album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Got To Give It Up (Pt. 1) -- マーヴィン・ゲイ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:08 N/A
2
Burn Rubber On Me (Why You Wanna Hurt Me) -- ギャップ・バンド  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:12 N/A
3
Get Down On It (Single Version) -- クール&ザ・ギャング  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:35 N/A
4
The Payback (Pt. 1) -- ジェームス・ブラウン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:33 N/A
5
If You Should Ever Be Lonely (Single Version) -- Val Young  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:04 N/A
6
Fancy Dancer -- コモドアーズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:41 N/A
7
Love Gun -- リック・ジェームス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:01 N/A
8
I Just Want To Be (Edit) -- キャメオ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
9
Square Biz (7" Mix) -- ティーナ・マリー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
10
Flash Light -- パーラメント  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:29 N/A
Add all to INTEREST

Discography

HipHop/R&B

世紀の名盤 『ホワッツ・ゴーイン・オン』の発表から1年後、1972年5月1日、ワシントンD.C.はJ.F.ケネディ・センターでのライヴ録音を、最新のリミックスを施して初めて単独リリース(初出は2001年発売の『ホワッツ・ゴーイン・オン +25<デラックス・エディション>』)。 アルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』からのほとんどの楽曲に加え、オープニングでは60年代のヒット曲メドレーも披露。

HipHop/R&B

世紀の名盤 『ホワッツ・ゴーイン・オン』の発表から1年後、1972年5月1日、ワシントンD.C.はJ.F.ケネディ・センターでのライヴ録音を、最新のリミックスを施して初めて単独リリース(初出は2001年発売の『ホワッツ・ゴーイン・オン +25<デラックス・エディション>』)。 アルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』からのほとんどの楽曲に加え、オープニングでは60年代のヒット曲メドレーも披露。

HipHop/R&B

●失われた作品、遂に発表! あの傑作『ホワッツ・ゴーイン・オン』(1971)に続くアルバムとして発売が予定されていながら、同名の先行シングルがクロスオーバー・ヒットとならなかったこともあってお蔵入りした1972年の未発表作品『ユーアー・ザ・マン』が、モータウン創立60周年を迎えた今年、初めて発売! ●各収録曲は過去の編集盤やデラックス・エディション等に収録されていたものの、1枚にまとめられるのは今回が初。 その内「マイ・ラスト・チャンス」 「シンフォニー」 「アイド・ギヴ・マイ・ライフ・フォー・ユー」の3曲は、Nas、フージーズ、エイミー・ワインハウスらと長く関わってきた作曲家兼プロデューサーのサラーム・レミによって新たにミキシングされたヴァージョンで収録。 更には、1972年の未発表クリスマス・シングル「アイ・ウォント・トゥ・カム・ホーム・フォー・クリスマス」のロング・ヴァージョンなどレアなトラックも追加。

View More Discography Collapse
Collapse

News

フライング・ロータスの〈ブレインフィーダー〉がジョージ・クリントンの新作リリースをアナウンス

フライング・ロータスの〈ブレインフィーダー〉がジョージ・クリントンの新作リリースをアナウンス

日本時間で本日早朝、フライング・ロータスのレーベル〈ブレインフィーダー〉のツイッター・アカウントにて、なんとあのジョージ・クリントンの新作のリリースが発表された。 伝説級のアーティストが、現在のトップ・アーティストのレーベルからのリリースとなる。 197

ファンクと宇宙、そして機知とユーモア――Pファンク総帥ジョージ・クリントン自伝、日本語への訳出決定!

ファンクと宇宙、そして機知とユーモア――Pファンク総帥ジョージ・クリントン自伝、日本語への訳出決定!

本日の”まさか”のタワーレコード渋谷店でのサイン会も話題になったジョージ・クリントン。彼は、ケンドリック・ラマーの新作にもフィーチャリングされた、偉大なファンク・アーティストだ。 そんな彼の自伝『Brothas Be, Yo Like George, A