album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Everybody Needs A Best Friend -- ノラ・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:26 N/A
2
The Power Of Wishes -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:11 N/A
3
Thunder Buddies For Life -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:54 N/A
4
John & Lori At Work / A Walk In The Park -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:34 N/A
5
Magical Wish -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:48 N/A
6
Rex's Party (Everybody Needs A Best Friend) -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:28 N/A
7
The Breakup -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:59 N/A
8
Never Be Scared Of Thunder Again -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:04 N/A
9
Ted Is Captured -- ウォルター・マーフィージョン・ウィリアムズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:45 N/A
10
The Car Chase / Fenway Pursuit -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:27 N/A
11
Climbing The Tower / She's Your Thunder Buddy Now -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:56 N/A
12
Saving Ted / Lori's Wish -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:37 N/A
13
The Proposal / The Wedding -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:54 N/A
14
End Titles -- ウォルター・マーフィー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:10 N/A
15
Flash's Theme -- クイーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:29 N/A
16
Sin -- ダフネ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:20 N/A
17
Only Wanna Be With You -- フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:45 N/A
18
Come Away With Me -- ノラ・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:06 N/A
19
All Time High (From The "Octopussy" Soundtrack) -- リタ・クーリッジ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:01 N/A
20
I Think We're Alone Now -- ティファニー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
21
Thunder Buddies -- マーク・ウォールバーグセス・マクファーレン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:14 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

約4年ぶりとなるフル・オリジナル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースし、見事オリコン年間ジャズアルバムランキングの第1位に輝いたノラ・ジョーンズ。デビュー・アルバムのリリースから20年近く経つ今なお根強い人気を誇る彼女が、キャリア初となるライヴ盤をリリース! 『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のリリース後、世界ツアーを予定していたというが、新型コロナ・ウイルスの影響ですべてがキャンセルに。ノラ・ジョーンズはSNSで自宅からライヴ配信を定期的に行っていたが、ライヴを容易に開催することができない時代に彼女のファンに少しでも臨場感のある音楽を届けたいと企画された。収録されるのは、これまで世界各国のライヴで披露してきたパフォーマンスで、2017年から2019年までの演奏からノラが自らセレクト。「ドント・ノー・ホワイ」、「サンライズ」や「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」など、彼女の代表作として知られるデビュー・アルバムに収録された楽曲から、2019年にリリースされたコンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』収録の「ビギン・アゲイン」や「フリップサイド」まで、リリース年代に留まらず幅広いラインナップが揃えられた、まさにライヴ・ベスト盤。アルバムを最後を飾るのは、2017年5月17日に急逝したクリス・コーネルへのトリビュートして同年5月23日のデトロイト公演でピアノの弾き語りで披露したカヴァー「ブラック・ホール・サン」。

14 tracks
Rock

彼らがこれまで世界中で行ってきたコンサートのハイライト集。今回初めて音源化・映像化が実現したものも含め、ロジャー、ブライアン、アダムの3人が、延べ200公演以上の中から自ら選りすぐった内容となっている。ブラジルとポルトガルの両国で開催されたフェスティバル<ロック・イン・リオ>をはじめ、イギリスの<ワイト島フェスティバル>、日本の<サマーソニック>、全英および北米ツアーから厳選した幾つかの公演の抜粋、そしてロックダウン(都市封鎖)前に行った最新ライヴのうちの一つであるオーストラリア・シドニーで開催された森林火災復興支援チャリティ・コンサート<ファイアファイト・オーストラリア>などの模様を収録。

20 tracks
Jazz/World

2016年の『デイ・ブレイクス』以降、フル・アルバムをリリースするつもりなど微塵もなく、しばらく「アルバムを作る」というルーティンワークから遠ざかっていた。しかし、セッションで試したものや書き溜めていたに楽曲たちが、気が付かないうちにバラバラなものを寄せ集めたコラージュではなく、ピアノ・トリオのグルーヴと失望から希望へと向かう歌詞で、つなぎ止められていることに気が付く。そこで、アルバムで音楽を発表するということを再解釈し、自ら遠ざかろうとしていた「アルバム」に再度向き合うことを決意。 ノラは「ラフミックスを携帯にいれ、犬の散歩をするときに聴いていた。そしたら、いつしか頭から離れなくなっていた。で、気づいたの。どの曲にも不思議な一貫した特色があるんじゃないかって。まるで神と悪魔と心と国と地球と私の間のどこかで起きている夢の中、熱病に うなされている感覚だった」と語った。 「たまたまそういうゾーンに入っていたのか、それともさまざまなセッションからその気になったのか、わからない。でも去年の私は、これまでで一番クリエイティヴな気分だった。」そう語るノラは今年に入り、ストリングスやハーモニーなどアルバムの最終仕上げにとりかかった。音楽の作り方に対する考え方を根底から変えることで、新しいインスピレーションの源をみつけ、数曲、共同執筆者を迎えているものもあるが、作詞作曲はすべてノラ自身の手で行った。また、収録されている11曲中、9曲のプロデュースもノラ本人が担当。その他の2曲(「アイム・アライヴ」、「ヘヴン・アバヴ」)に関しては、90年代からUSインディ・ロックを牽引し続けてきたウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーがプロデュースを務め、また、ジェフはその2曲の作詞作曲もノラと共に行った。ジェフとはこれまでも、「#songofthemoment」などのプロジェクトでタッグを組んでいる。 アルバムの核となる部分に関しては、制作初期の段階で彼女と親交が深いドラマーのブライアン・ブレイドとのセッションで完成していたが、アルバムを通して固定のバンド・メンバーは置かず、ジョン・パティトゥッチ(b)、ネイト・スミス(ds)など、総勢20名以上の実力派アーティストが立ち代わり登場する。

