artist image

Kingo

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B

日英2言語を軽やかに操るバイリンガルであり、今年「FUJI ROCK FESTIVAL 2023」にもROOKIE A GO-GO枠にて出演を果たすなど今注目を浴びているラッパー・Kingoの記念すべき1st EP『Bandages』が完成した。 本作はKingoが2022年以降製作してきた楽曲たちを中心にコンパイルされた作品となっており、路上ライブでの注目や、初めて出会う音楽プロデューサーたちとの制作、フジロックへの出演など激動の日々を締め括る一作となっている。 タイトルの "Bandages"は英語で「絆創膏」。Kingoは「自分にとって"音楽を作ること"が心のヒーリングプロセス。今回のEPの楽曲たちの制作は、まさに自分自身の負ってきた「傷」に絆創膏を貼るような作業だった。」と語っており、M5『Always Around』を筆頭に、彼が自身の多様な経験を重ねた人生や、今日、アーティストとして重ねているキャリアに向き合って綴ってきた楽曲たちが収録されている。

5 tracks
HipHop/R&B

日英2言語を軽やかに操るバイリンガルであり、今年「FUJI ROCK FESTIVAL 2023」にもROOKIE A GO-GO枠にて出演を果たすなど今注目を浴びているラッパー・Kingoの記念すべき1st EP『Bandages』が完成した。 本作はKingoが2022年以降製作してきた楽曲たちを中心にコンパイルされた作品となっており、路上ライブでの注目や、初めて出会う音楽プロデューサーたちとの制作、フジロックへの出演など激動の日々を締め括る一作となっている。 タイトルの "Bandages"は英語で「絆創膏」。Kingoは「自分にとって"音楽を作ること"が心のヒーリングプロセス。今回のEPの楽曲たちの制作は、まさに自分自身の負ってきた「傷」に絆創膏を貼るような作業だった。」と語っており、M5『Always Around』を筆頭に、彼が自身の多様な経験を重ねた人生や、今日、アーティストとして重ねているキャリアに向き合って綴ってきた楽曲たちが収録されている。

5 tracks
HipHop/R&B

日英2言語を軽やかに操るバイリンガルラッパーであり、「FUJI ROCK FESTIVAL 2023」にも出演を果たしたKingoと、ジャズをルーツとしたプレイヤーたちの高い演奏力と、キャラクターの異なる2人の個性的なMCのラップが特徴的で、今年「SUMMER SONIC 2023(OSAKA)」にも出演を果たした関西拠点の7人組バンドBlack petrol、そしてR&Bやファンク、エレクトロニックなど、さまざまな音楽ジャンルを融合した音楽性が注目を集めるSSW・DinoJr.の3組が、コラボレーションシングル『Anthem』をリリース。 それぞれがバンドセットでヒップホップやファンク、ジャズなど即興性の高い音楽を表現している3組であり、その互いのパフォーマンスやルーツの共通性に惹かれあった3組は、2023年5月に3マン企画を下北沢SPREADにて開催。会場を埋め尽くすほどの大盛況を記録したほか、主催のうち2組は今年の大手音楽フェスへ出演するなど、音楽シーンにおいても注目の存在である。そんな彼らが主催するイベント名を冠したコラボ楽曲『Anthem』を制作。各MC、シンガー、サポートミュージシャン・バンドメンバーも全員参加し制作された本楽曲は、サンプル感のあるヒップホップビートでありながら、ゴスペル音楽の要素も感じられる多幸感に溢れた楽曲になっており、まさにシーンの「アンセム」となり得る一曲に仕上がっている。

