artist image

THE MACKSHOW

Rock

Discography

Rock
ニッポン・ロックンロールの金字塔、昭和77年(2002年)の結成から20周年を迎えるザ・マックショウの軌跡~激動の40曲スーパー・ベスト。前編後編各20曲2枚組・完全永久青春保存盤。グリースとガソリンの匂い、泣きのメロディ、興奮のロックンロール・ビート。派手にやれ、マックショウ!
40 tracks
Rock
激動の時代を生き抜く“不滅のロックンロール”ここにあり! ザ・マックショウ待望の新曲&最新ライヴ・ベスト+未発表試作テイクをサービス収録。昭和96年度版、永久未成年応援週末ソング集!
15 tracks
Rock
ヒビヤ・ロックンロール伝説再び!昭和91年(2016年)10月16日 満月に開催された二度目となる野音でのライヴ 「今夜はショウダウン イン ヒビヤ」狂熱のベスト・マック・ソング27曲を余すところなく実況生録音、その息づかいから空気まで全てを収録。号泣必至の2枚組・永久青春保存盤! DVDで収録できなかった曲も全て収録された完全盤としてリリース!
27 tracks
Rock
永久未成年マックショウ、オリジナル・フルアルバム 『GET DOWN THE MACKSHOW』が遂に完成! ホットなビートとスウィートなグッド・メロディ! 昭和九十三年、フルスロットルで走り続けるロックン・アイドル、マックショウ! 全ロックンロール・ファン待望の2年振り最新オリジナル作品!!!!!
14 tracks
Rock
昭和九十一年十月十六日(2016/10/16)、二度目となる日比谷野外音楽堂でのライヴが決定! これを記念し、新作ミニアルバムと選りすぐりの絶叫ベスト・ライヴ音源を収録した2枚組アルバム緊急発売!
25 tracks
Rock
世界をトゥイストさせるニッポン代表、マックショウ!昭和九十年、オリジナル最新アルバム発売決定!!前作のスリーホットミニッツと同様、映像付CDのスペシャル・エディション盤とCDのみの通常盤仕様で登場!KOZZYのソロ作品、ツアーも大好評の中、休む間もなく、今年6月、新作の制作にとりかかると同時に新たな刺激を求め急遽渡米したマックたち。ロサンゼルス〜サンディエゴと数か所でライヴを敢行。キメキメの逆輸入、純国産ロックンロールを見せつけ地元のヤンキーを圧倒しうならせる!本場で得た新たな刺激を作品にぶつけ生まれた新作は、世界基準のハイパー・トゥイスティン・サウンドへと導く。誰もがぐっとくる、口ずさみたくなるシンガロングスタイルも健在。進化し続けるマックショウの世界。エモーショナルなREAL DEAL ROCK AND ROLL!!いよいよ世界へ!
12 tracks
Rock
3人組バンド、THE MACKSHOWのオリジナル・アルバム。夢を追い続ける彼らがクールにキメる入魂の米国録音盤。全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録音。誰もが口ずさみたくなるシンガロング・ロックンロール。世界基準のトゥイスティン・エモーショナル・サウンドが詰まった1枚。
13 tracks
Rock
3人組バンド、THE MACKSHOWのオリジナル・アルバム。夢を追い続ける彼らがクールにキメる入魂の米国録音盤。全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録音。誰もが口ずさみたくなるシンガロング・ロックンロール。世界基準のトゥイスティン・エモーショナル・サウンドが詰まった1枚。
13 tracks
Rock
聖なる夜をブっ飛ばす、まさにホーリー・マカレル(え?マジかよ!)なロックンロール・クリスマス・スペシャル・アルバム!
14 tracks
Rock
いよいよ新章突入!昭和八十八年八月二十八日、マックショウの夏。 俺たちの季節!全ての永久未成年に捧ぐ、マックショウ二重の末広がり豪速球最新アルバム!
14 tracks
Rock
昨年発売され、復活第一弾にして最高傑作と名高い『Here Comes The Rocka Rolla』を更に進化し発展させた新型ロカ・ローラ!ニッポンもロックンロールも、ゼロからの再スタート。その名も『Rocka Rolla Zero』新登場!! 震災直後から勢力的に支援活動に奔走しながら、数々の支援イベント~ライブを行ってきたマックショウ。被災した仲間やファンも多い中「最後までつきあうぜ」と声高に宣言。復興を目指し、ゼロからスタートさせる。ロックン・アニキ系アイドル、マックショウが放つオリジナル・フル・ゼロ・アルバム!
14 tracks
Rock
THE COLTSの岩川浩二、TOMMY神田を中心に2002年に結成した。ストレートなロックナンバーを演奏する正当派R&Rバンドである。ファーストアルバムであるこの「BEAT THE MACKSHOW」を2003年リリースした。2008年4月13日に一度活動休止するものの、のちに活動再開し現在精力的に活動中。
14 tracks
Rock
V.A.
世界の芸術の音 ビーエイディ・レコードザ・マックショウ、ザ・コルツ、KOZZY IWAKAWA等、自社スタジオ”ROCKSVILLE STUDIO ONE" を根城に世界基準の音源をリリースし続けている"B.A.D RECORDS UNITED"が放つ、初のレーベル・コンピレーション!モノラル・ルーツロックから曲者ダンス・チューンまで、最新音源〜未発表・レア音源を一気にコンパイルしたゴキゲン豪華なPARTY ALBUM!ザ・マックショウ、ザ・コルツ、KOZZY IWAKAWAは書き下ろし新曲を含む最新バージョンで参加。炎のピアノマン・伊東ミキオの名調子「懲りない男」のB.A.D最新モノラルセッションや、 KOZZYによる超絶時代錯誤テーマ曲 McKinley Mitchellの「Rock, Everybody, Rock」そして必殺のスロージャイブ JIVE BOMBERSの「BAD BOY」(名作日本語詩はィ横山剣@COOLS R.C!)に加え、生きるロックン・レジェンド、ジェームス藤木氏が飛び入り参加のライブバージョン「のっぽのサリー」も初音源化!
13 tracks

