Track TitleDurationPrice
ハローグッバイ aac: 16bit/44.1kHz 04:32  
鞄の中、心の中 aac: 16bit/44.1kHz 03:49  
ウズラ aac: 16bit/44.1kHz 04:32  
雫(しずく) aac: 16bit/44.1kHz 03:48  
未知の道の道 aac: 16bit/44.1kHz 04:13  
すべては僕の中に、すべては心の中に aac: 16bit/44.1kHz 05:42  
スプーン aac: 16bit/44.1kHz 04:24  
テールランプ aac: 16bit/44.1kHz 04:41  
コイントス aac: 16bit/44.1kHz 03:52  
ラストソング aac: 16bit/44.1kHz 05:41  
羽化の月(FORESTONE Ver.) aac: 16bit/44.1kHz 04:14  
水に似た感情 aac: 16bit/44.1kHz 03:37  
星のすみか aac: 16bit/44.1kHz 04:41  
伝言 aac: 16bit/44.1kHz 05:07  
セブンスター aac: 16bit/44.1kHz 06:00  
ガーゼ aac: 16bit/44.1kHz 04:14  
桜の足あと aac: 16bit/44.1kHz 04:42  
雨の強い日に aac: 16bit/44.1kHz 05:02  
言葉の森 aac: 16bit/44.1kHz 04:56  
名前の無い色 aac: 16bit/44.1kHz 05:08  
aac: 16bit/44.1kHz 04:22  
春風 aac: 16bit/44.1kHz 04:32  
マザー aac: 16bit/44.1kHz 05:40  
柔らかいローウィン aac: 16bit/44.1kHz 04:22  
空を作りたくなかった aac: 16bit/44.1kHz 03:08  
シータムン aac: 16bit/44.1kHz 03:26  
瞼の裏には aac: 16bit/44.1kHz 04:23  
あさやけのうた aac: 16bit/44.1kHz 04:25  
ジムノペディック aac: 16bit/44.1kHz 05:17  
忘れないで aac: 16bit/44.1kHz 04:18  
曲番クリックで試聴できます Total: 136:48
作品情報

2003年にインディーズ、翌2004年にメジャーデビューし発表された、シングル13枚、アルバム6枚(2011年時)の中からセレクトされた初となるベスト・アルバム。自身の歩幅で成長と進化を続ける彼らの軌跡がすべてが詰まった作品。

