album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Graffiti  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:38 N/A
2
Get Out  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:51 N/A
3
Deliverance  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:12 N/A
4
My Enemy (feat. Matt Berninger)  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:53 N/A
5
Forever  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:44 N/A
6
Never Say Die  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:23 N/A
7
Miracle  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:08 N/A
8
Graves  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:43 N/A
9
Heaven/Hell  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:05 N/A
10
God's Plan  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:31 N/A
11
Really Gone  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:11 N/A
12
ii  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:09 N/A
13
Wonderland  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:35 N/A
Album Info

チャーチズ約2年半ぶりとなる待望の新作!!アデルやベックを手がけ、先日開催されたグラミー賞にて2年連続でプロデュサー・オブ・ザ・イヤーを受賞したグレッグ・カースティンを迎え制作。マスタリングはリアーナやレディー・ガガを手がけたクリス・ジェイリンガー、ミキシングはU2、マドンナ、ビョークを手がけたスパイク・ステントと、名実ともに世界トップのエンジニアが担当した。初となるプロデューサーを迎えての制作についてバンドは「グレッグと共に制作するのはこれまで私たちがやってきたこととは全く違いますが、彼がずっとバンドにいたかのように心地よくも感じました。」と話している。その結果誕生したのが「これまでで最もポップな作品(ローレン)」という本作。過去2作でも優れたポップ・ソングを多く生み出してきた彼らだが、今作ではグレッグの手により、一層磨き上げられヒップホップやR&Bが席巻している世界のメインストリームのど真ん中にくい込むポテンシャルを持った作品に!アルバムリリース後には初となるフジロックフェスティル出演も決定しており、更なる飛躍を遂げること間違いなし!

Add all to INTEREST

Discography

Dance/Electronica

グラスゴー出身のローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックによる人気エレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズが、4枚目のスタジオ・アルバム『Screen Violence』をリリース! 2021年4月に久々のニュー・シングル「He Said She Said」で高らかに本格始動を告げ、ファンを喜ばせたのに続き、ニュー・アルバムからの2ndシングル「How Not To Drown」では、チャーチズが “究極のヒーロー” と語るロバート・スミスが参加。言わずと知れたザ・キュアーのフロントマン、ロバート・スミスの特徴的な声と、ローレンの透明感ある歌声は不思議なほど完璧に溶け合い、溺れているときも意識を保つというコンセプトに沿ったダークなピアノの音色が楽曲を支えている。 ロサンゼルスとグラスゴーという遠く離れた場所で、ビデオ通話やオーディオ・シェアリング・プログラムを利用してレコーディングされたという本作は、ローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックの3人によるセルフプロデュース作であり、今回はミックスまで本人たちで行ったと言う。それによって、まさにチャーチズならではの独創的かつ特別なアルバムが完成した。 アルバムタイトルの『Screen Violence』は、当初、バンド名の候補として挙がっていたものだという。10年後、このパンデミックのさなかで、『Screen Violence』(スクリーン上の暴力) という言葉は、これ以上ないほどに現実に当てはまっていた。人は自分の愛する人々ですら、テレビ番組のキャラクター以上に身近に感じるのが難しくなり、まったく別世界のようなトラウマに満ちた世界を経験することになった。そんななかでチャーチズは、この言葉を新しいアルバムのタイトルに決めた。 『Screen Violence』のテーマは大きく分けて3つの形――スクリーン上で (on screen)、複数のスクリーンによって (by screens)、複数のスクリーンを通して (through screens) ――で表現され、孤独、幻滅、怖れ、傷心や後悔といった感情が描き出されている。 『Screen Violence』の制作はバンドにとって、ともに過ごした10年を記念するものでもあった。 2013年のデビューアルバム『The Bones of What You Believe』、2015年の『Every Open Eye』、2018年リリースの前作『Love is Dead』を通して、自分たちのサウンドを作りあげ、確かなものにしてきた。

