの光景、そこから紡がれる新たな音楽の地平が美しく胸に響く

ダイナミズムとジャンルをクロスオーバーしていく展開、その根底に垣間見えるロックの美学

穏やかな顔立ちのメロウ・バリアリック・ディスコ〜ダウンテンポの新生

トラップ〜インディロックの境目をラフに行き来する、ジャパニーズ・オルタナティヴ・ラップを提示

一連の騒動からの復活を宣言する、開放的なバリアリック・テクノ

時代とシンクロしてしまった、2020年に鳴らされるべきクラブ・ミュージック

透き通るような美しいボーカルで描くアーバンな世界

浮遊感のあるトラックと繊細なリリック、彼なりの"普遍"を描いた自然体のEP

淡々とリズムを刻まれるビートと耳に残るギターリフが産み出すサイケデリックなグルーヴ

2ヶ月連続リリース、その2、情況をつかみ取る穏やかな言葉と音

今ここからの逃避を渇望、ギター・サウンドで焦燥感を煽るハイパーポップ

沖縄〈604〉、スモーキーでブルージーでハードボイルド、渋さ漂うタフなEP

まるで陽だまりのような暖かいメロディーとグッドな歌声

怒れる〈DIRTY KANSAI〉の中心人物が、更なる怒りを込めてネクスト・フェイズへ

懐かしくも新しい、噛めば噛むほど味の滲み出るオブスキュア・ポップ集



OTOTOYレコメンド2020アルバム編はコチラ

コラム1 : 現実とヴァーチャルなダンス・フロアが混交する「電音部」


クラブ・カルチャーの素晴らしいところのひとつは様々な文化が混ざり合うことである。クラブという場所に様々なバックボーンを持つ人々が集まり、DJは異なる曲をミックスしながら繋いでいく。そういったクラブ・カルチャーの素晴らしさをキャラクターコンテンツを使って伝えようとしているのが、2020年に誕生した「電音部」だ。エリアと呼ばれるそれぞれの区域に分けられたキャラクターそれぞれの楽曲にはtofubeats、Yunomiなど"イマ"のクラブシーンを賑わす作家を起用され、そのキャクター・ボイスには、声優、アイドル、Vtuberなど多種多様なフィールドで活躍中の人物が担当し話題を呼んでいる。電音部は、担当声優を通して他のアニメ作品を知ったり、アイドルやVTuberというカルチャーのおもしろさに触れるきっかけとしてもフィットするだろう。また、曲を聴いて世代を超えた音楽への出会いへと繋がっていくこともあるだろう。まだまだ産声を上げたばかりの電音部。今のうちにチェックして、「新しいコンテンツとの遭遇体験」へとダイブしてもらえば幸いだ。(文 : 西田 健)

「電音部」とはなんぞやという人はこちらの特集ページをチェック

コラム2 : “OTOTOY『SAVE OUR PLACE』から名曲も


OTOTOYではコロナ禍でさまざまな影響を受けたライヴハウスやクラブなど、その他の音楽施設を援助するため、アーティストたちとともにプロジェクト『SAVE OUR PLACE』を行いました。楽曲を配信、最低限の決済手数料を除いたその売上げ+投げ銭を、さまざまな音楽施設に寄付させていただきました。アーティストたちからは既発曲や未発表のライヴ音源だけでなく、新たにレコーディングされた新曲もとどきました。そんななかで、Keishi TanakaらがSNSでの公開制作によって多数のアーティストが集まって完成させたシングル"Baby, Stay Home"のような名曲も生まれました(セレクト20に入れたいぐらいなの名曲ですが、現在はプロジェクト終了で残念ながら配信停止中で泣く泣くコチラに)。詳しくは下記のプロジェクト・ページをご覧ください。

『SAVE OUR PLACE』詳細はコチラ

TOP