album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Bxxd morning  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:37
Ms.Jealousy  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:37
Lucky Guess  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:16
Still (Remix) [feat. Kamui] -- Menace無Kamui  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:36
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 10:06

Discography

HipHop/R&B

kamuiやlil beamzとの共演でも爪痕を残すMenace無が新曲"Play dead"をリリースした。プロデュースは前作"Virus code"同様、G4CH4が担当。近未来やディストピア、宇宙を連想させるビートに仕上げている。Menace無のリリックについては、自分が抱えている睡眠障害で起きる幽体離脱のような現象を輪廻転生、死後の世界と結びつけた内容となっている。

1 track
HipHop/R&B

4月にリリースされた「BAD Feeling feat. 荘子it」、そしてアルバムからのリードシングルとして先行公開されていた「nevermind feat. Menace無」が話題となっているラッパー/プロデューサー・Kamuiの最新アルバム『YC2.5』が遂にリリース。 『YC2.5』には先行配信楽曲に参加していたDos Monosの荘子itやMenace無の他にも、6月にリリースされたアルバム『GAMA』も好評なゆるふわギャング、バーチャルYouTuber(VTuber)として活動しHIP HOPイベントなどにも参加するピーナッツくん、そしてKamui率いるプロジェクトチーム・MUDOLLY RANGERSの面々が客演参加。プロデューサーとしては大沢伸一のソロプロジェクト・MONDO GROSSO、ピーナッツくんのメインプロデューサーでもあるAge Factoryのnerdwitchkomugichan、数々の現場でのDJプレイとハードなサウンドのトラックメイクで近年注目を集めているG4CH4、kiLLaクルーの一員でバックDJも務めるNo Flower等が名前を連ねている。またKamuiのオルターエゴであるボーカロイドキャラクター・suimee名義の楽曲も数曲クレジットされており、HIP HOPだけに止まらない幅広い音楽性がみて取れる。本作は2020年にリリースされるも、現在は配信を取り下げているアルバム『YC2』のデラックスver.として制作された作品。作費とその後のワンマン公演へ向けてクラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げると、初日で目標額を達成。最終的には300%超えの金額が集まったことでも大きな話題を呼んでおり、クラウドファンディングに参加したファンに対しては更に豪華ゲストアーティストとのコラボ曲を追加収録したCDが後日郵送される。

23 tracks
HipHop/R&B

4月にリリースされた「BAD Feeling feat. 荘子it」、そしてアルバムからのリードシングルとして先行公開されていた「nevermind feat. Menace無」が話題となっているラッパー/プロデューサー・Kamuiの最新アルバム『YC2.5』が遂にリリース。 『YC2.5』には先行配信楽曲に参加していたDos Monosの荘子itやMenace無の他にも、6月にリリースされたアルバム『GAMA』も好評なゆるふわギャング、バーチャルYouTuber(VTuber)として活動しHIP HOPイベントなどにも参加するピーナッツくん、そしてKamui率いるプロジェクトチーム・MUDOLLY RANGERSの面々が客演参加。プロデューサーとしては大沢伸一のソロプロジェクト・MONDO GROSSO、ピーナッツくんのメインプロデューサーでもあるAge Factoryのnerdwitchkomugichan、数々の現場でのDJプレイとハードなサウンドのトラックメイクで近年注目を集めているG4CH4、kiLLaクルーの一員でバックDJも務めるNo Flower等が名前を連ねている。またKamuiのオルターエゴであるボーカロイドキャラクター・suimee名義の楽曲も数曲クレジットされており、HIP HOPだけに止まらない幅広い音楽性がみて取れる。本作は2020年にリリースされるも、現在は配信を取り下げているアルバム『YC2』のデラックスver.として制作された作品。作費とその後のワンマン公演へ向けてクラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げると、初日で目標額を達成。最終的には300%超えの金額が集まったことでも大きな話題を呼んでおり、クラウドファンディングに参加したファンに対しては更に豪華ゲストアーティストとのコラボ曲を追加収録したCDが後日郵送される。

23 tracks
HipHop/R&B

ラッパー/プロデューサー・Kamuiがデラックス・アルバム『YC2.5』をワーナーミュージック内レーベル+809からリリースすることを発表、収録曲からG4CH4がプロデューサーとして参加しMenace無を客演に迎えた最新楽曲「nevermind feat. Menace無」と、前作『YC2』収録にも収録された「星空Dreamin’」を先行配信

1 track
HipHop/R&B

ラッパー/プロデューサー・Kamuiがデラックス・アルバム『YC2.5』をワーナーミュージック内レーベル+809からリリースすることを発表、収録曲からG4CH4がプロデューサーとして参加しMenace無を客演に迎えた最新楽曲「nevermind feat. Menace無」と、前作『YC2』収録にも収録された「星空Dreamin’」を先行配信

1 track
V.A.