News

ザ・マックショウ、最新配信シングル「カワサキ・シェイク」発売

ザ・マックショウ、最新配信シングル「カワサキ・シェイク」発売

結成20 周年を迎えたザ・マックショウが、2022年10月1日東京・浅草花劇場を皮切りに全国ツアー〈不滅のロックンロール〉第2弾をスタートさせた。 ツアー初日の浅草公演は、満員御礼のソールドアウトとなり、2時間越えのフルスロットルなステージで大いに盛り上

ザ・マックショウ、ツアー’97 〈不滅のロックンロール〉第2弾決定

ザ・マックショウ、ツアー’97 〈不滅のロックンロール〉第2弾決定

ザ・マックショウ結成20 周年、昭和97年ロックンロール・プレミアム・イヤー、10月1日(土) 東京・浅草花劇場よりスタートする全国ツアー〈不滅のロックンロール〉第2弾が発表された。 4月頭より始まった第一弾ツアーも各地でソールドアウト続出し大盛況。 グ

“R.A.M vs L.U.V” 真夏のロックンロールショー 全国ツアースタート

“R.A.M vs L.U.V” 真夏のロックンロールショー 全国ツアースタート

KOZZY IWAKAWAとAKIRA with THE ROCKSVILLEによる全国ツアー〈R.A.M vs L.U.V INDIAN SUMMER PARTY〉が7月18日(月祝) からスタートする。 このツアーは、ラヴェンダーズのボーカルAKIR

【結成20周年】ザ・マックショウ、全40曲ベスト・アルバム『SUPER BEST MACKS S.77-S.97』発売

【結成20周年】ザ・マックショウ、全40曲ベスト・アルバム『SUPER BEST MACKS S.77-S.97』発売

昭和77年(2002年)の結成から20周年を迎えるザ・マックショウの軌跡~激動の20年を網羅したスーパー・ベスト・アルバム『SUPER BEST MACKS S.77-S.97』が2022年6月1日にリリースされた。 昭和97年(2022年)、結成20周

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第91回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第91回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 連休もすっかり明けたものの若干の休みボケを引きずりつつ、今週も頑張っていきましょう! 前回のザ・マックショウに引き続き、THE COLTS

ザ・マックショウ、ファンの想いを受け止めた “不滅のロックンロール” ーOTOTOYライヴレポ

ザ・マックショウ、ファンの想いを受け止めた “不滅のロックンロール” ーOTOTOYライヴレポ

昭和九十七年(2022年)4月29日東京キネマ俱楽部にて、ザ・マックショウのワンマンライヴ〈マックス・アライヴ・コンサートツアー「不滅のロックンロール」〉が行われた。 コロナ禍では多くのバンド同様、ライヴ活動休止を余儀なくされていたザ・マックショウだが、

View More News Collapse
【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第90回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第90回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! ゴールデンウィーク真っ只中、みどりの日!いかがお過ごしですか? 記念すべき20周年を迎え、6/1にはベストアルバムもリリース!お祭り騒ぎの