30 tracks
Jazz/World

2016年の『デイ・ブレイクス』ぶりとなるフル・オリジナル・アルバムが2020年5月8日リリース。全体的には、前作同様ジャジーなノラを堪能することができる曲がメインだが、ピアノと共に歌い上げるバラードや、力強いブルース調の楽曲など、現在のノラのすべてを詰め込んだアルバム。 数曲、共同執筆者を迎えているものもあるが、作詞作曲はすべてノラ自身の手で行われている。また、プロデュースに関しても、収録されている11曲中、9曲をノラが担当。その他の2曲(「アイム・アライヴ」、「ヘヴン・アバヴ」)は、90年代からUSインディ・ロックを牽引し続けてきたウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーがプロデュースを務め、また、ジェフはその2曲の作詞作曲もノラと共に行っている。 録音はこれまでノラの楽曲を数多く手掛けてきた名匠トム・シックや、グラミー賞の受賞経験もあるパトリック・ディレットなどが担当。各分野のトップランナーたちが集結し、作品を作りあげた。

11 tracks
Jazz/World

2016年の『デイ・ブレイクス』ぶりとなるフル・オリジナル・アルバムが2020年5月8日リリース。全体的には、前作同様ジャジーなノラを堪能することができる曲がメインだが、ピアノと共に歌い上げるバラードや、力強いブルース調の楽曲など、現在のノラのすべてを詰め込んだアルバム。 数曲、共同執筆者を迎えているものもあるが、作詞作曲はすべてノラ自身の手で行われている。また、プロデュースに関しても、収録されている11曲中、9曲をノラが担当。その他の2曲(「アイム・アライヴ」、「ヘヴン・アバヴ」)は、90年代からUSインディ・ロックを牽引し続けてきたウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーがプロデュースを務め、また、ジェフはその2曲の作詞作曲もノラと共に行っている。 録音はこれまでノラの楽曲を数多く手掛けてきた名匠トム・シックや、グラミー賞の受賞経験もあるパトリック・ディレットなどが担当。各分野のトップランナーたちが集結し、作品を作りあげた。

11 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

クイーン映画『ボヘミアン・ラプソディ』地上波初放送が大反響

クイーン映画『ボヘミアン・ラプソディ』地上波初放送が大反響

2021年6月4日(金)日本テレビ系・金曜ロードショーにて地上波初放送されたクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大反響となっている。 視聴率は世帯11.1%と好数値を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。放送中にはTwitter上にて大きな話題を呼

ノラ・ジョーンズ、スペシャル・オンライン・ライヴ開催

ノラ・ジョーンズ、スペシャル・オンライン・ライヴ開催

9回のグラミー賞受賞経験を持つシンガー・ソングライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが、昨年リリースし、2020年度オリコン年間ジャズアルバムランキングで第1位を獲得したフル・オリジナル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のリリース

ノラ・ジョーンズ最新ライヴ盤より、あの代表曲を先行配信開始

ノラ・ジョーンズ最新ライヴ盤より、あの代表曲を先行配信開始

ノラ・ジョーンズが、4月16日にリリースのキャリア初ライヴ・アルバム『ティル・ウィー・ミート・アゲイン~ベスト・ライヴ・ヒット』から先行曲である「ドント・ノー・ホワイ」の配信を本日開始した。 楽曲は2002年に発表されたデビュー・アルバム『ノラ・ジョーン

