album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Ashigara Film (富士フイルム足柄サイト)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:46
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 05:46
Album Info

高速に、均一に、様々な色の溶液がフィルム素材に次々と塗布されていく。20層近くの多層膜が、高機能フィルムへと完成していく様は、まさにアンサンブル。豊富な水資源が可能にするこの「水系塗布技術」の工程のレイヤーをそのまま、SUGIURAMNが流麗かつフロアライクなテックハウスにリコンストラクトした。マスタリングは、得能直也が担当。

Discography

Dance/Electronica

高速に、均一に、様々な色の溶液がフィルム素材に次々と塗布されていく。20層近くの多層膜が、高機能フィルムへと完成していく様は、まさにアンサンブル。豊富な水資源が可能にするこの「水系塗布技術」の工程のレイヤーをそのまま、SUGIURAMNが流麗かつフロアライクなテックハウスにリコンストラクトした。マスタリングは、得能直也が担当。

Dance/Electronica

人工知能 (AI) をテーマにしたスギウラム3年ぶりとなるニューアルバム !! 電子で構成された深遠なるストーリー。 人工知能が幼年期の終わりを 迎えようとしている今、アンドロイドは電子楽器の夢を見た。 BASS WORKS RECORDINGS 待望のセカンドシーズン幕開けとなる意欲作 !! 制作期間3年。スギウラムの 20年に渡るキャリアが紡いできたプログラミング・サウンドの結晶。 人工知能 (AI) が世界を飲み込み破綻していくさまを、リズムマシーンとシンセサイザーによる練り込まれたアレンジとSF 作家のようなシニカルな視点のブラックユーモアで見事に表現している。 ボーカル以外は生楽器とサンプリングを一切使わず、初期のMUTEやFactoryレーベルを彷彿させる、温故知新 エレクトロニック・ミュージックの傑作です!!

Dance/Electronica

ドラム・キットとベース、一音ずつ磨き込まれたマシーン・リズムで構成されたクリアな音の結晶体。 テクノはつねに未来のサウンドを指向する。 15年以上フロアと向き合ったDJにしかつくれないビートがアルバムとして昇華された、20XX年のためのクラシック。 スギウラムはインディー・ダンス、ビッグ・ビート、ハウスそしてテクノと、90年代以降のダンス・ビートと共にその歴史を作ってきた。 DJとして15年以上、世界のDJブースからフロアのオーディンエンスに対峙し、数多くのアンセムを作り出してきた経験がこのアルバムを特別なものにしている。ある意味、このアルバムは完全なコンセプ ト・アルバムだ。 DJやダンス・クリエイターのアルバムによくある、ただトラックを集めたものではなく、トータルで考えこまれた作品としてオーディエンスを70分のすばらしい音体験をさせてくれる。 80年代に生まれたマシーン・ビートのダンス・ミュージックはシカゴ・ハウス、デトロイト・テクノからスタートし、様々なトレンドを生み出しながら進化してきた。マンチェスター、ニューヨーク、ロンドン、イビ サ、ベルリン世界の各都市が独自のサウンドを生み出し、週末ごとに実験が繰り返されたダンス・シーンも間もなく30年という歴史を重ねる。これまでフロアから生み出された数多くのビートやサウンド を、最小限に磨き込まれた音でスギウラムの経験と感性で編み上げている。それはまるで印象派の絵のように音と音が響き合う特別な世界だ。 週末毎にブースに立ち、マンチェスターやイビサのフロアを沸かせ、毎週リリースを続けるレーベルBASS WORKS RECORDINGSを運営、こんな経験を持つDJは世界でも稀な存在だ。彼が聴いてきた膨 大な音源、フロアでの駆け引き、そのすべてをソリッドに凝縮しさらに磨いた後、そこに残ったのは静寂ともいえる美しいサウンド・スケープとなっている。たった一音のハイハットが実際には鳴っていない 音をオーディエンスの胸に響かせる。パーティーがただ騒げるだけの場所ではなくオーディエンスのイマジネーションを広げる場所に戻るべき今だからこそ、この音が必要なのだ。 このアルバムはマシーン・ビートが哲学までも表現することができることを証明している、クラフトワークからリッチー・ホウテンまでリズム・マシーンという可能性を信じたアーティストの夢をスギウラムも また受け継いでいる。

