Track TitleDurationPrice
ChristmasWaltz alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:21
曲番クリックで試聴できます Total: 02:21
作品情報

「ChristmasWaltz」 2011年11月23日 配信限定リリース。 笹倉慎介のクリスマスソング 「ChristmasWaltz」 の収益は東日本大震災の復興義援金となります。

ディスコグラフィー

  • 「ChristmasWaltz」2011年11月23日 配信限定リリース。笹倉慎介のクリスマスソング「ChristmasWaltz」の収益は東日本大震災の復興義援金となります。
  • 笹倉慎介の二作目は、暖かみのあるサウンドを追求したセッションミニアルバム。アナログカットからのダイレクトマスタリング版。(レコード盤を作成し再生された音をCDにパケージすることにより、レコード独特の温かみと質感を再現)現在フルアルバム制作中の笹倉慎介が、それに先立ちセッションアルバムをリリース。 鈴木惣一朗をプロデューサーに迎えたファーストアルバム「RockingChairGirl」発表の翌年2009年2月。いつものように集まったミュージシャン達は静かに演奏を始めた。 「 うん、いい感じだね。」 何気なく立てていたマイクには、そんなある日の空気が録音されていた。リハーサルテイクのリメイクにより完成した本作は、近年の録音機材の進歩により可能となったミュージシャンズメイドな音で溢れている。リハーサルテイクをリメイクした本作は、近年の録音機材の進歩により可能となったミュージシャンズメイドな音で溢れている。 前作から3年余り、今年に入ってからは佐藤雅彦が手がけるNHK Eテレ0655 2355(音楽監修/近藤研二_栗コーダーカルテット)などで、細野晴臣や小泉今日子、Yo-kingらと共にヴォーカルに起用されるなど活動の場を広げている。 ^ 笹倉慎介 Vo,Acoustic Guiter,Blues Harp, Allwords & music^ 伊賀航 Electric Bass, Acoustic Bass^ 佐藤克彦 Electric Guiter ,Lap Steel Guiter, Flat Mandolin^ 梅田順一 Drums
  • 笹倉くんの音楽に出会って、彼が住む入間の空気に触れて, ぼくはおおきく動揺しています。 今、こんな風にうたを紡ぎ、生活するひとたちがいることに。 それは、ひとつの奇跡。 笹倉くんを紹介できて、ぼくは本当に嬉しいです。 是非。 ──────プロデューサー [[鈴木惣一朗]]

ニュース

笹倉慎介、高田漣をゲストに吉祥寺キチムでライヴ開催

笹倉慎介、高田漣をゲストに吉祥寺キチムでライヴ開催

11月16日(日)に吉祥寺キチムで笹倉慎介が高田漣、伊賀航をスペシャル・ゲストに迎えワンマン・ライヴ〈TWO MAN DOG〉を開催する。 埼玉県入間市の米軍ハウス街ジョンソンタウンでスタジオ「グズリレコーディングハウス」を運営していることでも知られてい

リクオ〈Live at 伝承ホール〉をリリース、レコ発ライヴも開催決定

リクオ〈Live at 伝承ホール〉をリリース、レコ発ライヴも開催決定

旅するピアノマン・リクオがライヴ・アルバム『リクオwith HOBO HOUSE BAND Live at 伝承ホール』を12月にリリース、レコ発ライヴの開催も決定した。 今年2月、5年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『HOBO HOUSE』を発表したリ

笹倉慎介with 森は生きている、7インチ『抱きしめたい』レコ発ライヴ開催

笹倉慎介with 森は生きている、7インチ『抱きしめたい』レコ発ライヴ開催

埼玉県入間市の米軍ハウス街でスタジオ「グズリレコーディングハウス」を運営していることでも知られているシンガーソングライター笹倉慎介と、今最も動向が注目されるバンド、森は生きているによる注目のコラボ7インチ・アナログ・シングル『抱きしめたい』のリリースを

ジョンジョンフェスティバル、活動休止前ラスト・ライヴは7時間ゲスト22組、チャージは物々交換

ジョンジョンフェスティバル、活動休止前ラスト・ライヴは7時間ゲスト22組、チャージは物々交換

6月10日(火)、アイリッシュ・グループ、John John Festival(ジョンジョンフェスティバル)の活動休止前ラスト・イベントが、青山月見ル君想フにて開催される。 当日は、オープンの15時にから22時の終演まで7時間、ゲストを交えながら、演奏

    特集記事

    笹倉慎介セッション・アルバム『Country Made』インタビュー

    笹倉慎介セッション・アルバム『Country Made』インタビュー

    笹倉慎介インタビュー目を閉じると、田園風景がすっと頭に浮かぶ。背の高い草に囲まれて一人寝そべりながら空を見上げる。何の変哲もない時間、しかしこれを平和と呼ぶのだろう。笹倉慎介によるセッション・アルバム『Country Made』を聴きながらそんなことを思っ…