ノラ・ジョーンズ『めぞん一刻』とのコラボMV「アイム・アライヴ」が好評

ノラ・ジョーンズ『めぞん一刻』とのコラボMV「アイム・アライヴ」が好評

ノラ・ジョーンズが高橋留美子による世界的人気の漫画『めぞん一刻』とコラボレーションをしたMV「アイム・アライヴ」が反響を広げている。 本MVは「生きる」というテーマを一人でも多くの日本のファンに伝えたいという目的のもと企画され、ヒロインの音無響子が、「ア

ノラ・ジョーンズと『めぞん一刻』がコラボした“アイム・アライヴ”MV20時プレミア公開

ノラ・ジョーンズと『めぞん一刻』がコラボした“アイム・アライヴ”MV20時プレミア公開

シンガー・ソング・ライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のデジタル・デラックス・エディションも本日リリースする。 それに伴い、高橋留美子による世界的に人気の漫画『めぞん一刻』とコラボレーション

ノラ・ジョーンズ、最新アルバムより“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMV公開

ノラ・ジョーンズ、最新アルバムより“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMV公開

シンガー・ソング・ライターであり、ピアニストのノラ・ジョーンズが最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』に収録されている“ハーツ・トゥ・ビー・アローン”のMVを本日解禁した。 また、それに合わせて、同アルバムのデジタル・デラックス・エディシ

View More News Collapse
ノラ・ジョーンズ、New AL『Pick Me Up Off The Floor』本日リリース

ノラ・ジョーンズ、New AL『Pick Me Up Off The Floor』本日リリース

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、本日、約4年ぶりのリリースとなるオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースした。 それに伴い、外出自粛期間中にバンド・メンバーたちとそれぞれの自宅から撮影したパフォーマンス

ノラ・ジョーンズがシングル「Tryin' To Keep It Together」を急遽リリース

ノラ・ジョーンズがシングル「Tryin' To Keep It Together」を急遽リリース

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、本日、新シングル「トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー」をデジタル・リリースした。   本楽曲は、もともと、6月12日に発売を控える約4年ぶりのオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・

ノラ・ジョーンズ、新アルバム発売延期を発表

ノラ・ジョーンズ、新アルバム発売延期を発表

シンガー・ソングライター、ノラ・ジョーンズが、約4年ぶりにリリースするオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』の一曲目に収録されている楽曲「ハウ・アイ・ウィープ」の先行配信をスタート。 合わせて、新型コロナウィルスがロジスティ

クイーン+アダム・ランバート、ヨーロッパ・ツアーを1年延期&2021年の振替公演日程を発表

クイーン+アダム・ランバート、ヨーロッパ・ツアーを1年延期&2021年の振替公演日程を発表

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、3月31日、クイーン+アダム・ランバートの<ラプソディ>UK&ヨーロッパ・ツアー(全27公演)の延期が残念ながら発表された。 2020年のツアーは当初、5月24日のイタリア公演を皮切りに、本国イギリスでは首都ロ

ノラ・ジョーンズ"アイム・アライヴ"の日本語リリック・ビデオ公開、対訳は川上未映子

ノラ・ジョーンズ"アイム・アライヴ"の日本語リリック・ビデオ公開、対訳は川上未映子

ノラ・ジョーンズが5月8日にリリースする、約4年ぶりのオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』より、”アイム・アライヴ”の日本語リリック・ビデオを公開した。 "アイム・アライヴ"は「生きること」に焦点を当てた楽曲で、ノラによる

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新ALより先行シングル"アイム・アライヴ"のMV公開

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新ALより先行シングル"アイム・アライヴ"のMV公開

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、5月8日にリリースする、約4年ぶりのオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』より先行配信が開始されている"アイム・アライヴ"のMVを公開した。 ニューヨークの一軒家を貸し切って撮影

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりオリジナル・フル・アルバムのリリースが決定

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりオリジナル・フル・アルバムのリリースが決定

9つのグラミー賞を受賞しているシンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズ。 そんな彼女が、通算7枚目となるソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』を5月8日にジャズの名門レーベル、ブルーノート・レコードよりリリースする。 そもそもアルバム

ロジャー・テイラー、自身のインスタにYOSHIKIとの2ショット

ロジャー・テイラー、自身のインスタにYOSHIKIとの2ショット

QUEEN(クイーン)のロジャー・テイラーが、 自身のインスタグラムにYOSHIKIとの2ショットをアップし、 親友との再会を喜んだ。 そして、 YOSHIKIも25年前の2ショットを公開し、 話題を呼んでいる。 ロジャーは、 2ショットに添えて、"9

クイーン、史上最大規模の来日公演スタート ライヴレポ到着

クイーン、史上最大規模の来日公演スタート ライヴレポ到着

クイーン+アダム・ランバートの〈ラプソディー・ツアー〉日本公演が1月25日より幕を開けた。 クイーン+アダム・ランバートとしては3年4か月ぶり3度目の来日公演であり、クイーンの名のもとにおいては1975年に初めてこの地を踏んでから、45年という節目の年を