デジタル・リリースがデフォルトの世代を核にした2020s新世代コンピレーション。JAPANESE INDIE LEFTFIELD最前線12曲が放つクリエイティヴィティが、現在のカオスの先にあるポスト・パンデミックの未来を照らす。 いつか名付けられるかもしれない日本の2020s音楽シーン。『S.D.S』はハイプの通用しないアンダーグラウンドのプロデュース現場に流れる一瞬の<空気>の可視化を試みる。17人のクリエイターと3人の裏方達の手になるセルフ・プロデュース作品12曲を収録し、サブスク/DL/Youtubeで音楽体験をしてきた世代の作品集となる。 『S.D.S』全作品はベッドルーム・ポップというタームを与える必要もないD.I.Y宅録が当たり前のベースで、エレクトロニック・ミュージック、トラップ、インディーポップ、ベースミュージック、EDM/ADMといった音楽言語が交錯。ヒップホップ的表現だが現行ヒップホップのメインストリームから立ち位置がズレたむしろエレクトロニック・ミュージック寄りのチューン、またはその反対、更に説明困難な異形作もあり、評論家を煩わせるような作品だらけだが、このアマルガムこそがリアリティの核心だ。この現象は『S.D.S』のクリエイター達に共通しており、だからこそ誰が今どんな音楽をやっているか個々に耳を傾けることが重要となる。センスとアイデアと心意気に賭ける、日本の現行アンダーグラウンド・シーンにあるクリエイティヴィティの空気、キレたひたむきさ、ふてぶてしい大胆さの裏に音楽を作っている情熱が潜む。

12 tracks
V.A.

デジタル・リリースがデフォルトの世代を核にした2020s新世代コンピレーション。JAPANESE INDIE LEFTFIELD最前線12曲が放つクリエイティヴィティが、現在のカオスの先にあるポスト・パンデミックの未来を照らす。 いつか名付けられるかもしれない日本の2020s音楽シーン。『S.D.S』はハイプの通用しないアンダーグラウンドのプロデュース現場に流れる一瞬の<空気>の可視化を試みる。17人のクリエイターと3人の裏方達の手になるセルフ・プロデュース作品12曲を収録し、サブスク/DL/Youtubeで音楽体験をしてきた世代の作品集となる。 『S.D.S』全作品はベッドルーム・ポップというタームを与える必要もないD.I.Y宅録が当たり前のベースで、エレクトロニック・ミュージック、トラップ、インディーポップ、ベースミュージック、EDM/ADMといった音楽言語が交錯。ヒップホップ的表現だが現行ヒップホップのメインストリームから立ち位置がズレたむしろエレクトロニック・ミュージック寄りのチューン、またはその反対、更に説明困難な異形作もあり、評論家を煩わせるような作品だらけだが、このアマルガムこそがリアリティの核心だ。この現象は『S.D.S』のクリエイター達に共通しており、だからこそ誰が今どんな音楽をやっているか個々に耳を傾けることが重要となる。センスとアイデアと心意気に賭ける、日本の現行アンダーグラウンド・シーンにあるクリエイティヴィティの空気、キレたひたむきさ、ふてぶてしい大胆さの裏に音楽を作っている情熱が潜む。

12 tracks

News

Kamuiが荘子it、ゆるふわギャング等参加の最新ALリリース決定

Kamuiが荘子it、ゆるふわギャング等参加の最新ALリリース決定

6月には自身のイベント&ワンマンラライヴを2夜連続で渋谷WWWにて開催し大成功を納めたラッパー/プロデューサー・Kamuiがデラックス・アルバム『YC2.5』をワーナーミュージック内レーベル+809から8月よりリリースすることを発表した。 また収録曲から

KamuiとJUN INAGAWAが共同主宰する新感覚パーティ 【感電 -KANDEN-】がContactにて開催

KamuiとJUN INAGAWAが共同主宰する新感覚パーティ 【感電 -KANDEN-】がContactにて開催

クラウドファンディングを300%オーバーで達成し、DXアルバムが待望されるラッパーKamuiと、原案「魔法少女マジカルデストロイヤー」がTVアニメ決定と常に話題の気鋭アーティストJUN INAGAWAが共同主宰となり新たなパーティ【感電 -KANDEN-