artist image

ostooandell

Discography

2001年に東京で結成、2004年には拠点を故郷に移し今も沖縄で活動を続けるオストアンデル。都会、田舎、それぞれの土地の匂いを吸収し音に反映させているのだろうか? 彼らの奏でるメロディは淡白で都市的な印象を与えつつも、どこかに郷愁の影も隠し持っている。うるさくなく物足りなくもなく、適量の音を正確に並べて進む曲と、そこに乗るyukaDの飄々としていながら時に感情的に揺れる声は、渇いた中にまだ湿り気を残していて、その無気力さを更に切なく感じさせる。その才能に魅せられた曽我部恵一が自らプロデュースを買って出てリリースに至ったというのが今作『ostooandel』。さらりと横を通り過ぎるも耳に確実に中毒性のあるメロディを残し去る彼らの音楽は、鼻歌となってあなたの日常に潜り込むだろう。沖縄にこんなバンドが居たなんて、私のアンテナもまだまだだな。(text by 水嶋美和)
彼らが生み出す音楽はロック、フォーク、ポップス、サイケデリックを絶妙なバランスでブレンドした珠玉の発明品。ゆるくておしゃれでポップで猫好き。フツーに聞こえて実はどこにもない最高のミュージック!  「沖縄の「ユル友」CDデビューおめでとう。こんどプロデュースさせてください。」 曽我部恵一

Related labels

Articles

オストアンデル 『ostooandell』インタビュー

インタヴュー

オストアンデル 『ostooandell』インタビュー

'''今最も光り輝く! オストアンデルという4人組''' ototoyでpower pushしていたオストアンデルに火がついた!! その反響は、Twitterやブログ等様々! 編集部でも大人気。早くも今年注目バンドとなった彼女達の素の顔を覗くために、下北沢…