artist image

samayuzame

Pop

Discography

Pop

東京藝術大学出身の気鋭DIYシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「metaphor」を本日6月26日にリリースした。 samayuzameは作詞作曲編曲からビジュアルディレクションまで自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「metaphor」は、samayuzameのアンニュイな歌声と攻撃的なサウンドがマッチしたダンサブルな楽曲。 楽曲全体が“生み出すこと”(=創作、出産、生理)についてのメタファーになっており、暗喩を経てしかアウトプットが出来ない自己への批判、皮肉を詩に書き上げ、4つ打ちに乗せてとつとつと歌う。 おどろおどろしい心臓を模したハートの中で微笑む女性のビジュアルが印象的なジャケットは、イラストレーターの宇都宮なおが制作を担当。楽曲のミックスとマスタリングは中村涼真が手掛けた。 配信リリースを追って、木葉はづく制作のリリックビデオも公開予定。そちらも併せてチェックしたい 作家名義“糸井塔”で、ヰ世界情緒「グレイスケイル」の楽曲提供やゲーム「MORSOMNIA:0」「トワエデン」のBGMを手掛けるなど、自らの活動に留まらず音楽の世界に生き続けるsamayuzame。今後の活動にも目が離せない。

1 track
Pop

東京藝術大学出身の気鋭DIYシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「metaphor」を本日6月26日にリリースした。 samayuzameは作詞作曲編曲からビジュアルディレクションまで自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「metaphor」は、samayuzameのアンニュイな歌声と攻撃的なサウンドがマッチしたダンサブルな楽曲。 楽曲全体が“生み出すこと”(=創作、出産、生理)についてのメタファーになっており、暗喩を経てしかアウトプットが出来ない自己への批判、皮肉を詩に書き上げ、4つ打ちに乗せてとつとつと歌う。 おどろおどろしい心臓を模したハートの中で微笑む女性のビジュアルが印象的なジャケットは、イラストレーターの宇都宮なおが制作を担当。楽曲のミックスとマスタリングは中村涼真が手掛けた。 配信リリースを追って、木葉はづく制作のリリックビデオも公開予定。そちらも併せてチェックしたい 作家名義“糸井塔”で、ヰ世界情緒「グレイスケイル」の楽曲提供やゲーム「MORSOMNIA:0」「トワエデン」のBGMを手掛けるなど、自らの活動に留まらず音楽の世界に生き続けるsamayuzame。今後の活動にも目が離せない。

1 track
Pop

東京藝術大学出身の気鋭DIYシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「シンデレラ・コンプレックス」を本日4月24日にリリースした。 samayuzameは作詞作曲編曲からビジュアルディレクションまで自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「シンデレラ・コンプレックス」は、画一的な美への執着や己の現状との葛藤を吐露する楽曲。 この楽曲でsamayuzameは、ルッキズムによって評され傷つけられる心と体を歌い、なお抵抗する様子を詩に書き上げ、ドラムンベース・ジャングル・4つ打ちが目まぐるしく入れ替わるカオスな楽曲にまとめ上げた。 ナイフを握りしめながらシャンデリアに座ってこちらを伺う女性のビジュアルが印象的なジャケットは、イラストレーターのまれが制作を担当。楽曲のミックスとマスタリングは中村涼真が手掛けた。

1 track
Pop

東京藝術大学出身の気鋭DIYシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「シンデレラ・コンプレックス」を本日4月24日にリリースした。 samayuzameは作詞作曲編曲からビジュアルディレクションまで自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「シンデレラ・コンプレックス」は、画一的な美への執着や己の現状との葛藤を吐露する楽曲。 この楽曲でsamayuzameは、ルッキズムによって評され傷つけられる心と体を歌い、なお抵抗する様子を詩に書き上げ、ドラムンベース・ジャングル・4つ打ちが目まぐるしく入れ替わるカオスな楽曲にまとめ上げた。 ナイフを握りしめながらシャンデリアに座ってこちらを伺う女性のビジュアルが印象的なジャケットは、イラストレーターのまれが制作を担当。楽曲のミックスとマスタリングは中村涼真が手掛けた。

1 track
Pop

東京藝術大学出身の気鋭DIYシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「亡き乙女のためのⅡ」を1月24日にリリースすることを決定。 samayuzameは作詞作曲編曲からビジュアルディレクションまで自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「亡き乙女のためのⅡ」は、“日々暴力的なまでに注がれる女性への性的で評定的なまなざしへの抵抗”をテーマとして、“そこから生まれる苦しみへ終止線を引く”ために制作された。 この楽曲は、自らの性が消費される哀しみと憂いを詩的かつ繊細な表現で描き出し、 鮮やかな表現力と独自のアーティスティックなアプローチで聴く者の心を怪しく惹きつける。

