How To Buy
TitleDurationPrice
サニーサイドへようこそ (ウ山あまね Remix)  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps ABR) 03:52
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:52

Discography

Pop

新生代シンガーソングライター笹川真生が、セカンド・アルバム『サニーサイドへようこそ』をリリー。 笹川真生のフルアルバムリリースは2019年9月にリリースしたファースト・アルバム『あたらしいからだ』以来、約3年半ぶり。『サニーサイドへようこそ』には既発曲の”異邦人”、”日本の九月の気層です”、”ためらいあいいたい”、”うろんなひと”や理芽に提供した”食虫植物”のリアレンジセルフカヴァー、など全10曲を収録。レコーディングには、盟友 田中雄大 (ユアネス)、Lライヴのバンドメンバーでもある嶋英治、澤田千冬、ドラムテックで佐藤謙介が参加。全曲のミックスは池田洋 (hmc studio)、マスタリングは木村健太郎 (kimken studio) が担当。ジャケットアートワークはさめほしが担当した。

10 tracks
Pop

新生代シンガーソングライター笹川真生が、セカンド・アルバム『サニーサイドへようこそ』をリリー。 笹川真生のフルアルバムリリースは2019年9月にリリースしたファースト・アルバム『あたらしいからだ』以来、約3年半ぶり。『サニーサイドへようこそ』には既発曲の”異邦人”、”日本の九月の気層です”、”ためらいあいいたい”、”うろんなひと”や理芽に提供した”食虫植物”のリアレンジセルフカヴァー、など全10曲を収録。レコーディングには、盟友 田中雄大 (ユアネス)、Lライヴのバンドメンバーでもある嶋英治、澤田千冬、ドラムテックで佐藤謙介が参加。全曲のミックスは池田洋 (hmc studio)、マスタリングは木村健太郎 (kimken studio) が担当。ジャケットアートワークはさめほしが担当した。

10 tracks
Pop

注目のシンガーソングライター笹川真生の新曲は内生的な詞をメランコリックなサウンドで聴かせる美しいバラード。

1 track
Pop

注目のシンガーソングライター笹川真生の新曲は内生的な詞をメランコリックなサウンドで聴かせる美しいバラード。

1 track
Pop

バーチャルシンガー理芽に提供した2020年のバイラルヒット曲「食虫植物」を大胆にリアレンジしたセルフカバーVer.。

1 track
Pop

バーチャルシンガー理芽に提供した2020年のバイラルヒット曲「食虫植物」を大胆にリアレンジしたセルフカバーVer.。

1 track
Pop

2019年にAlbum「あたらしいからだ」で全国デビューをし、音楽ファンを中心に一躍注目の存在となった新生代シンガーソングライター笹川真生。ここ2年は主に作家として楽曲提供、編曲参加で数多くのアーティストの作品に参加し、メインコンポーザーを務めるバーチャルシンガー理芽では20年に発表した「食虫植物」がYouTubeで3000万再生を突破するバイラルヒットを飛ばすなど、コンポーザーとしての才能にも注目が集まっている。そんな笹川真生の実に1年3ヶ月ぶりとなる新曲「異邦人」リリース。

1 track
Pop

2019年にAlbum「あたらしいからだ」で全国デビューをし、音楽ファンを中心に一躍注目の存在となった新生代シンガーソングライター笹川真生。ここ2年は主に作家として楽曲提供、編曲参加で数多くのアーティストの作品に参加し、メインコンポーザーを務めるバーチャルシンガー理芽では20年に発表した「食虫植物」がYouTubeで3000万再生を突破するバイラルヒットを飛ばすなど、コンポーザーとしての才能にも注目が集まっている。そんな笹川真生の実に1年3ヶ月ぶりとなる新曲「異邦人」リリース。

1 track
Pop

危うさと包容力を併せ持つ誰のものでもない音楽、ドリームポップやサイケデリックなギターポップに触発されたエモーショナルな楽曲と繊細な美しさをたたえた歌詞世界が反響を呼び、作品に救済される音楽ファンが急増中のニュー・アーティスト、笹川真生。 全国デビューアルバムとなる本作は、先行配信シングルを含め、2019年4月以降に製作した最新楽曲のみを収録した全12曲を収録。作詞作曲編曲演奏エンジニアリング、アートワーク、デザインまですべて一人で完結する完全セルフプロデュース作。

12 tracks
Pop

2017年よりインターネット上に公開してきた作品の集大成+書き下ろし

2 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

【急上昇ワード】理芽、ハーモニーの美しさに惚れる「ルフラン feat. 笹川真生」

【急上昇ワード】理芽、ハーモニーの美しさに惚れる「ルフラン feat. 笹川真生」

新曲「ルフラン feat. 笹川真生」を配信リリースした理芽が急上昇ワードにランクイン。 「ルフラン」は今年5月から放送されたABCテレビのドラマ『サブスク彼女』のエンディング主題歌となっていた楽曲で、笹川真生とのハーモニーの美しさにリリースが待たれてい

長瀬有花、ミニAL『Launchvox』アートワーク公開&リリイベ開催決定

長瀬有花、ミニAL『Launchvox』アートワーク公開&リリイベ開催決定

実世界とバーチャルを横断するシンガー・長瀬有花が、2023年9月27日(水)に全国リリースが決定しているミニ・アルバム『Launchvox』のアートワークを公開した。 本作は、パソコン音楽クラブやmekakushe × 笹川真生といったアーティストが楽曲

