ツジコノリコ

プロフィール

2000年、1stアルバム『化粧と兵隊』をリリース。2001年にはオーストリアのMegoより『少女都市』を発表し、世界中で注目を浴びる。同じく Megoから出た3rdアルバム『ハードにさせて』は日本盤でもリリースされ、日本でも確固たる地位を築きあげた。その後ドイツのTom Labより『From TokyoTo Naiagara From Tokyo To Naiagar』を2003年にリリース。この年、バルセロナで行われる世界最大級のエレクトロ・ミュージックの祭典、Sonar Festivalにも出演する。2005年には、Riow Araiとの『J』、AokiTakamasaとの『28』のコラボ2作と、オーストリアの実験音楽レーベルRoom40よりソロ作の『Blurred In My Mirror』を立て続けにリリース。翌年、2006年には2ndの『少女都市』の再発盤に5曲プラスした『少女都市+』をEditions Megoからリリース。2007年2月には5年ぶりに、Megoからオリジナル・アルバム『SOLO』を発表。パリを拠点に活動し、数々のコラボレート作品、前衛的なプロジェクトをこなし、天衣無縫な音楽性は多くのミュージシャンやファッション界からも高い評価を得る。

公式サイト: http://tujikonoriko.com/

ディスコグラフィー

  • エレクトロニカ界の歌姫ツジコノリコ! 7曲の新曲に加え彼女と深くかかわりのあるアーティストたちによるリミックスを7曲収録した待望のオリジナル・アルバム! (日本オリジナル盤です。)
  • エレクトロニクスを使った楽曲構成と独自のヴォーカルスタイルを持つツジコノリコの9作品目。劇的なまでに泣きの楽曲がオンパレード。もうツジコ・ワールド全開です!
  • 今までオリジナルとリミックスを発表した人気曲ですが、そのどちらとも違う、新しいヴァージョンです。
  • 2006年に良音エレクトロニカレーベル「インパートメント」より発表されたツジコノリコのアルバム。2001年のアルバム『少女都市』に以前Megoから12インチとしてのみリリースされていた『I Forgot The Title』から5曲、そして日本盤オリジナルとして新曲 "ハープソング"をプラスした復刻日本盤!ポップでありながら非常に心地よいノイズを同居させるアーティスト。