1 track
HipHop/R&B

日英2言語を軽やかに操るバイリンガルラッパーであり、「FUJI ROCK FESTIVAL 2023」にも出演を果たしたKingoと、ジャズをルーツとしたプレイヤーたちの高い演奏力と、キャラクターの異なる2人の個性的なMCのラップが特徴的で、今年「SUMMER SONIC 2023(OSAKA)」にも出演を果たした関西拠点の7人組バンドBlack petrol、そしてR&Bやファンク、エレクトロニックなど、さまざまな音楽ジャンルを融合した音楽性が注目を集めるSSW・DinoJr.の3組が、コラボレーションシングル『Anthem』をリリース。 それぞれがバンドセットでヒップホップやファンク、ジャズなど即興性の高い音楽を表現している3組であり、その互いのパフォーマンスやルーツの共通性に惹かれあった3組は、2023年5月に3マン企画を下北沢SPREADにて開催。会場を埋め尽くすほどの大盛況を記録したほか、主催のうち2組は今年の大手音楽フェスへ出演するなど、音楽シーンにおいても注目の存在である。そんな彼らが主催するイベント名を冠したコラボ楽曲『Anthem』を制作。各MC、シンガー、サポートミュージシャン・バンドメンバーも全員参加し制作された本楽曲は、サンプル感のあるヒップホップビートでありながら、ゴスペル音楽の要素も感じられる多幸感に溢れた楽曲になっており、まさにシーンの「アンセム」となり得る一曲に仕上がっている。

1 track
HipHop/R&B

日英2言語を軽やかに操るバイリンガルラッパーであり、若手アーティストの登竜門であるオーディションを勝ち抜き、先日「FUJI ROCK FESTIVAL 2023」にも初出演を果たした「Kingo」と、R&Bやファンク、エレクトロニックなど、さまざまな音楽ジャンルを融合したミクスチャーな音楽性が注目を集めるシンガーソングライター「DinoJr.」が、ダブルネームシングル『Don’t Mean Much』をリリース。 東京のライブハウスでの共演をきっかけに親交を深めてきた2名が作り上げた本楽曲は、ジャケットが表現するように都会の街並みをイメージした、色鮮やかな個性を放つ一曲となっている。 ハウスミュージックのヴァイブを感じさせるスムースなビートに、英詞を中心とした聴き心地軽やかなKingoのラップと、DinoJr.のソウルフルな歌声が掛け合うように響く。クラブライクな4つ打ちトラックかと思いきや、楽曲後半につれてブラスやシンセサイザー、多重に重ねられたコーラスワークなどのサウンドがクライマックスを盛り上げる、クラブシーン・バンドシーン両軸で活動する両者だからこそ表現できるオリジナルナンバーである。

1 track
HipHop/R&B

日英2言語を軽やかに操るバイリンガルラッパーであり、若手アーティストの登竜門であるオーディションを勝ち抜き、先日「FUJI ROCK FESTIVAL 2023」にも初出演を果たした「Kingo」と、R&Bやファンク、エレクトロニックなど、さまざまな音楽ジャンルを融合したミクスチャーな音楽性が注目を集めるシンガーソングライター「DinoJr.」が、ダブルネームシングル『Don’t Mean Much』をリリース。 東京のライブハウスでの共演をきっかけに親交を深めてきた2名が作り上げた本楽曲は、ジャケットが表現するように都会の街並みをイメージした、色鮮やかな個性を放つ一曲となっている。 ハウスミュージックのヴァイブを感じさせるスムースなビートに、英詞を中心とした聴き心地軽やかなKingoのラップと、DinoJr.のソウルフルな歌声が掛け合うように響く。クラブライクな4つ打ちトラックかと思いきや、楽曲後半につれてブラスやシンセサイザー、多重に重ねられたコーラスワークなどのサウンドがクライマックスを盛り上げる、クラブシーン・バンドシーン両軸で活動する両者だからこそ表現できるオリジナルナンバーである。

