笹倉慎介

Artist Profile

2008年に発表したファーストアルバム「RockingChairGirl」が高い評価を受け、暖かみのある歌声や楽曲で日本には少ないタイプのシンガーソングライターとして注目されている。

ライブでは空間の持つ響きに寄り添う演奏スタイルをベーシックに、繊細なタッチでつま弾かれるアコースティックギターからフラットピッキングまでバリエーション豊かな音色と歌声が、心地よい臨場感でオーディエンスを包み込んでゆく。レコーディングスタジオや珈琲店を営み、生活の中で生まれる音楽と暮らしている。

公式サイト: http://www.guzuri.com/sasakura_shinsuke/home.html

Discography

People who bought this artist's album also bought

News

佐藤タイジ&華純連、10/27(土) 代々木公園〈earth garden〉に出演

佐藤タイジ&華純連、10/27(土) 代々木公園〈earth garden〉に出演

シアターブルックの佐藤タイジと高円寺・阿波おどり華純連がガッチリと組んだ佐藤タイジ&華純連。 10月27日(土)代々木公園イベント広場で行なわれるオーガニック&エコロジカルなライフ・スタイルを提案するフリー・イベント『earth garden ”秋” 2

シャムキャッツ、トリプルファイヤー、柴田聡子らによる大瀧詠一カヴァー集がCDでも登場

シャムキャッツ、トリプルファイヤー、柴田聡子らによる大瀧詠一カヴァー集がCDでも登場

新進気鋭のアーティストたちによる大瀧詠一作品のカヴァー集CDが12月3日に発売されることがわかった。 この『大瀧詠一 Cover Book -ネクスト・ジェネレーション編- 『GO! GO! ARAGAIN』』は、本家本元ザ・ナイアガラ・エンタープライズ

OLD DAYS TAILOR、RECの様子と自然を感じられる「晴耕雨読」のMV公開! ハナレグミの絶賛コメントも

OLD DAYS TAILOR、RECの様子と自然を感じられる「晴耕雨読」のMV公開! ハナレグミの絶賛コメントも

笹倉慎介率いる新バンド、OLD DAYS TAILORのデビュー・アルバム『OLD DAYS TAILOR』。6月20日にリリースとなる同作から「晴耕雨読」のMVが公開となった。 MVからはレコーディングの様子に加え、自然の温かな光や風景を感じることがで

笹倉慎介、高田漣をゲストに吉祥寺キチムでライヴ開催

笹倉慎介、高田漣をゲストに吉祥寺キチムでライヴ開催

11月16日(日)に吉祥寺キチムで笹倉慎介が高田漣、伊賀航をスペシャル・ゲストに迎えワンマン・ライヴ〈TWO MAN DOG〉を開催する。 埼玉県入間市の米軍ハウス街ジョンソンタウンでスタジオ「グズリレコーディングハウス」を運営していることでも知られてい

リクオ〈Live at 伝承ホール〉をリリース、レコ発ライヴも開催決定

リクオ〈Live at 伝承ホール〉をリリース、レコ発ライヴも開催決定

旅するピアノマン・リクオがライヴ・アルバム『リクオwith HOBO HOUSE BAND Live at 伝承ホール』を12月にリリース、レコ発ライヴの開催も決定した。 今年2月、5年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『HOBO HOUSE』を発表したリ

笹倉慎介with 森は生きている、7インチ『抱きしめたい』レコ発ライヴ開催

笹倉慎介with 森は生きている、7インチ『抱きしめたい』レコ発ライヴ開催

埼玉県入間市の米軍ハウス街でスタジオ「グズリレコーディングハウス」を運営していることでも知られているシンガーソングライター笹倉慎介と、今最も動向が注目されるバンド、森は生きているによる注目のコラボ7インチ・アナログ・シングル『抱きしめたい』のリリースを

More News Collapse
ジョンジョンフェスティバル、活動休止前ラスト・ライヴは7時間ゲスト22組、チャージは物々交換

ジョンジョンフェスティバル、活動休止前ラスト・ライヴは7時間ゲスト22組、チャージは物々交換

6月10日(火)、アイリッシュ・グループ、John John Festival(ジョンジョンフェスティバル)の活動休止前ラスト・イベントが、青山月見ル君想フにて開催される。 当日は、オープンの15時にから22時の終演まで7時間、ゲストを交えながら、演奏

Collapse

Articles

笹倉慎介セッション・アルバム『Country Made』インタビュー

インタヴュー

笹倉慎介セッション・アルバム『Country Made』インタビュー

笹倉慎介インタビュー目を閉じると、田園風景がすっと頭に浮かぶ。背の高い草に囲まれて一人寝そべりながら空を見上げる。何の変哲もない時間、しかしこれを平和と呼ぶのだろう。笹倉慎介によるセッション・アルバム『Country Made』を聴きながらそんなことを思っ…