ディスコグラフィー

  • 2003年にインディーズ、翌2004年にメジャーデビューし発表された、シングル13枚、アルバム6枚(2011年時)の中からセレクトされた初となるベスト・アルバム。自身の歩幅で成長と進化を続ける彼らの軌跡がすべてが詰まった作品。
  • 2014年にメジャー・デビュー10周年を迎え、ジャンル、サウンドのスタイルを様々に変化させながらも幾度と無く深化を遂げてきた藍坊主。hozzy(Vo)、藤森(Ba)の2人によるキャラクターとメロディアスな楽曲を詰め込んだオリジナル・アルバム『ココーノ』のツアー・ファイナル公演を渋谷公会堂にて開催し、これまでの活動の充実感とファンとの絆を見せたライヴを行った。結成15周年を迎えた藍坊主はより濃い藍坊主の音楽、自分たちが信じて来た『音楽』を更に追求する場として自主レーベル『Luno Records』を設立!
  • 前作「ノクティルカ」から約2年半ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『ココーノ』! ●『ココーノ』とはエスペラント語で『繭(まゆ)』を意味する言葉です。バンドがデビュー以来楽曲に込めてきたメッセージで“何かが完成する前の過程や答えに辿り着く前の葛藤"が、繭から孵るように今まさに追いかけていたものに行き着く、そんなイメージからつけられたタイトルです。●レコチョクのデイリーアルバムチャートで1位を獲得した、夏の終わりに配信シングルとして発表した「向日葵」、今作の始まりとも言える「星霜、誘う」のシングル曲に加えて【自分らしさとは何か】という長らくバンドが歌ってきたテーマをデビュー10周年を迎えた今、改めて歌った「バタフライ」など全13曲を収録。●初回盤特典として、ファンからの声を受けて実現した初のカップリング集が付属し、インディーズ時代の楽曲を含む全16曲を収録しています。その曲順も、オリジナル(DISC1)から続けて聴いてもらえることをイメージしてメンバーが選曲しています。さらに「星霜、誘う」から「夏の銀景」まで6曲分のミュージックビデオを収録したDVDが付き、余す所なく藍坊主の楽曲を堪能できる内容になっています。●今作でもサウンドプロデュースやアートワークまでをメンバー自身が手掛けています。ジャケットのイラストは2014年「MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2014」で“BEST MUSIC ILLUSTRATOR(大賞)"を受賞したボーカル・hozzyによるもので、これまでも鮮やかな色使いで童話のような世界観のイラストを披露しており、今作でもジャケットの他に「夏の銀景」のMVも手掛けました。
  • 前作「ノクティルカ」から約2年半ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『ココーノ』! ●『ココーノ』とはエスペラント語で『繭(まゆ)』を意味する言葉です。バンドがデビュー以来楽曲に込めてきたメッセージで“何かが完成する前の過程や答えに辿り着く前の葛藤"が、繭から孵るように今まさに追いかけていたものに行き着く、そんなイメージからつけられたタイトルです。●レコチョクのデイリーアルバムチャートで1位を獲得した、夏の終わりに配信シングルとして発表した「向日葵」、今作の始まりとも言える「星霜、誘う」のシングル曲に加えて【自分らしさとは何か】という長らくバンドが歌ってきたテーマをデビュー10周年を迎えた今、改めて歌った「バタフライ」など全13曲を収録。●初回盤特典として、ファンからの声を受けて実現した初のカップリング集が付属し、インディーズ時代の楽曲を含む全16曲を収録しています。その曲順も、オリジナル(DISC1)から続けて聴いてもらえることをイメージしてメンバーが選曲しています。さらに「星霜、誘う」から「夏の銀景」まで6曲分のミュージックビデオを収録したDVDが付き、余す所なく藍坊主の楽曲を堪能できる内容になっています。●今作でもサウンドプロデュースやアートワークまでをメンバー自身が手掛けています。ジャケットのイラストは2014年「MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2014」で“BEST MUSIC ILLUSTRATOR(大賞)"を受賞したボーカル・hozzyによるもので、これまでも鮮やかな色使いで童話のような世界観のイラストを披露しており、今作でもジャケットの他に「夏の銀景」のMVも手掛けました。
  • 前作「星霜、誘う」から約1年8ヶ月ぶりとなるファン待望のニューシングルは、 今年10周年を迎えた藍坊主が 新境地開拓を目指す作品に。■リード曲「向日葵」のミュージックビデオは、手描きパラパラ漫画の超大作!全編に渡って手描きのパラパラ漫画という手法で、「向日葵」の楽曲の世界観を表現した映像を制作。誰もが経験す る子供から大人への過渡期が叙情的に表現されている歌詞が、幼い頃に誰もが一度は描いたことのあるパラパラ漫 画と共鳴し、どこか懐かしさを覚える映像作品となっており、今までの藍坊主のミュージックビデオとは一線を画す作 品となっている。8/29の配信開始と同じタイミングでYouTubeにて公開予定。メイキング映像も制作中。 また、藍坊主公式HPにて、「向日葵」MVの制作チームが手がけた動くアザージャケットを無料配布予定。パラパラ漫 画の世界観を違う形で楽しめるようになっている。■カップリング曲「オーケストラ」はライブハウスで録音したファンのコーラスを採用!地方でライブを行った際に、現地のファンの協力のもとコーラスを録音。参加したファン必聴の一曲となっている!■初の配信限定リリース!現在の藍坊主ファンだけでなく、昔藍坊主が好きだった人達、まだ藍坊主を知らない人達との出会いを求めて、初の 配信限定でのリリースが決定。