album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
I'm Going Down -- Vampire Weekend  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:00 N/A
2
Completely Not Me (Soundtrack Version) -- Jenny Lewis  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:31 N/A
3
I Get Ideas -- M. Ward  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:41 N/A
4
L8 CMMR -- Lily Allen  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:26 N/A
5
Blue Moon -- Beck  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:02 N/A
6
simplethings -- Miguel  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:24 N/A
7
i dont wanna break -- christina perri  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:53 N/A
8
Wonderwall -- Oasis  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:21 N/A
9
It's My Birthday (Remix) -- Zero DeZire  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:14 N/A
10
How Am I Different -- Aimee Mann  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:03 N/A
11
Nancy From Now On -- Father John Misty  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:55 N/A
12
There's A Beast And We All Feed It -- Jake Bugg  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 01:42 N/A
13
Free (Remix) -- Cat Power  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:02 N/A
14
Life In Vain (Live at Austin City Limits) -- Daniel Johnston  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:30 N/A
15
Daisy (from "One Man's Trash") -- Michael Penn  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:40 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Pop

リリー・アレンの4作目となるアルバム。彼女史上、最もパーソナルで感情的なアルバムにつき、全てが剥き出しとなる重要作品。彼女がこれまで得意としてきた強気で大胆な歌詞や、ハッピーなメロディーとは今作は打って変わり、「ハイヤー」では今まで見せることが無かった彼女の<弱さ>を脆くもシンプルに表現し、またこれまでとは違い、彼女ならではの視点で物事を捉えている「スリー」など、大きな変革を遂げた作品となっている。

Rock

全米/全英でトップ10ヒットを記録しグラミー賞のベスト・オルタナティヴ・ミュージック・アルバムにもノミネートされた前作『Pure Comedy』から14か月、Father John Mistyの4枚目のアルバム『God's Favorite Customer』が完成した。アルバムは2018年6月1日、全世界で同時発売される。 『God's Favorite Customer』に収録された楽曲の大半は2016年の夏から2017年の冬にニューヨークで書かれた。"悲痛の眩暈"と"自由という躁病痛"による板挟みの経験を反映したこのアルバムは、Josh Tillmanのソングライティングのほろ苦さや率直性を、不条理な物に対しての彼のウイットや嗜好を犠牲にすることなく明示している。アルバムはJosh Tillman自身によりプロデュースされ、FoxygenのJonathan Rado、Dave Cerminara(Jonathan Wilson, Foster the People, Conor Oberst)、Trevor Spencer(Father John Misty)によってレコーディングされた。また、The Haxan CloakやNatalie Mering(Weyes Blood)、長年のコラボレーターであるJonathan Wilson、そしてFather John Mistyのツアー・バンドがコントリビューターとしてフィーチャーされている。

View More Discography Collapse
Collapse

News

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 最終回「Henry Rollins / Ted Leo」の巻

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 最終回「Henry Rollins / Ted Leo」の巻

パンク・ハードコア系の音楽マニアながら、現在は企業戦士として、ときには海外へ出張するなど日々忙しく働くパンクス会社員★フーヨン。 自らの体験を綴るハードコア・旅日記「パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー」。なんと、今回で唐突な最終回! 果たして

ダイナソーJr.のJ・マスシス、『Tied to a Star』全曲フル試聴実施

ダイナソーJr.のJ・マスシス、『Tied to a Star』全曲フル試聴実施

ダイナソーJr. のフロントマン、J・マスキスがソロ名義でSUB POPから8月20日(水)に発売するアルバム『タイド・トゥ・ア・スター』の全曲フル試聴がスタートした。 2011年の『Several Shades of Why』以来、今作で2枚目となる

シミアン・モバイル・ディスコ、新作『ウァール』をリリース

シミアン・モバイル・ディスコ、新作『ウァール』をリリース

アグレッシヴでダンサンブルなサウンドでロック・ファン、テクノ・ファンにも支持されているエレクトロ・デュオ、シミアン・モバイル・ディスコが2年振り4作目となるニュー・アルバム『ウァール』をリリースすることが決定した。 今年4月にモジュラー・シンセサイザー

〈Hostess Club Weekender〉全アーティストのサイン会を実施

〈Hostess Club Weekender〉全アーティストのサイン会を実施

キャット・パワーとブロンド・レッドヘッドを各日のヘッドライナーに迎え6月21日(土)22日(日)の2日間開催される〈Hostess Club Weekender〉で全アーティストのサイン会が実施されることがあきらかになった。 〈Hostess Club

〈Hostess Club Weekender〉タイムテーブル発表

〈Hostess Club Weekender〉タイムテーブル発表

6月21日(土)22(日)の2日間に亘り新木場スタジオコーストにて開催される〈Hostess Club Weekender〉のタイムテーブルが発表となった。 ヘッドライナーとして出演するキャット・パワーとブロンド・レッドヘッドは90分、ヘッドライナー前

キャット・パワー、〈HCW〉にヘッドライナーで登場

キャット・パワー、〈HCW〉にヘッドライナーで登場

6月21日(土)22(日)の2日間に亘り新木場スタジオコーストにて開催される〈Hostess Club Weekender〉のヘッドライナーとしてキャット・パワーが出演することが決定した。 USシーンを代表する女性シンガー・ソングライター、ショーン・

View More News Collapse
9月にアルバム発売予定のウィリス・アール・ビール、キャット・パワーとの競演作を公開

9月にアルバム発売予定のウィリス・アール・ビール、キャット・パワーとの競演作を公開

米シカゴ出身のアンタイフォーク・シンガー、ウィリス・アール・ビールが、9月に発売が予定されているセカンド・アルバム『ノーバディ・ノウズ』から、キャット・パワーとの共演作「Coming Through」を公開した。 日本では9月25日(水)に国内盤のリ

Collapse

Articles

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

コラム

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

さあ、今年もそわそわしはじめる時期がやってきましたね。そうです。もう2013年のフジロック・フェスティバルの開催まであとわずかなんです。タイムテーブルも発表されたことだし、わくわくしながらスケジュールを考えているわけですが、果たしてどっちのステージに向かう…