1 track
Pop

東京藝術大学出身の気鋭DIYシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「亡き乙女のためのⅡ」を1月24日にリリースすることを決定。 samayuzameは作詞作曲編曲からビジュアルディレクションまで自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「亡き乙女のためのⅡ」は、“日々暴力的なまでに注がれる女性への性的で評定的なまなざしへの抵抗”をテーマとして、“そこから生まれる苦しみへ終止線を引く”ために制作された。 この楽曲は、自らの性が消費される哀しみと憂いを詩的かつ繊細な表現で描き出し、 鮮やかな表現力と独自のアーティスティックなアプローチで聴く者の心を怪しく惹きつける。

1 track
Pop

samayuzame、藝大出身気鋭のシンガーソングライターが6月21日に新曲「City of Romantica」をリリース 東京藝術大学出身のシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「City of Romantica」を6月21日にリリースすることを決定。 samayuzameは作詞作曲編曲全てを自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「City of Romantica」は、他者への性愛と親愛の間で揺れ動く感情、そして変幻自在な自己の性をテーマに制作され、 この楽曲は、人間の心の奥底に潜む複雑な情緒を、詩的かつ繊細な表現で描き出している。 その鮮やかな表現力と独自のアーティスティックなアプローチが、聴く者の心を怪しく惹きつける。 ホテルを連想させるような美しいデザインのジャケットは、写真家の平木希奈が制作を担当。 また、ミックスとマスタリングは、中村涼真が手掛けた。 6月24日には映像クリエイターの淀が制作したミュージックビデオも公開予定。そちらも併せてチェックしたい。

1 track
Pop

samayuzame、藝大出身気鋭のシンガーソングライターが6月21日に新曲「City of Romantica」をリリース 東京藝術大学出身のシンガーソングライター、samayuzameが、新曲「City of Romantica」を6月21日にリリースすることを決定。 samayuzameは作詞作曲編曲全てを自ら手掛けるアーティストであり、今回の楽曲でもその才能を存分に発揮している。 「City of Romantica」は、他者への性愛と親愛の間で揺れ動く感情、そして変幻自在な自己の性をテーマに制作され、 この楽曲は、人間の心の奥底に潜む複雑な情緒を、詩的かつ繊細な表現で描き出している。 その鮮やかな表現力と独自のアーティスティックなアプローチが、聴く者の心を怪しく惹きつける。 ホテルを連想させるような美しいデザインのジャケットは、写真家の平木希奈が制作を担当。 また、ミックスとマスタリングは、中村涼真が手掛けた。 6月24日には映像クリエイターの淀が制作したミュージックビデオも公開予定。そちらも併せてチェックしたい。

1 track
Pop

samayuzameが、4月19日より各配信サイトにてシングル「甘き心中はプールサイドで(world's end girlfriend Remix)」をリリース。 同楽曲は、1月にリリースされた原曲の「甘き心中はプールサイドで」を、日本の音楽家、前田勝彦によるソロユニットであるworld's end girlfriendが再編したもので、グリッヂとノイズを多用した物語性を強く感じさせるリミックスとなっている。 samayuzameは、中学生の頃からworld's end girlfriendの楽曲を好んで聴いており、その最新作に参加したことをきっかけに、両者のコラボレーションが実現。また、このリミックスには、「甘き心中はプールサイドで」の前身であるVOCALOID楽曲「​*​sweet poolside​*(2016)​」も織り込まれており、原曲とは異なった混沌たる魅力が引き出されている。 samayuzameは、このリミックスについて、「原曲とは違う世界観を感じさせる、world's end girlfriendならではの表現力が存分に生かされた楽曲に仕上がったと思います。」とコメント。 「甘き心中はプールサイドで(world's end girlfriend Remix)」は、音楽ファンにとっては見逃せないリミックスとなっている。各配信サイトでぜひチェックしよう。

1 track
Pop

samayuzameが、4月19日より各配信サイトにてシングル「甘き心中はプールサイドで(world's end girlfriend Remix)」をリリース。 同楽曲は、1月にリリースされた原曲の「甘き心中はプールサイドで」を、日本の音楽家、前田勝彦によるソロユニットであるworld's end girlfriendが再編したもので、グリッヂとノイズを多用した物語性を強く感じさせるリミックスとなっている。 samayuzameは、中学生の頃からworld's end girlfriendの楽曲を好んで聴いており、その最新作に参加したことをきっかけに、両者のコラボレーションが実現。また、このリミックスには、「甘き心中はプールサイドで」の前身であるVOCALOID楽曲「​*​sweet poolside​*(2016)​」も織り込まれており、原曲とは異なった混沌たる魅力が引き出されている。 samayuzameは、このリミックスについて、「原曲とは違う世界観を感じさせる、world's end girlfriendならではの表現力が存分に生かされた楽曲に仕上がったと思います。」とコメント。 「甘き心中はプールサイドで(world's end girlfriend Remix)」は、音楽ファンにとっては見逃せないリミックスとなっている。各配信サイトでぜひチェックしよう。

