album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
光と光と光と光の記録  dsf: 1bit/5644800Hz 14:02 Album Purchase Only
タンパク質みたいに  dsf: 1bit/5644800Hz 16:11 Album Purchase Only
PCNC++  dsf: 1bit/5644800Hz 05:25 Album Purchase Only
ウラムの螺旋より  dsf: 1bit/5644800Hz 04:32 Album Purchase Only
思い出すことなど  dsf: 1bit/5644800Hz 11:21 Album Purchase Only
空飛ぶテンタクルズ  dsf: 1bit/5644800Hz 06:46 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 58:17
Album Info

やくしまるえつこが”Yakushimaru Experiment”名義で発表した、即興・朗読・数字を扱うエクスペリメンタルアルバム『Flying Tentacles』。坂本龍一とのコラボレーションでも知られるオーストリアの音楽家フェネスや、作家の円城塔、ICCの畠中実らも賛辞を贈る本作は計6曲・約1時間の作品。オリジナル9次元楽器dimtaktを操るやくしまるに加え、レーザーギター­:ドラびでお、OPTRON:伊東篤宏、スライムシンセサイザー:ドリタ、の自作楽器演奏者4名による光の即興演奏『光と光と光と光の記録』。複雑系研究の来歴を持つ作家・円城塔が書き下ろした特殊な構造のテキストマップをやくしまるが解読・再構築*(*ゲノムによるタンパク質の合成時に発生するポリペプチド鎖の立体折りたたみ構造を詩と音に秩序立てて対応させた )して音源化した『タンパク質みたいに』。 やくしまるとドラびでおによる即興セッション『PCNC++』。やくしまるが素数を譜面化し、人力聴覚化した『ウラムの螺旋より』。やくしまると、夏目漱石(骨格から復元されたモンタージュ音声)との時空を超えた前代未聞の朗読共演『思い出すことなど』。やくしまるによる9次元楽器dimtaktのソロ多重奏『空飛ぶテンタクルズ』。REC&MIXは米津裕二郎。マスタリングはオノセイゲン。 / 「やくしまるえつこは、数年前に相対性理論のリミックスを行ったときから知っている。今回のやくしまるえつこの新しいアルバムはとても大きな変化で、少なからず私は予測していなかった方向へと進化している。このアルバムは、今日のエクスペリメンタル・エレクトロ作品の素晴らしい実例である。全ての音楽的アイディアがとても良い地位を占めている。細部の全てが正確に位置づけられていて、とても挑戦的で、且つ美しい音波の体感である。」Fennesz / 「人力、世界シミュレーター。」円城塔

Discography

Dance/Electronica

やくしまるえつこが”Yakushimaru Experiment”名義で発表した、即興・朗読・数字を扱うエクスペリメンタルアルバム『Flying Tentacles』。坂本龍一とのコラボレーションでも知られるオーストリアの音楽家フェネスや、作家の円城塔、ICCの畠中実らも賛辞を贈る本作は計6曲・約1時間の作品。オリジナル9次元楽器dimtaktを操るやくしまるに加え、レーザーギター­:ドラびでお、OPTRON:伊東篤宏、スライムシンセサイザー:ドリタ、の自作楽器演奏者4名による光の即興演奏『光と光と光と光の記録』。複雑系研究の来歴を持つ作家・円城塔が書き下ろした特殊な構造のテキストマップをやくしまるが解読・再構築*(*ゲノムによるタンパク質の合成時に発生するポリペプチド鎖の立体折りたたみ構造を詩と音に秩序立てて対応させた )して音源化した『タンパク質みたいに』。 やくしまるとドラびでおによる即興セッション『PCNC++』。やくしまるが素数を譜面化し、人力聴覚化した『ウラムの螺旋より』。やくしまると、夏目漱石(骨格から復元されたモンタージュ音声)との時空を超えた前代未聞の朗読共演『思い出すことなど』。やくしまるによる9次元楽器dimtaktのソロ多重奏『空飛ぶテンタクルズ』。REC&MIXは米津裕二郎。マスタリングはオノセイゲン。 / 「やくしまるえつこは、数年前に相対性理論のリミックスを行ったときから知っている。今回のやくしまるえつこの新しいアルバムはとても大きな変化で、少なからず私は予測していなかった方向へと進化している。このアルバムは、今日のエクスペリメンタル・エレクトロ作品の素晴らしい実例である。全ての音楽的アイディアがとても良い地位を占めている。細部の全てが正確に位置づけられていて、とても挑戦的で、且つ美しい音波の体感である。」Fennesz / 「人力、世界シミュレーター。」円城塔

Dance/Electronica

やくしまるえつこが”Yakushimaru Experiment”名義で発表した、即興・朗読・数字を扱うエクスペリメンタルアルバム『Flying Tentacles』。坂本龍一とのコラボレーションでも知られるオーストリアの音楽家フェネスや、作家の円城塔、ICCの畠中実らも賛辞を贈る本作は計6曲・約1時間の作品。オリジナル9次元楽器dimtaktを操るやくしまるに加え、レーザーギター­:ドラびでお、OPTRON:伊東篤宏、スライムシンセサイザー:ドリタ、の自作楽器演奏者4名による光の即興演奏『光と光と光と光の記録』。複雑系研究の来歴を持つ作家・円城塔が書き下ろした特殊な構造のテキストマップをやくしまるが解読・再構築*(*ゲノムによるタンパク質の合成時に発生するポリペプチド鎖の立体折りたたみ構造を詩と音に秩序立てて対応させた )して音源化した『タンパク質みたいに』。 やくしまるとドラびでおによる即興セッション『PCNC++』。やくしまるが素数を譜面化し、人力聴覚化した『ウラムの螺旋より』。やくしまると、夏目漱石(骨格から復元されたモンタージュ音声)との時空を超えた前代未聞の朗読共演『思い出すことなど』。やくしまるによる9次元楽器dimtaktのソロ多重奏『空飛ぶテンタクルズ』。REC&MIXは米津裕二郎。マスタリングはオノセイゲン。 / 「やくしまるえつこは、数年前に相対性理論のリミックスを行ったときから知っている。今回のやくしまるえつこの新しいアルバムはとても大きな変化で、少なからず私は予測していなかった方向へと進化している。このアルバムは、今日のエクスペリメンタル・エレクトロ作品の素晴らしい実例である。全ての音楽的アイディアがとても良い地位を占めている。細部の全てが正確に位置づけられていて、とても挑戦的で、且つ美しい音波の体感である。」Fennesz / 「人力、世界シミュレーター。」円城塔

Articles

やくしまるえつこ / 相対性理論、ハイレゾ配信

コラム

やくしまるえつこ / 相対性理論、ハイレゾ配信

やくしまるえつこ / 相対性理論、過去作品7タイトルをハイレゾ配信!昨年末からスタートしている、やくしまるえつこ / 相対性理論作品のハイレゾ配信。これまでに相対性理論名義『天声ジングル』『TOWN AGE』、やくしまるえつこ名義『わたしは人類』『放課後デ…