10 tracks
Dance/Electronica

グラスゴー出身のローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックによる人気エレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズが、4枚目のスタジオ・アルバム『Screen Violence』をリリース! 2021年4月に久々のニュー・シングル「He Said She Said」で高らかに本格始動を告げ、ファンを喜ばせたのに続き、ニュー・アルバムからの2ndシングル「How Not To Drown」では、チャーチズが “究極のヒーロー” と語るロバート・スミスが参加。言わずと知れたザ・キュアーのフロントマン、ロバート・スミスの特徴的な声と、ローレンの透明感ある歌声は不思議なほど完璧に溶け合い、溺れているときも意識を保つというコンセプトに沿ったダークなピアノの音色が楽曲を支えている。 ロサンゼルスとグラスゴーという遠く離れた場所で、ビデオ通話やオーディオ・シェアリング・プログラムを利用してレコーディングされたという本作は、ローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックの3人によるセルフプロデュース作であり、今回はミックスまで本人たちで行ったと言う。それによって、まさにチャーチズならではの独創的かつ特別なアルバムが完成した。 アルバムタイトルの『Screen Violence』は、当初、バンド名の候補として挙がっていたものだという。10年後、このパンデミックのさなかで、『Screen Violence』(スクリーン上の暴力) という言葉は、これ以上ないほどに現実に当てはまっていた。人は自分の愛する人々ですら、テレビ番組のキャラクター以上に身近に感じるのが難しくなり、まったく別世界のようなトラウマに満ちた世界を経験することになった。そんななかでチャーチズは、この言葉を新しいアルバムのタイトルに決めた。 『Screen Violence』のテーマは大きく分けて3つの形――スクリーン上で (on screen)、複数のスクリーンによって (by screens)、複数のスクリーンを通して (through screens) ――で表現され、孤独、幻滅、怖れ、傷心や後悔といった感情が描き出されている。 『Screen Violence』の制作はバンドにとって、ともに過ごした10年を記念するものでもあった。 2013年のデビューアルバム『The Bones of What You Believe』、2015年の『Every Open Eye』、2018年リリースの前作『Love is Dead』を通して、自分たちのサウンドを作りあげ、確かなものにしてきた。

10 tracks
Dance/Electronica

アルバム『Screen Violence』より先行シングル「Good Girls」。パワフルな歌声で女性蔑視について歌われた楽曲。 「憧れの対象を葬り去るのは面倒」という冒頭の歌詞は、友人たちがある問題のある男性アーティストを愛することに対するいまの社会で持つ意味合いについて議論しているのを聞いて書いたもの。みんなが自分のヒーローを弁解するためにどれだけのことをするのか、それが私自身の世界での経験とあまりにも対照的であることに衝撃を受けた。女性は常に自分の存在権を正当化し、自分の居場所を確保しなければならない。良い女の子に悪いことは起こらないと言われているし、自分を小さく、安全に、受け入れられるように世間の理想に合わせていれば大丈夫だと言われているけど、それはクソみたいな嘘。- ローレン・メイベリー

1 track
View More Discography Collapse

News

CHVRCHES超高音質試聴イベントの開催が決定

CHVRCHES超高音質試聴イベントの開催が決定

CHVRCHESが超待望の最新作『Screen Violence』のリリースを記念し、新曲や最新ライブ・パフォーマンスを超高音質の映画館で楽しめる一夜限りの試聴イベントの開催を発表した。 上映されるのは、話題のシングル"Good Girls""How N

チャーチズ4枚目のスタジオALとなる新作『Screen Violence』8/27にリリース

チャーチズ4枚目のスタジオALとなる新作『Screen Violence』8/27にリリース

人気エレクトロ・ポップ・バンドチャーチズが、4枚目のスタジオ・アルバムとなる新作『Screen Violence』を8月27日にリリースすることを発表した。 またニュー・アルバムからの2ndシングルとなる新曲「How Not To Drown」が新たに解

CHVRCHES、サマーソニックでのステージがYouTubeライブ配信決定

CHVRCHES、サマーソニックでのステージがYouTubeライブ配信決定

本日、サマーソニックのYouTubeライブ配信アーティストが発表され、サマーソニック東京のマウンテン・ステージに出演するCHVRCHES(チャーチズ) が含まれることが明らかになった。 CHVRCHESのステージは、8月18日(日)18:20〜の予定とな

CHVRCHES、『LOVE IS DEAD』に『HANSA SESSION EP』を全曲追加収録した新装盤のリリースを発表

CHVRCHES、『LOVE IS DEAD』に『HANSA SESSION EP』を全曲追加収録した新装盤のリリースを発表

グラスゴー出身のローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックによる人気バンド、CHVRCHES (チャーチズ) が、サマーソニック出演を目前に控えた8月2日 (金) に、新たな代表作として人気の『Love Is Dead』の新装盤CDをリ

チャーチズがベルリンの伝説的なスタジオ、ハンザ・スタジオでレコーディングしたEPを11月16日リリース

チャーチズがベルリンの伝説的なスタジオ、ハンザ・スタジオでレコーディングしたEPを11月16日リリース

チャーチズが、ベルリンの伝説的スタジオ、ハンザ・スタジオでレコーディングを行った『ハンザ・セッションEP』をデジタルで今週金曜日11月16日、限定の10インチを12月14日(金)にリリースする。 ハンザ・スタジオはポツダム広場のそばにあり、かつてはベルリ

チャーチズが最新作『ラヴ・イズ・デッド』から「Graffiti」のMVを公開!