= Perfect Music&ATFIELD新企画に、崎山蒼志、笹川真生、黒子首が出演決定

= Perfect Music&ATFIELD新企画に、崎山蒼志、笹川真生、黒子首が出演決定

神聖かまってちゃんやバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI、アカシックらが所属するプロダクションの〈Perfect Music〉とオールナイト野外フェス〈BAYCAMP〉を主催するロックエージェントの〈ATFIELD〉が、夏休みにイベント〈SH

colormal、2ndミニAL『diode』リリース・パーティー東京公演決定、ゲストに笹川真生

colormal、2ndミニAL『diode』リリース・パーティー東京公演決定、ゲストに笹川真生

colormalの2nd mini album『diode』の東京でのリリース・パーティー開催が決定した。ゲストアクトに笹川真生を迎えたツーマン公演となる。 colormalが5月27日にリリースした2ndミニアルバム『diode』はディスクユニオンの週

〈SYNCHRONICITY’23〉Voicyで水カン、TENDREらのトーク公開生放送決定

〈SYNCHRONICITY’23〉Voicyで水カン、TENDREらのトーク公開生放送決定

2023年4月1日(土)、4月2日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’23〉のタイムテーブルが更新され、Voicyにて公開生放送が楽しめることが明らかとなった。 タイムテーブルが更新となったのは、Lenovo Y

〈SYNCHRONICITY’23〉第5弾でSOIL&"PIMP"SESSIONS、w.o.d.、Homecomings、鋭児ら13組発表

〈SYNCHRONICITY’23〉第5弾でSOIL&"PIMP"SESSIONS、w.o.d.、Homecomings、鋭児ら13組発表

2023年4月1日(土)、4月2日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’23〉。 その出演アーティスト第5弾ラインナップが発表となった。 今回発表されたのは、SOIL&”PIMP”SESSIONS、w.o.d.

View More News Collapse
令和のオルタナロック担うアーティストが集まる〈of BLUE LAB vol.6〉開催

令和のオルタナロック担うアーティストが集まる〈of BLUE LAB vol.6〉開催

「発見を創る」をコンセプトとするホットスタッフのイベント〈of BLUE〉のスピンオフ企画〈of BLUE LAB〉が、2023年1月24日(火)に東京〈Shibuya WWW〉にて開催されることが決定した。 〈of BLUE LAB〉は、若手アーティス

笹川真生、3年半ぶりの新作AL『サニーサイドへようこそ』リリース決定

笹川真生、3年半ぶりの新作AL『サニーサイドへようこそ』リリース決定

新生代シンガーソングライター笹川真生が、セカンド・アルバム『サニーサイドへようこそ』を2022年2月1日 (水)にデジタル先行配信、3月17日(金) にCDリリースすることが決定した。 笹川真生のフルアルバムリリースは2019年9月にリリースしたファース

笹川真生、理芽に提供した「食中植物」のセルフカバー本日配信スタート&MV公開

笹川真生、理芽に提供した「食中植物」のセルフカバー本日配信スタート&MV公開

新生代シンガーソングライター笹川真生が理芽「食虫植物」のセルフカバーをリリースした。 「食虫植物」は笹川真生がメインコンポーザーを務めているバーチャルシンガー理芽の楽曲で、作詞・作曲・ 編曲を笹川が担当。 「食虫植物」は2019年1月に理芽の2作目のオリ

笹川真生、1年以上ぶりの新曲「異邦人」を8/18に配信リリース

笹川真生、1年以上ぶりの新曲「異邦人」を8/18に配信リリース

2019年にAlbum『あたらしいからだ』で全国デビューをし、音楽ファンを中心に一躍注目の存在となった新生代シンガーソングライター笹川真生。 ここ2年は主に作家として楽曲提供、編曲参加で数多くのアーティストの作品に参加し、メインコンポーザーを務めるバーチ

mekakushe、4曲入りEP『うまれる』発売 shinoda、笹川真生、Kabanagu+Emocuteによるリミックスも収録

mekakushe、4曲入りEP『うまれる』発売 shinoda、笹川真生、Kabanagu+Emocuteによるリミックスも収録

シンガー・ソングライターmekakusheが新EP『うまれる』を10月21日に発売する。 新曲「想うということ」を含む4曲入りで、マスタリングを徳永輝、アートワークは天國が担当した。 「想うということ」はmekakusheを活動初期より支える、のざわしょ

ごいちー(cana÷biss)、ソロ初のミニアルバム発売決定

ごいちー(cana÷biss)、ソロ初のミニアルバム発売決定

cana÷bissのメンバーとして活動する傍ら、DJごいちーとしても積極的に活動中のごいちーの昨年12月に初のソロ作品としてリリースした両A面シングル「上の空モード/あなたにあげる」に続き、ミニアルバムの発売が7月22日に決定。 SAWA、笹川真生、クマ

〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉第一弾でCHAI、tricot、toconoma、羊文学、TENDOUJIなど8組を発表

〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉第一弾でCHAI、tricot、toconoma、羊文学、TENDOUJIなど8組を発表

7月4日(土)にオンラインで開催する〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉の第一弾ラインナップが発表となった。 第一弾で発表となったのは、CHAI、tricot、toconoma、JABBERLOOP、羊文学、TENDOU

mekakushe、新作から「熱」のMV公開 笹川真生によるコラージュアニメーション

mekakushe、新作から「熱」のMV公開 笹川真生によるコラージュアニメーション

mekakusheが8月21日にミニ・アルバム『heavenly』をリリース。 同作より「熱」のMVが公開された。 ヒロネちゃんからmekakusheに改名後、初めての全国盤リリースとなる本作。発売より一足早く公開された「熱」のMVはシンガー・ソングライ

Collapse

Articles

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

コラム

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

今年もやってきましたOTOTOYスタッフによる個人チャート。いろいろ大変だった2020年、なにを聴いてOTOTOYを作っていたのか? 今年は新人、梶野に加えてインターン、そしてコントリビューター枠としていろいろと関わっているライター陣の方にも書いてもらいま…