artist image

SHIFT

SHIFT / シフト

山形県を中心に『笑顔が世界を平和にする』をモットーに活動している、無意味な殺生が大嫌いな4人組アヴァンギャルド・ダンサンブルオーケストラ・SHIFT。

とにかく親しみやすくひらすらハッピー で、メッセージ性の強い音楽を奏でている。ライブではステージを縦横無尽、自由奔放に駆け回るためフロント3人のコードは常に絡まっている。

2006年に行われたXBXRX(U.S.A)との日本ツアーでは各所でその日のベストアクトにあげる人が多数。最終日の下北沢シェルターでは見にきていた、ジム・オルーク、HER SPACE HOLIDAYらから絶賛される。更に12月にはXBXRXとのアメリカツアー、そしてINNER EAR STUDIOでDon ZientaraプロデュースというDischord環境でのニューアルバムのレコーディング。

2007年3月27日に『SHIFT/SHIFT』をリリース。アートワークを含め絶賛される。

とにかく動き回る彼らが日本全国を笑顔で満たすことは間違いないだろう!地方発信のD.I.Y精神継承者達に今後も目が離せない。

Official site: http://shift.xxv.jp/

Discography

TURQUOISE・OCEAN(ターコイズ・オーシャン)をお送りいたします。 日本の2022年7月は記録的な暑さ。 いやー暑い、ほんと暑いですね! 当然夏といえば「海」でしょう。 バンドメンバーに海の近くに住んでいた羨ましい者がいましたが、 内陸の出身のメンバーはドライブで海に出会う時の開放感を、それはもう感じていました。 そんな時の曲です。 よく、海外のブルーの美しい吸い込まれる海を想像されますが 僕らの海は、砂の白と水色・緑が混ぜ合わさった青緑色(Turquoise)の宝石のような 海岸線の方が印象が強いんです。 行ってみたい海外の美しい海!という感じでしょうか そんなイメージを曲にしてみました。 よかったらどうぞお聴きください。
1 track
TURQUOISE・OCEAN(ターコイズ・オーシャン)をお送りいたします。 日本の2022年7月は記録的な暑さ。 いやー暑い、ほんと暑いですね! 当然夏といえば「海」でしょう。 バンドメンバーに海の近くに住んでいた羨ましい者がいましたが、 内陸の出身のメンバーはドライブで海に出会う時の開放感を、それはもう感じていました。 そんな時の曲です。 よく、海外のブルーの美しい吸い込まれる海を想像されますが 僕らの海は、砂の白と水色・緑が混ぜ合わさった青緑色(Turquoise)の宝石のような 海岸線の方が印象が強いんです。 行ってみたい海外の美しい海!という感じでしょうか そんなイメージを曲にしてみました。 よかったらどうぞお聴きください。
1 track
バンド結成後、メンバーに初めて認められた曲。 ラテンの匂いを纏いつつdriveabilityなサウンドでドライブに最適SOUNDをお贈りします。
1 track
バンド結成後、メンバーに初めて認められた曲。 ラテンの匂いを纏いつつdriveabilityなサウンドでドライブに最適SOUNDをお贈りします。
1 track
10 tracks
山形のアイコンと言っても過言ではない彼ら。ミックスにJAY PELLICCI (31KNOTS)を迎えた、渾身のファースト・アルバム。躍動するD.I.Y精神継承型アヴァンギャルド・ダンサンブル・オーケストラ!
7 tracks
V.A.
9 tracks

Related labels

Articles

LOCAL REPORT『DO IT@YAMAGATA』VOL.3

コラム

LOCAL REPORT『DO IT@YAMAGATA』VOL.3

山形から船山です。そして今度もまたもやまさかの番外編です。色々考えたんですが自分という人間をちゃんと知ってもらったほうが、僕を知らない人もつい先日出会ったばかりの人も結構知ってるって人にも、僕という人間にリアリティーがでると思うからもうちょい書きます。オ…

LOCAL REPORT 『DO IT@YAMAGATA』VOL.2

コラム

LOCAL REPORT 『DO IT@YAMAGATA』VOL.2

こんにちは2回目の船山です。前回の続きを書こうかなぁと思うんですが、ちょっと前回の補足から。僕は1980年に山形県は最高な長井市に生まれまして、高校卒業までと20代半ば付近を最高な長井市で過ごして、今は結婚して米沢に移ったよってことを書いてなくて、何処が…

大特集:ニュー・オルタナティブ・ミュージックの未来

レヴュー

大特集:ニュー・オルタナティブ・ミュージックの未来

PUNKやHARDCORE、HIP HOP、NEW WAVE、NO WAVE、POST ROCK、EMO等の流れをしっかり汲み取り、自分達のオリジナルとして再生させる。そんなオルタナティブなアーティスト達のサウンドが成熟を迎え、素晴らしいアルバムと共に次々…