1 track
HipHop/R&B

2023年初頭にシングル「Always Around」をリリース後、各種配信サービスの著名なプレイリストへの選曲や都内を中心とした様々なイベントへのオファーが絶えないKingoの最新曲「T-Y-O」。そのタイトルの通り「東京」という街を一人のラッパー/アーティストとして生き抜いていくことについて綴られた歌詞となっており、より具体的には彼自身が現在も定期的に開催し、また現在の彼のアーティストとしてのスタンスを育んだとも言える「路上ライブ」についてをテーマに歌った一曲となっている。トラックは盟友であるFumi*2-Jがプロデュース。骨太なシンセベースとシンボリックなトークボックスの音色が絡み合う、まさにタイトル通りの都会的でクールなトラックでありながら、後半にかけて情熱的なギターフレーズも加わり、まさにアーティストとしての内なる闘志を燃やしているさまがトラックとして表現された一曲となっている。

1 track
HipHop/R&B

新進気鋭のバイリンガルラッパー”Kingo” A.G.Oプロデュースの新曲 「Always Around」配信リリース

1 track
HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

1 track

ジャズの複雑な味わいにヒップホップのグルーヴを掛け合わせ、さらに大編成にしかできない熱量でオーディエンスを「歌って踊らす」ビッグバンドというコンセプトを掲げ、東京を拠点に活動するオーケストラ「Jiggy Beats Jazz Orchestra」。2018年に結成された前身バンドを経て、ビッグバンドジャズに造詣が深い個性あるメンバーが集まったホーンセクション、様々なジャンルで個々が活躍するリズムセクションに、切なくもパワフルな歌声で魅了するヴォーカルAyamiからなる現在のラインナップを形成する。独自のサウンドを追求しつつも他のアーティストと交わり新しい世界を生み出すことを重要視し、様々なライブ・楽曲を制作している。 そんな彼らによる新曲「歩道橋」は彼らの活動拠点である渋谷の歩道橋からの景色にインスパイアされた、「実らなかった都会での恋」について歌った一曲。往年のCity Popにリスペクトを込めた歌と、丁寧なラップが交互に展開していく構成となっています。Bigband × Rapが合わさった時に相乗効果となる様々な仕掛けを組み込み、繰り返し聞いても楽しめる曲となっている。 ラッパーとして2023年にFUJIROCK FESTIVALへの出演も話題となったKingoが参加。かねてよりJiggy Beats Jazz Orchestraとの活動を行っていたKingoだからこそ、ビッグバンドとの親和性の高いライミングを繰り出し、心地よいグルーブを生み出している。

1 track

ジャズの複雑な味わいにヒップホップのグルーヴを掛け合わせ、さらに大編成にしかできない熱量でオーディエンスを「歌って踊らす」ビッグバンドというコンセプトを掲げ、東京を拠点に活動するオーケストラ「Jiggy Beats Jazz Orchestra」。2018年に結成された前身バンドを経て、ビッグバンドジャズに造詣が深い個性あるメンバーが集まったホーンセクション、様々なジャンルで個々が活躍するリズムセクションに、切なくもパワフルな歌声で魅了するヴォーカルAyamiからなる現在のラインナップを形成する。独自のサウンドを追求しつつも他のアーティストと交わり新しい世界を生み出すことを重要視し、様々なライブ・楽曲を制作している。 そんな彼らによる新曲「歩道橋」は彼らの活動拠点である渋谷の歩道橋からの景色にインスパイアされた、「実らなかった都会での恋」について歌った一曲。往年のCity Popにリスペクトを込めた歌と、丁寧なラップが交互に展開していく構成となっています。Bigband × Rapが合わさった時に相乗効果となる様々な仕掛けを組み込み、繰り返し聞いても楽しめる曲となっている。 ラッパーとして2023年にFUJIROCK FESTIVALへの出演も話題となったKingoが参加。かねてよりJiggy Beats Jazz Orchestraとの活動を行っていたKingoだからこそ、ビッグバンドとの親和性の高いライミングを繰り出し、心地よいグルーブを生み出している。