チャーチズが最新作『ラヴ・イズ・デッド』から「Graffiti」のMVを公開!

チャーチズが最新作『ラヴ・イズ・デッド』のオープニング・トラック「Graffiti」のMVを公開した。 本作からの先行シングル「Get Out」を手がけたRare Hendersonが監督を務めたこのビデオは、幼い頃このまま続くと思っていた友情が大人にな

View More News Collapse
CHAI、マック・デマルコ、アヴァランチーズら〈フジロック〉出演アーティストのインタビュー、luteで配信

CHAI、マック・デマルコ、アヴァランチーズら〈フジロック〉出演アーティストのインタビュー、luteで配信

7月27日(金)から3日間にわたって新潟・湯沢の苗場スキー場で開催中の〈FUJI ROCK FESTIVAL '18〉(以下、フジロック)。そんな20周年を迎えた今回の〈フジロック〉に出演するアーティストのインタビュー映像が、分散型動画メディア『lute

〈フジロック〉に初出演するチャーチズ、ニュー・アルバムより「Miracle」のMV解禁

〈フジロック〉に初出演するチャーチズ、ニュー・アルバムより「Miracle」のMV解禁

チャーチズが、5月25日にリリースする新作『ラヴ・イズ・デッド』からのメイン・シングル「Miracle」のMVを公開した。 イギリスでエド・シーランの「Shape Of You」を手がけたスティーヴ・マックとともに制作されたこの楽曲。MV監督を務めたのは

ガンズ・アンド・ローゼズ、〈コーチェラ・フェス〉でアクセルとスラッシュが再会へ

ガンズ・アンド・ローゼズ、〈コーチェラ・フェス〉でアクセルとスラッシュが再会へ

コーチェラ・フェスティバル(Coachella Valley Music And Arts Festival)が2016年のラインナップを発表。 2015年から噂に上っていた、オリジナルラインナップに近い形によるガンズ・アンド・ローゼズの活動が本格的に動

グラスゴーのエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズが10月29日(木)にライヴの生配信を行うことが決定!

グラスゴーのエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズが10月29日(木)にライヴの生配信を行うことが決定!

セカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』をリリースしたばかりのチャーチズ。 ここ日本でも大ヒット中の最新作は彼らの地元スコットランドのチャートでは1位、 そして英チャートでは4位、全米チャートでも8位を獲得するなど変わらぬ人気を見せつけている。 そ

チャーチズ、本日リリースの新作を全曲試聴スタート!! ジャスティン・ビーバーの新曲カヴァーも披露

チャーチズ、本日リリースの新作を全曲試聴スタート!! ジャスティン・ビーバーの新曲カヴァーも披露

グラスゴー出身の3人組バンドエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズ。 いよいよ本日9月25日リリースとなったニュー・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』の全曲試聴をNPRにてスタートした。 「シンプルこそ最大の豊かさ」をテーマに、メロディとリズムとアレンジ

今週末、コーチェラ・フェスの無料中継開始 ! (日本時間タイムテーブル付き)

今週末、コーチェラ・フェスの無料中継開始 ! (日本時間タイムテーブル付き)

ここ数年、恒例になっているコーチェラ・フェスのYouTubeでの中継、今年も行われるようだが、2週間の週末に渡って行われる同フェス、無料中継は第1週のみの放映となるようだ。 北米最大級のフェス、なおかつ4月開催ともあって、北半球夏のフェス・シーズンに向

米最大規模の音楽フェス、コーチェラ、出演者発表!

米最大規模の音楽フェス、コーチェラ、出演者発表!

アメリカはカリフォルニアの砂漠地帯で開催されるロック・フェス、コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(通称コーチェラ)。今年はすでに4月11日から13日、そして4月18日から20日の2週の週末に渡って開催されることは決定して

Collapse

Articles

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

コラム

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

毎日毎日暑くてどうにかなってしまいそうですが、みんなが待ってた〈フジロック・フェスティバル'18〉の開催も目前に! このタイミングで今年もOTOTOY恒例のフジロック・ガイドをお届け。N.E.R.D、ケンドリック・ラマー、ボブ・ディランといった超豪華ヘッド…