album jacket
TitleDurationPrice
Tell Me (Do You Really Love Me?) (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:55
How Does It Feel? (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:07
Guess I'm Dumb (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:14
Love Will Keep Us Together (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:17
I Like You (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:52
Please Let Me Wonder (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:13
When The Night Goes Down In The City (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:11
Dusty (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:03
The Monkey's Uncle (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:26
Wichita Lineman (STEREO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:46
Tell Me (Do You Really Love Me?) (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:54
How Does It Feel? (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:07
Guess I'm Dumb (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:14
Love Will Keep Us Together (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:17
I Like You (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:52
Please Let Me Wonder (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:13
When The Night Goes Down In The City (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:10
Dusty (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:02
The Monkey's Uncle (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:26
Wichita Lineman (MONO)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:46
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 66:05
Album Info

ポップスフリークからの絶大なる賛辞を集めた前作1stアルバム 『Sound Of The Pen Friend Club』 (SZNM1053)から10ヶ月。 60年代ポップスへの憧憬はさらに深みを増し、 オリジナル曲、 カバー選曲、 サウンド面、 全てにおいて更に強化!繊細且つ大胆に紡がれた、 エバーグリーンな輝きを放つ珠玉のタペストリー!メンバーを刷新し制作された新生ペンフレンドクラブ、 満を持しての2ndアルバム発売!2014年4月に1stアルバム 『Sound Of The Pen Friend Club』 (SZNM1053)が発売されるやいなや、 各界のポップスフリークから大絶賛を受けインディーズ盤ながら各レコードショップのレコメンド商品として大展開される。 さらには大滝詠一や山下達郎等のリリース時には、 彼らの 「若き遺伝子」 という位置でキャンペーンコーナーで併売されるなどロングセラーを続け、 このジャンルのインディーズ盤としては異例のタワーレコード全店展開にも採用される。 そしてその衝撃の1stアルバムから10ヶ月、 待望の2ndアルバム発売が決定!前作に引き続き、 完全セルフプロデュース(ミックス・マスタリングにとどまらず、 アートワークも本人!)にこだわり、 さらにそれぞれの楽曲のmonoとstereoバージョンが収録されるというマニアには嬉しい仕様!