ザ・マックショウ、昭和の日ライヴ生配信&ベスト盤発売決定

ザ・マックショウ、昭和の日ライヴ生配信&ベスト盤発売決定

昭和九十七年四月二十九日、昭和の日。 ザ・マックショウ、マックス・アライヴ・コンサートツアー「不滅のロックンロール」生配信ライヴ決定。 今年結成20周年を迎え、4月頭より始まったツアーも各地でソールドアウトが続出し盛り上がりをみせているザ・マックショウ。

ザ・マックショウ、待望のコンサートツアー〈不滅のロックンロール〉開催

ザ・マックショウ、待望のコンサートツアー〈不滅のロックンロール〉開催

昭和九十七年、ザ・マックショウのコンサートツアーが開催されることが決定した。 コロナ禍において、Xmasオンライン・ディナーショーを行うなど、独自のロックンロールスピリットで時代に寄り添ってきたザ・マックショウが、いよいよライヴシーン最前線に戻ってくる。

KOZZY IWAKAWA、完全生産限定7インチ盤発売&配信ライヴ開催

KOZZY IWAKAWA、完全生産限定7インチ盤発売&配信ライヴ開催

2022年2月2日に発売された、ルーツ音楽世界旅行案内人KOZZY IWAKAWA (ザ・マックショウ、ザ・コルツ)による話題沸騰のCD2枚組ロッキン・タイムマシン・ベストカバーアルバム『R.A.M』。 その収録曲からの7インチシングルカット・完全生産限

KOZZY IWAKAWA、完全生産限定盤7インチ『TIGER FEET / LOOKIN' OUT MY BACK DOOR』3/14発売

KOZZY IWAKAWA、完全生産限定盤7インチ『TIGER FEET / LOOKIN' OUT MY BACK DOOR』3/14発売

KOZZY IWAKAWA (ザ・マックショウ、ザ・コルツ)が、完全生産限定盤7インチ・シングル『TIGER FEET / LOOKIN' OUT MY BACK DOOR』を2022年3月14日にリリースする。 このレコードは、2曲共にKOZZY IW

AKIRA『L.U.V』、KOZZY IWAKAWA『R.A.M』の魅力が凝縮された下北沢発の “音楽世界旅行” -OTOTOYライヴレポ

AKIRA『L.U.V』、KOZZY IWAKAWA『R.A.M』の魅力が凝縮された下北沢発の “音楽世界旅行” -OTOTOYライヴレポ

下北沢発、“音楽世界旅行”。とにかく、ただただひたすら、楽しい最高の夜だった。 2022年2月12日(土)下北沢CLUB QUEにて行われた〈Rockin’ Valentine’s Party “L.U.V vs R.A.M”〉。AKIRA、KOZZY

KOZZY IWAKAWA、37曲2枚組カバー集『R.A.M』2/2発売

KOZZY IWAKAWA、37曲2枚組カバー集『R.A.M』2/2発売

KOZZY IWAKAWA が、37曲2枚組のカバーベストアルバム『R.A.M』を、本日2月2日(水)に発売した。 このアルバムは、ザ・マックショウ、ザ・コルツを率いるロックンロール求道者、KOZZY IWAKAWAが“音楽世界旅行”と称して、自身の音楽

ザ・マックショウ、Xmasオンライン・ディナーショー開催

ザ・マックショウ、Xmasオンライン・ディナーショー開催

毎年恒例、マックショウがお届けするクリスマスライヴが、2021年12月24日(金) に〈THE MACKSHOW CHRISTMAS SPECIAL ONLINE SHOW ’96〉と題してオンライン開催される。 当日は東京・南青山Mandalaから生中

AKIRA with THE ROCKSVILLE、 1アルバム『L.U.V』12/9リリース

AKIRA with THE ROCKSVILLE、 1アルバム『L.U.V』12/9リリース

OTOTOYニュースの連載コラムでもおなじみ、ラヴェンダーズのボーカリストAKIRAが、ソロ・プロジェクトAKIRA with THE ROCKSVILLEとして、1st アルバム+クリスマスソング集の2枚組アルバム『L.U.V』を2021年12月9日(

ザ・マックショウの コージー&トミーによる生配信ライヴ〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉第5弾11/21(日)開催

ザ・マックショウの コージー&トミーによる生配信ライヴ〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉第5弾11/21(日)開催

