album jacket
TitleDurationPrice
John Henry -- Ramsey Lewis Trio  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:29
Sidney's Theme -- Chico Hamilton Quintet  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:56
Generique (J'Irai Cracher Sur Vos Tombes) -- Alain Goraguer  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:11
The Lady Is a Tramp -- Stu Williamson  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:17
The Jeep Is Jumpin' -- Louis Bellson  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:07
East Thirty-Second -- Lennie Tristano  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:33
Blind Man's Bluff (Live) -- Howard Rumsey's Lighthouse All-Stars  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:12
Lotar -- Quintetto Basso-Valdambrini  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
Satan In High Heels -- Mundell Lowe  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:32
Reunion -- Tubby Hayes & The Jazz Couriers  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:02
Music Forever -- Freddie Redd  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:52
The Chase -- Tadd Dameron  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:02
Blue 'N' Boogie -- The Brothers Candoli Sextet  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:09
The Drum Is a Tramp -- Modern Jazz Gang  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
Speak Low -- Sonny Clark  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:51
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 58:45
Album Info

“カッコ良くて楽しいジャズ”を心地よい流れで選曲したデジタル・コンピレーション・シリーズ 『Just in Jazz』 。 思わず肩で風を切って歩きたくなるような、 スリリングで男気あふれる 「Dandyism」 編。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

V.A.
“カッコ良くて楽しいジャズ”を心地よい流れで選曲したデジタル・コンピレーション・シリーズ『Just in Jazz』。ピアノジャズの魅力を存分に伝えるテクニックとスピード感に、身も心も踊る「Pianism」編。
V.A.
夕暮れ時に聴きたい、ピアノやサックスの音色が美しい叙情的なジャズ・ナンバーを収録した、コンピレーション・アルバム。
V.A.
老舗ジャズレーベルの膨大なカタログの中から、“カッコ良くて楽しいジャズ”を心地よい流れで選曲したコンピレーション・シリーズ『Just in Jazz』。スタイリッシュで力強いグルーヴに胸が熱くなる、野性味に溢れた「Wild」編。
V.A.
老舗ジャズレーベルの膨大なカタログの中から、“カッコ良くて楽しいジャズ”を心地よい流れで選曲したコンピレーション・シリーズ『Just in Jazz』。軽快にスイングするジャズに、気分も足取りも軽やかになる「Tea For Two」編。
V.A.
“カッコ良くて楽しいジャズ”を心地よい流れで選曲したデジタル・コンピレーション・シリーズ『Just in Jazz』。思わず肩で風を切って歩きたくなるような、スリリングで男気あふれる「Dandyism」編。