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Pop
『冬の圧倒的多幸感!ザ・ペンフレンドクラブのクリスマスアルバム!』 マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」、ダーレン・ラヴ「クリスマス」、ワム!「ラストクリスマス」、ザ・ビーチ・ボーイズ「リトル・セイント・ニック」に、往年のクリスマスナンバー群とオリジナル曲「Christmas Delights」(カンケ編曲)等、全16曲を堂々封入!! CD版ライナーノーツはVivian BoysのTommyが執筆!
Pop
The Pen Friend Clubの通算5枚目のアルバム!生ストリングスに夜長オーケストラを迎えたザ・ペンフレンドクラブ流ポケットシンフォニーが堂々完成!オリジナル新曲に加えロジャニコ『Don`t Take Your Time』、バカラック『My Little Red Book』、大瀧詠一『水彩画の街』やRYUTist提供曲セルフカバー等、収録。
Pop
過去4枚のアルバムよりオリジナル10曲&カバー10曲を選曲し、リーダー平川雄一による全曲リミックス、中村宗一郎(ピースミュージック)によるリマスタリングが施された全20曲を収録!初の紙ジャケ仕様(A式セミダブル)となる活動5周年記念盤!ライナーノーツは謎の音楽家カンケが執筆。The Pen Friend Club プロフィール:2012年に平川雄一により結成。The Beach Boys、Phil Spector周辺の60年代中期ウェストコーストロックをベースとした音楽性を表現する稀有なバンド。2015年にはザ・ゾンビーズ来日公演のオープニングアクトも務めた。過去4枚のアルバムは全てロングセラーとなり、LP盤も全てソールドアウトするなどコアな音楽ファンにも評価が高い。Record Store Day 2017では人気アイドルグループRYUTistやバニラビーンズとのスプリット盤も話題になった。
Pop
揺るぎないサウンド表現はそのままに、さらに進化した輝きを放つ4枚目のアルバム!こだわり抜かれた完全セルフプロデュースのサウンドメイキングと世界観が新たな境地へ到達したThe Pen Friend Clubの最高傑作!アイドルユニットRYUTistへの楽曲提供で話題となった「ふたりの夕日ライン」のセルフカバーや、ナイアガラー必聴の「夏のペーパーバック」The 5th Dimension「Love's Lines, Angles and Rhymes」など名曲のカバー群に、バンドの個性が存分に味わえるオリジナル曲を合わせた全10曲(それぞれステレオ&モノラルの2バージョン収録した計20トラック)!ライナーノーツは作家の越谷オサム(「陽だまりの彼女」)。
Pop
ザ・ペンフレンドクラブ最新4thアルバムから先行シングル発売! ​ アイドルグループRYUTistへ提供した『ふたりの夕日ライン』のセルフカバーに、新オリジナル曲、ボーナストラックとして同2曲のインスト音源の計4トラック収録! ザ・ビーチ・ボーイズ、フィル・スペクター、60年代中期ウェストコーストロック正当継承音壁バンドThe Pen Friend Club(ザ・ペンフレンドクラブ)の最新4thアルバム[Wonderful World Of The Pen Friend Club](2017年2月8日発売)から先行シングル発売! 2015年のザ・ゾンビーズやジェフリー・フォスケット来日公演のオープニングアクトを務めたことでも話題となった、ザ・ペンフレンドクラブの初のシングル! 収録情報 1. ふたりの夕日ライン 2. 微笑んで 3. ふたりの夕日ライン (Instrumental) 4. 微笑んで (Instrumental)
Pop
ポップスフリークからの絶大なる賛辞を集めた前作1stアルバム『Sound Of The Pen Friend Club』(SZNM1053)から10ヶ月。60年代ポップスへの憧憬はさらに深みを増し、オリジナル曲、カバー選曲、サウンド面、全てにおいて更に強化!繊細且つ大胆に紡がれた、エバーグリーンな輝きを放つ珠玉のタペストリー!メンバーを刷新し制作された新生ペンフレンドクラブ、満を持しての2ndアルバム発売!2014年4月に1stアルバム『Sound Of The Pen Friend Club』(SZNM1053)が発売されるやいなや、各界のポップスフリークから大絶賛を受けインディーズ盤ながら各レコードショップのレコメンド商品として大展開される。さらには大滝詠一や山下達郎等のリリース時には、彼らの「若き遺伝子」という位置でキャンペーンコーナーで併売されるなどロングセラーを続け、このジャンルのインディーズ盤としては異例のタワーレコード全店展開にも採用される。そしてその衝撃の1stアルバムから10ヶ月、待望の2ndアルバム発売が決定!前作に引き続き、完全セルフプロデュース(ミックス・マスタリングにとどまらず、アートワークも本人!)にこだわり、さらにそれぞれの楽曲のmonoとstereoバージョンが収録されるというマニアには嬉しい仕様!
Pop
ポップスフリークからの絶大なる賛辞を集めた前作1stアルバム『Sound Of The Pen Friend Club』(SZNM1053)から10ヶ月。60年代ポップスへの憧憬はさらに深みを増し、オリジナル曲、カバー選曲、サウンド面、全てにおいて更に強化!繊細且つ大胆に紡がれた、エバーグリーンな輝きを放つ珠玉のタペストリー!メンバーを刷新し制作された新生ペンフレンドクラブ、満を持しての2ndアルバム発売!2014年4月に1stアルバム『Sound Of The Pen Friend Club』(SZNM1053)が発売されるやいなや、各界のポップスフリークから大絶賛を受けインディーズ盤ながら各レコードショップのレコメンド商品として大展開される。さらには大滝詠一や山下達郎等のリリース時には、彼らの「若き遺伝子」という位置でキャンペーンコーナーで併売されるなどロングセラーを続け、このジャンルのインディーズ盤としては異例のタワーレコード全店展開にも採用される。そしてその衝撃の1stアルバムから10ヶ月、待望の2ndアルバム発売が決定!前作に引き続き、完全セルフプロデュース(ミックス・マスタリングにとどまらず、アートワークも本人!)にこだわり、さらにそれぞれの楽曲のmonoとstereoバージョンが収録されるというマニアには嬉しい仕様!
Pop
圧倒的多幸感!ザ・ビーチ・ボーイズ、フィル・スペクター、60年代中期ウェストコーストロック正当継承音壁バンド登場!2013年と2014年に完全セルフプロデュースで制作した自主制作盤2枚が各方面で話題を呼び、各500枚が即ソールドアウト!その2枚の自主制作盤にボーナストラックを加え、リマスタリングした正式盤が1stフルアルバムとしてリリース!あの黄金時代の名曲達に加え、それらに勝るとも劣らないクオリティのオリジナル曲2曲を収録。さらにそれぞれステレオとモノラルの2パターンずつと、ボーナストラックにアカペラ、純カラオケ収録というマニアっぷり。どのカバー曲、オリジナル曲もウエストコーストロックの巨匠たちと比べてまったく遜色なし!

Articles

他愛のない日常が、輝いて見えてくる──The Pen Friend Club初のベスト盤を先行リリース

インタヴュー

他愛のない日常が、輝いて見えてくる──The Pen Friend Club初のベスト盤を先行リリース

他愛のない日常が、輝いて見えてくる──The Pen Friend Club初のベスト盤を先行リリース60年代アメリカン・ポップス、ソフト・ロックへの憧憬あふれるサウンド・ディレクションでウォール・オブ・サウンドを現代に再構築するバンド、The Pen F…