ヴィンテージ機材満載のタイムマシーン秘密発着基地から送る、ロックンロール・スタジオライヴ生放送〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉第5弾。 コージー&トミーのマック兄弟が全ての永久未成年に贈る「秋のマック・ソング祭り」~電撃生リクエスト大会が

KOZZY IWAKAWA生配信ライヴ第4弾 “ハロウイン・スペシャル”10/31開催

KOZZY IWAKAWA生配信ライヴ第4弾 “ハロウイン・スペシャル”10/31開催

日本ロックンロール界の至宝KOZZY IWAKAWA (ザ・マックショウ、ザ・コルツ)がヴィンテージ機材満載のタイムマシーン秘密発着基地から送る、ロックンロール・スタジオライブ生放送〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉第4弾 “ハロウイン・ス

コージー・マック無観客生配信ライヴ後編9/26(日)開催決定

コージー・マック無観客生配信ライヴ後編9/26(日)開催決定

ザ・マックショウのコージーマック (Vo.Gt)による“ROCKSVILLE STUDIO LIVE” 第3弾無観客生配信ライヴが2021年9月26日(日)に開催されることが決定した。 このライヴは、前編として9月5日に開催され好評だった配信ライヴの 後

コージー・マック、9/5(日)無観客生配信ライヴ開催決定

コージー・マック、9/5(日)無観客生配信ライヴ開催決定

ザ・マックショウのコージーマック (Vo.Gt)による無観客生配信ライヴが9月5日(日)に開催されることが決定した。 この配信ライヴは、KOZZY IWAKAWAがオーガナイズする秘密のロックンロール発信基地「ROCKSVILLE STUDIO ONE」

KOZZY IWAKAWA による配信ライヴ〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉スタート 第1弾ゲストに高木克

KOZZY IWAKAWA による配信ライヴ〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉スタート 第1弾ゲストに高木克

KOZZY IWAKAWAによる配信ライヴ〈ROCKSVILLE STUDIO LIVE〉がスタートする。 ザ・マックショウ、ザ・コルツを率い、日本のロックンロールを牽引するKOZZY IWAKAWAがオーガナイズする秘密のロックンロール発信基地「ROC

伝説のロックンロール・ペインター、マシンガン・ケリー 3年ぶり個展「M.Kelly and His Friends」開催

伝説のロックンロール・ペインター、マシンガン・ケリー 3年ぶり個展「M.Kelly and His Friends」開催

伝説のロックンロール・ペインター、マシンガン・ケリーが3年ぶりとなる個展「M.Kelly and His Friends」を開催する。 マシンガン・ケリーは、THE MACKSHOWのジャケット・イラストなどを手掛ける等、ロックンローラーにはおなじみの存

ザ・マックショウ待望の新作『MACKS ALIVE-Strange Weekend-』リリース

ザ・マックショウ待望の新作『MACKS ALIVE-Strange Weekend-』リリース

激動の時代を生き抜く “不滅のロックンロール” ここにあり。日本屈指のロックンロール・バンド、ザ・マックショウが待望の新作を本日、2021年(昭和96年)5月26日(水)に発売した。 最新作のタイトルは『MACKS ALIVE-Strange Weeke

ザ・マックショウ、昭和の日スペシャルコンサート〈不滅のロックンロール〉開催決定

ザ・マックショウ、昭和の日スペシャルコンサート〈不滅のロックンロール〉開催決定

ザ・マックショウが、昭和96年(令和3年)4月29日 (木・祝) 東京キネマ倶楽部にて昭和の日スペシャルコンサート〈不滅のロックンロール〉を開催することが決定。会場実演&生放送配信同時開催観覧席券が本日 4/13(火)より一般発売されている。 “昭和の日

KOZZY IWAKAWA責任編集コンピ第2弾『SHAKE!』発売決定

KOZZY IWAKAWA責任編集コンピ第2弾『SHAKE!』発売決定

ロックンロール秘密発信基地「ロックスヴィル・スタジオ・ワン」より絶賛発売中のコンピレーション・アルバム『SHOUT!』大好評につき、シリーズ第2弾『SHAKE!』の発売が決定した。 時空もジャンルもレーベルもすべての垣根を飛び越えてコロナ禍を駆け抜ける音

Collapse

Articles

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

インタヴュー

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

皮ジャン、リーゼントに黒サングラス、手に持つヴィンテージ楽器で鳴らすのは思わず腰をスウィングし、共にシンガロングしたくなるような…… そう、これぞロックンロール! 万人が思い描く"ロック"のイメージを体現したかのような3人組バンド、THE MACKSHOW…