1 track
Pop

samayuzameがSOMBRAとのコラボレーションシングル曲「Euphoric Escape」をリリース。 ウォン・カーウェイ監督作「花様年華(In the Mood for Love)」の世界観から着想を得て制作された本作は、幻想的でオリエンタルな空気を思わせる。対照的な男女ボーカルで、現実から幻想への遁走を鮮やかに描く。 このコラボレーションは兼ねてよりsamayuzameのファンであったカナダのミュージシャンSOMBRAがsamayuzameにコンタクトを取ったことをきっかけに実現した。samayuzameは主に作詞・作曲そしてプロデュースを担当し、SOMBRAのアレンジメントをまとめ上げている。 赤い金魚が特徴的なジャケットはイラストレーターのfuru2が担当。ミックス・マスタリングは中村涼真が担当した。

1 track
Pop

samayuzameがSOMBRAとのコラボレーションシングル曲「Euphoric Escape」をリリース。 ウォン・カーウェイ監督作「花様年華(In the Mood for Love)」の世界観から着想を得て制作された本作は、幻想的でオリエンタルな空気を思わせる。対照的な男女ボーカルで、現実から幻想への遁走を鮮やかに描く。 このコラボレーションは兼ねてよりsamayuzameのファンであったカナダのミュージシャンSOMBRAがsamayuzameにコンタクトを取ったことをきっかけに実現した。samayuzameは主に作詞・作曲そしてプロデュースを担当し、SOMBRAのアレンジメントをまとめ上げている。 赤い金魚が特徴的なジャケットはイラストレーターのfuru2が担当。ミックス・マスタリングは中村涼真が担当した。

1 track
Pop

samayuzameがシングル曲「甘き心中はプールサイドで」をリリース。 水面が揺らめくイメージから発想した細かな音が織りなすトラックと、全編に渡るポエトリーリーディングが特徴的な楽曲。 呪文のように繰り返し語られる言葉と、鋭いビートが一貫して全体を貫き通す。 少女のような、少年のような、甘く柔らかい声の響きも魅力的な一曲。 本作はsamayuzame本人が作詞・作曲・編曲・マニピュレートに至るまで自らの手で完結させている。 ボーカルレコーディング・ミックスは中村涼真が、マスタリングはkimken studioの木村健太郎が担当。

1 track
Pop

samayuzameがシングル曲「甘き心中はプールサイドで」をリリース。 水面が揺らめくイメージから発想した細かな音が織りなすトラックと、全編に渡るポエトリーリーディングが特徴的な楽曲。 呪文のように繰り返し語られる言葉と、鋭いビートが一貫して全体を貫き通す。 少女のような、少年のような、甘く柔らかい声の響きも魅力的な一曲。 本作はsamayuzame本人が作詞・作曲・編曲・マニピュレートに至るまで自らの手で完結させている。 ボーカルレコーディング・ミックスは中村涼真が、マスタリングはkimken studioの木村健太郎が担当。

1 track
Pop

samayuzame 1st Live Album『theMOON'22〈ef〉』がライブ音源化! 今年6月にオンライン限定で行われた本ライブは、サポートメンバーとして庫太郎(ギター)、しのはらなおや(ベース)、中村エイジ(キーボード)、さのみきひと(パーカッション)、しまえいじ(ドラム)、斎藤ネコ(ヴァイオリン)が参加。 生バンドによる新たな楽曲アレンジにも注目。

13 tracks
Pop

samayuzame 1st Live Album『theMOON'22〈ef〉』がライブ音源化! 今年6月にオンライン限定で行われた本ライブは、サポートメンバーとして庫太郎(ギター)、しのはらなおや(ベース)、中村エイジ(キーボード)、さのみきひと(パーカッション)、しまえいじ(ドラム)、斎藤ネコ(ヴァイオリン)が参加。 生バンドによる新たな楽曲アレンジにも注目。

13 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

samayuzame、怪しく魅せる新曲「City of Romantica」本日リリース

samayuzame、怪しく魅せる新曲「City of Romantica」本日リリース

東京藝術大学出身のシンガーソングライター、samayuzameが、新曲"City of Romantica"を2023年6月21日(水)にリリースした。 1998年生まれの音楽家であるsamayuzameは、独学でDTMを学び、2018年よりシンガーソン