album jacket
Add the Album to the Cart
TitleDurationPrice
1
Tom Traubert's Blues (Four Sheets To The Wind In Copenhagen)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:38 N/A
2
Step Right Up  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:43 N/A
3
Jitterbug Boy (Sharing A Curbstone With Chuck E. Weiss, Robert Marchese, Paul Body and The Mug and Artie)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:43 N/A
4
I Wish I Was In New Orleans (In The Ninth Ward)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:53 N/A
5
The Piano Has Been Drinking (Not Me) [An Evening With Pete King]  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:40 N/A
6
Invitation To The Blues  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:24 N/A
7
Pasties And A G-String (At The Two O'Clock Club)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:32 N/A
8
Bad Liver And A Broken Heart (In Lowell)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:49 N/A
9
The One That Got Away  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:07 N/A
10
Small Change (Got Rained On With His Own .38)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:07 N/A
11
I Can't Wait To Get Off Work (And See My Baby On Montgomery Avenue)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:17 N/A
Album Info

初のライヴ・レコーディング作品の後、 よりブルージーに、 そしてよりジャジーなサウンドを表現し、 彼にとって初の全米トップ100入りした作品となった、 1976年発表のアルバム 『SMALL CHANGE』 。 トム・ウェイツの初期作品の中でもマスターピースとして知られるこの 『SMALL CHANGE』 は1976年に発表された。 伝説的ジャズ・ドラマー、 シェリー・マンをフィーチャーし、 オーケストラと共にライヴ・レコーディングが行われた今作は、 トムの独特な世界観や天才的歌詞の世界観がクラシック・ジャズやティン・パン・アレー、 スティーヴン・フォスターといったフィルターを通して描かれている。 心に響く、 ヴィヴィッドな音像がたまらない 「Step Right Up」 や 「I Wish I Was in New Orleans」 、 「The Piano Has Been Drinking」 といった名曲、 そして彼の代表曲の一つでもある 「Tom Traubert's Blues」 が収録されている。 彼にとって初の全米Top 100入りを果たした作品(89位)であり、 以降のソングライターに大きな影響を与えた作品でもある。

Add the Album to INTEREST

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

View More Discography Collapse
Collapse