Dance/Electronica

活動10周年(2010年時)を記念したメモリアル・アルバム。パワフルなフロア直系の楽曲等を収録したダンス・トラック集。

Dance/Electronica

前作『MUSIC IS THE KEY OF LIFE』で颯爽とクラブミュージックシーンに登場したSugiurumnの存在を、世界にまで知らしめた意欲作。椎名純平をボーカルにフィーチャーした先行シングル「Night Music」が全国FMで大量オンエアを獲得し、デビッド・モラレスなど世界的に有名なDJらがこぞってプレイしクラブヒットを記録。サウンドもよりトランシーでプログレッシブに進化し、現在へと繋がるSugiurumnマナーのダンスミュージックを確立した記念碑的作品。2002年の作品。

Dance/Electronica

聖地Ibizaで得たインスピレーションをもとに、DJ/プロデューサーとして本格的に活動を開始したSugiurumnの記念すべき一枚。ボーカルに真城めぐみ、曽我部恵一、ギターに小島大介など迎え、ハウス、テクノ、ブレイクビーツなど、様々な音楽的エッセンスが詰まった、ダンスミュージックへの愛に溢れた瑞々しいSugiurumn初期クラシックス。ジャケットは『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦による描き下し。

Dance/Electronica

エレクトリック・グラス・バルーンのリーダー/ソングライターだった杉浦英治がSUGIURUMN名義で活動開始した記念すべきファースト・アルバム!(1999年リリース)現在世界的にDJ界のレジェンド的存在にまで上りつめた彼、このファーストは前身のエレグラを彷彿させるサウンドを残している貴重盤だ。

Dance/Electronica

まるでThe DoorsかPink Floyd!60年代が夢見たサイケデリックサウンドが21世紀のビートと融合。配信限定でUnderworldやChemical Brothersを生みだしたレーベルJunior Boys Ownの創設者でありUKダンスシーンの重鎮Terry Farleyが盟友であるPeace DivisionのJustin Drakeと作ったリミックスがついに発売!

djとして長年活躍するko kimuraのdj30周年を記念して作られたアルバムです

djとして長年活躍するko kimuraのdj30周年を記念して作られたアルバムです

View More Discography Collapse
Collapse

News

〈フジロック〉プレイベントで、MONO NO AWAREの入場無料ライヴが決定

〈フジロック〉プレイベントで、MONO NO AWAREの入場無料ライヴが決定

MONO NO AWAREが、7月8日(土)にTOWER RECORDS渋谷店 B1Fで入場無料ライヴを行なうことがわかった。 渋谷、池袋、大阪、名古屋と各地で開催してきた〈フジロック〉のプレイベント〈FUJI ROCK DAYS〉! このたび大盛況につ

ゾンビ・ネイションが〈FAC51 THE HACIENDA〉で再来日

ゾンビ・ネイションが〈FAC51 THE HACIENDA〉で再来日

9月15日(土)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて行われるオールナイト・イヴェント〈FAC51 THE HACIENDA〉でゾンビ・ネイションが再来日する。 12/09/15 FAC51 THE HAÇIENDA - ZOMBIE NATI

下北沢周遊イヴェント第5弾でセバヌ、sugiurumnら15組。タイムテーブルも

下北沢周遊イヴェント第5弾でセバヌ、sugiurumnら15組。タイムテーブルも

5月19日(土)下北沢GARDEN、ReG、THREE、BASEMENT BAR、DAISY BAR、ERA、art ReG Cafe、fu-chi-ku-chi、altoto、新代田FEVERにて開催される周遊イヴェント〈SHIMOKITAZAWA