1 track
Dance/Electronica

さらさやWez Atlasなどを手掛ける、注目度の高いプロデューサー、Kota Matsukawaのダンスミュージックプロジェクト = voquote(ヴォコート)が1st EP 「BREAK POINT」のRemix版をリリースする。「BREAK POINT」はKota Matsukawa名義で制作に携わってきた、次世代の注目のアーティストをフィーチャリングに迎えた意欲作であり、大型プレイリストでの展開に加え、Spotifyでは「Soul Music Japan」のカバーに選出されるなど、大きな反響を呼んだ。本リミックスでは、voquote本人に加え、レーベルメイトのSakepnkと01sailをリミキサーに迎えたことで、よりバリエーションの豊かな作品に仕上がっている。オリジナルトラックとの聴き比べが楽しい、まさに必聴のEP。

6 tracks
Dance/Electronica

さらさやWez Atlasなどを手掛ける、注目度の高いプロデューサー、Kota Matsukawaのダンスミュージックプロジェクト = voquote(ヴォコート)が1st EP 「BREAK POINT」のRemix版をリリースする。「BREAK POINT」はKota Matsukawa名義で制作に携わってきた、次世代の注目のアーティストをフィーチャリングに迎えた意欲作であり、大型プレイリストでの展開に加え、Spotifyでは「Soul Music Japan」のカバーに選出されるなど、大きな反響を呼んだ。本リミックスでは、voquote本人に加え、レーベルメイトのSakepnkと01sailをリミキサーに迎えたことで、よりバリエーションの豊かな作品に仕上がっている。オリジナルトラックとの聴き比べが楽しい、まさに必聴のEP。

6 tracks
Dance/Electronica

Remixed by voquote Lyrics : Sagiri Sól,Kingo Compose : Kota Matsukawa,Sagiri Sól,Kingo Produce : Kota Matsukawa Mix Engineer : Kota Matsukawa,Reo Anzai Mastering Engineer : Kota Matsukawa Artwork : Jamie Michiki

1 track
Dance/Electronica

Remixed by voquote Lyrics : Sagiri Sól,Kingo Compose : Kota Matsukawa,Sagiri Sól,Kingo Produce : Kota Matsukawa Mix Engineer : Kota Matsukawa,Reo Anzai Mastering Engineer : Kota Matsukawa Artwork : Jamie Michiki

1 track
Dance/Electronica

クリエイティブレーベル兼コレクティブのw.a.uから様々なアーティストのプロデュースや、自身が立ち上げたクリエイティブレーベル/コレクティブw.a.uの活動などで注目を集めるKota Matsukawaのダンスミュージックプロジェクトvoquote(ヴォコート)の1st EP『BREAK POINT』。 今作はKota Matsukawaとしてプロデュースで関わってきた次世代の注目のアーティストをフィーチャリングに迎え、ダンスミュージックに様々なアプローチをした楽曲が揃っている。リード曲として、コラボ曲BOLDのリリースが記憶に新しいVivaOla、今年2月に話題を呼んだ1st アルバム『You Were Wrong』をリリースしたw.a.u所属のreinaがフィーチャリングされた「U THINK」が新たに加わり今までにリリースされたシングルを含め全5曲を収録。

5 tracks
Dance/Electronica

クリエイティブレーベル兼コレクティブのw.a.uから様々なアーティストのプロデュースや、自身が立ち上げたクリエイティブレーベル/コレクティブw.a.uの活動などで注目を集めるKota Matsukawaのダンスミュージックプロジェクトvoquote(ヴォコート)の1st EP『BREAK POINT』。 今作はKota Matsukawaとしてプロデュースで関わってきた次世代の注目のアーティストをフィーチャリングに迎え、ダンスミュージックに様々なアプローチをした楽曲が揃っている。リード曲として、コラボ曲BOLDのリリースが記憶に新しいVivaOla、今年2月に話題を呼んだ1st アルバム『You Were Wrong』をリリースしたw.a.u所属のreinaがフィーチャリングされた「U THINK」が新たに加わり今までにリリースされたシングルを含め全5曲を収録。

5 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

〈SYNCHRONICITY’24〉TT更新 toconoma、ExWHYZ、YONA YONA WEEKENDERS、新東京ら12組がVoicyコラボステージでトークセッション

