News

2012年08月14日22時00分

 
アクセル長尾(赤い疑惑)、ミニトマトの栽培に成功するも、味は渋い。――しょうもにゅーす
 

2000年に結成し、赤裸々な詞やゴッタ煮サウンド、生活や人間が剥き出しのライヴ・パフォーマンスなどで注目を集める、西東京で最も信頼の出来るバンド・赤い疑惑。そのフロントマンのアクセル長尾が、先日、自宅の庭でミニトマトの栽培に成功した模様。

ちなみに、味は渋かったとのことだが、「自分が育てたという充足感に満たされて嬉しかった。これでいいのだ。」という感想を残している。

尚、米ぬかや石灰、米のとぎ汁など有機物肥料を入れることでトマトの糖度は上がるとのこと。この際、とぎ汁を少なめにして石灰の割合を増やすことがコツだという。

“しょうもにゅーす”では、引き続き、アクセル長尾の旬を見守っていくつもりだ。

あわせて読みたい


TOP