Ginza Sony ParkにQUEENの曲をテーマにした音楽体験プログラムが本日オープン

Ginza Sony ParkにQUEENの曲をテーマにした音楽体験プログラムが本日オープン

革新的な音楽でリスナーを驚かせてきた伝説のロックバンド〈QUEEN〉。 その来日公演にあわせ、Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)では、実験的プログラム第13弾『#013 QUEEN IN THE PARK ~クイーンと遊ぼう~』を、本日2

クイーンの歴史を辿る『QUEEN EXHIBITION JAPAN ~Bohemian Rhapsody~』に行ってみた―OTOTOY展覧会レポート

クイーンの歴史を辿る『QUEEN EXHIBITION JAPAN ~Bohemian Rhapsody~』に行ってみた―OTOTOY展覧会レポート

QUEEN(以下・クイーン)の栄光と軌跡を巡る展覧会『QUEEN EXHIBITION JAPAN ~Bohemian Rhapsody~』が日本橋髙島屋S.C.本館8階ホールにて1月15日(水)からスタートした。 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒッ

Ginza Sony Parkが伝説のロックバンド・QUEENの曲をテーマにした遊び場に

Ginza Sony Parkが伝説のロックバンド・QUEENの曲をテーマにした遊び場に

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)の実験的プログラム第13弾として、伝説のロックバンド QUEEN(クイーン)が生んだ音楽を“体感する”『#013 QUEEN IN THE PARK ~クイーンと遊ぼう~』が、2020年1月22日(水)よ

日本のファンが選んだクイーン来日記念AL収録曲決定

日本のファンが選んだクイーン来日記念AL収録曲決定

1月に待望の日本公演を控えているクイーン。 日本のファン投票による上位12曲を収録した来日記念スペシャル・ベスト・アルバム 『グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン』の収録曲が決定した。 2020年1月15日(水)に発売されるCD、CD+DVDのフィジカル

ノラ・ジョーンズ、タリオナ“タンク”ボールとのコラボ曲「プレイング・アロング」配信開始

ノラ・ジョーンズ、タリオナ“タンク”ボールとのコラボ曲「プレイング・アロング」配信開始

ノラ・ジョーンズがシンガーのタリオナ“タンク”ボールをフィーチャーした新曲「プレイング・アロング」が本日デジタルリリースされた。 タンクは、彼女がフロントを務めるソウル・バンド、タンク・アンド・ザ・バンガスが第62回グラミー賞の最優秀新人賞にノミネートさ

写真集『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 The Great Pretender』発売中

写真集『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 The Great Pretender』発売中

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界的大ヒットにより、 再び脚光を浴びるフレディ・マーキュリー。 そんな彼の写真集『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 The Great Pretender』が11/20に発売された。 アフリカ大陸東岸のザンジバル

ノラ・ジョーンズ、両A面シングル“I Forgot”、“Falling”デジタル配信開始

ノラ・ジョーンズ、両A面シングル“I Forgot”、“Falling”デジタル配信開始

過去9回のグラミー賞に輝いたシンガーソングライターのノラ・ジョーンズが本日、両A面シングルとなる“I Forgot”/“Falling”のデジタル配信を開始した。 両楽曲とも、ブラジルのシンガーソングライター、ロドリゴ・アマランテをフィーチャリングに迎え

クイーン、日本のファン投票によるベスト盤が発売決定

クイーン、日本のファン投票によるベスト盤が発売決定

来年1月に待望の日本公演を控えているクイーン。 その来日を記念して、クイーンとしては初のリクエストによるベスト・アルバムを来年1月15日発売が決定した。しかも、日本のファンが選ぶ名曲の数々12曲を収録する。 この来日記念スペシャル・ベスト・アルバムのため

ノラ・ジョーンズ+メイヴィス・ステイプルズがデジタルシングルを配信

ノラ・ジョーンズ+メイヴィス・ステイプルズがデジタルシングルを配信

ノラ・ジョーンズがリズム・アンド・ブルース、ソウル界のレジェジェンド、メイヴィス・ステイプルズとのコラボレーションしたデジタルシングル「アイル・ビー・ゴーン」をリリースした。 同楽曲はプロデューサーにピート・レムを迎え、ノスタルジー溢れるアメリカン・ルー

Collapse

Articles

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

インタヴュー

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

OTOTOYが主催するイベント〈OTOTOYハイレゾ試聴会〉の第3回が、2019年4月10日(水)に行われた。メインMCに音楽評論家 / オーディオ評論家である高橋健太郎、今回はゲストに『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司が…