artist image

The Death Set

Dance/Electronica

Discography

Dance/Electronica
2011年2月にリリースされたThe Deth Setの『Michel Poiccard』からのシングル・カット第2弾。
Dance/Electronica
ザ・デス・セット3年振り、渾身の最新作が登場。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンクロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器にアルバム『Worldwide』で2008年にデビュー。NMEが「最も期待できるライヴ・バンド」と絶賛するなど、各国のメディアが最高評価。結成メンバーの突然の死を乗り越え、トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度が大幅にアップ。ディプロが参加したキーボード・ラインが最高にポップなM-15、スパンク・ロックをゲスト・ヴォーカルとしてフィーチャーした淡いメロディのM-13、そして前作には見られなかった奥深さを感じられるM-7、M-17が最高に泣ける!
Bonus!
Dance/Electronica
ジョニー・シエラとボウ・ヴェラスコによって結成されたザ・デス・セット。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンク・ロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器にアルバム『Worldwide』で2008年にデビュー。フジロックやUKのレディング・フェスなど世界各地で見せた強烈なライヴ・パフォーマンスで音楽シーンに衝撃を与え、NMEが「最も期待できるライヴ・バンド」と絶賛するなど、各国のメディアが最高評価! トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度を大幅にアップさせている。結成メンバーの突然の死という悲劇を乗り越えて完成させた本作は、これからの彼らのキャリアの中でも特別なアルバムとして永遠に残るだろう。
Dance/Electronica
ジョニー・シエラとボウ・ヴェラスコによって結成されたザ・デス・セット。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンクロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器にアルバム『Worldwide』で2008年にデビュー。 フジロックやUKのレディング・フェスなど世界各地で見せた強烈なライヴ・パフォーマンスで音楽シーンに衝撃を与え、NMEが「最も期待できるライヴ・バンド」と絶賛するなど、各国のメディアが最高評価! しかし、ニュー・アルバムの制作にとりかかろうとしていた矢先にボウ・ヴェラスコがオーヴァードーズによってこの世を後にする。バンドは壊滅寸前のダメージを受けたがジョニー・シエラと残りのメンバーは、ヴェラスコの人生を祝福するために新しい作品を完成させる決意をする。 トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度を大幅にアップさせている。 前作と比べてもまったく衰えることのない熱狂的なエネルギーのTr.2,3,5,14をはじめ、ディプロが参加したキーボード・ラインが最高にポップな Tr.15、スパンク・ロックをゲスト・ヴォーカルとしてフィーチャーした淡いメロディのTr.13、そして前作には見られなかった奥深さを感じられる Tr.7,17が最高に泣ける。 結成メンバーの突然の死という悲劇を乗り越えて完成させた本作は、これからの彼らのキャリアの中でも特別なアルバムとして永遠に残るだろう。

Articles

The Death Set新作配信スタート! ジョニー・シエラにインタビュー!!

インタヴュー

The Death Set新作配信スタート! ジョニー・シエラにインタビュー!!

君はThe Death Setの新曲「Slap Slap Slap Pound Up Down Snap」を聞いたかい? こんなに熱くなれる曲、Beastie Boysの「Sabotage」以来だ。ってことで、アメリカは、ボルチモアからブルックリンに拠点を…