〈SYNCHRONICITY’24〉TT更新 toconoma、ExWHYZ、YONA YONA WEEKENDERS、新東京ら12組がVoicyコラボステージでトークセッション

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉のタイムテーブルが更新となった。 今回の発表で、LOFT9 Shibuyaでの音声プラットフォーム「Voicy」とのコラボレーショント

〈SYNCHRONICITY’24〉特別企画の出演順、タイムテーブル発表

〈SYNCHRONICITY’24〉特別企画の出演順、タイムテーブル発表

2024年4月6日(土)、7(日)にLINE CUBE SHIBUYAにて行われる〈SYNCHRONICITY’24〉の特別企画〈SYNCHRONICITY'24 Wonder Vision supported by ライブナタリー〉。 その出演順、タイ

〈SYNCHRONICITY’24〉TT発表 最終追加アーティストで、いつか(Charisma.com) × RINNEEE、#KTちゃん決定

〈SYNCHRONICITY’24〉TT発表 最終追加アーティストで、いつか(Charisma.com) × RINNEEE、#KTちゃん決定

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉のタイムテーブル、及び、最終追加、オーディション最終選考アーティストが発表となった。 発表となったタイムテーブルから、4月13日(土)

〈SYNCHRONICITY’24〉最終でtricot、CVLTE、ART-SCHOOL、No Buses、world's end girlfriend、春ねむり、パジャマで海なんかいかない、She Her Her Hersら26組

〈SYNCHRONICITY’24〉最終でtricot、CVLTE、ART-SCHOOL、No Buses、world's end girlfriend、春ねむり、パジャマで海なんかいかない、She Her Her Hersら26組

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その最終ラインナップが発表となった。 今回発表となったのは、tricot、CVLTE、ART-SCHOOL、No Buses、ya

〈SYNCHRONICITY’24〉第7弾で、a子、グソクムズ、eastern youth、神聖かまってちゃん、リーガルリリー、ドミコ、Name the Night等14組

〈SYNCHRONICITY’24〉第7弾で、a子、グソクムズ、eastern youth、神聖かまってちゃん、リーガルリリー、ドミコ、Name the Night等14組

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第7弾アーティストが発表となった。 発表となったのは、eastern youth、神聖かまってちゃん、リーガルリリー、ドミコ、

〈SYNCHRONICITY’24〉第6弾で(sic)boy、水曜日のカンパネラ、chelmico、ODD Foot Works、Skaai、呂布カルマ、DÉ DÉ MOUSE、PAS TASTA (DJ SET) 、tonunら16組

〈SYNCHRONICITY’24〉第6弾で(sic)boy、水曜日のカンパネラ、chelmico、ODD Foot Works、Skaai、呂布カルマ、DÉ DÉ MOUSE、PAS TASTA (DJ SET) 、tonunら16組

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第6弾アーティストが発表となった。 発表となったのは、(sic)boy、水曜日のカンパネラ、chelmico、ODD Foot

View More News Collapse
〈SYNCHRONICITY’24〉第5弾でCENT、ExWHYZ 、KIRINJI、Elephant Gym、荒谷翔大、新東京、Omoinotake等12組発表

〈SYNCHRONICITY’24〉第5弾でCENT、ExWHYZ 、KIRINJI、Elephant Gym、荒谷翔大、新東京、Omoinotake等12組発表

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第5弾アーティストが発表となった。 発表となったのは、KIRINJI、Elephant Gym (Taiwan)、Omoino

〈SYNCHRONICITY’24〉第4弾で、toe、the band apart、envy、downy、THE NOVEMBERS、明日の叙景、Laura day romance、GriffOら12組発表

〈SYNCHRONICITY’24〉第4弾で、toe、the band apart、envy、downy、THE NOVEMBERS、明日の叙景、Laura day romance、GriffOら12組発表

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第4弾ラインナップ発表、及び出演アーティストの日割りが発表となった。 発表となったのは、toe、the band apart、

Collapse