News

2022年01月14日19時00分

 
ワタナベマモル、2枚組CD『PRIVATE TAPES 1995-1998』1/19日発売
 

MAMORU & THE DAViESを率いる炎のパブロッカー、ワタナベマモルが1995年~1998年に「プライベートカセットシリーズ」で発表したカセットテープ作品をCD化。

全33曲収録の2枚組CD(ボーナストラック2曲追加)で1月19日に発売されることが発表された。

この作品は、ワタナベマモル名義で1995年~1998年に「プライベートカセットシリーズ」で発表した4本のカセットテープをまとめたもの。8トラックカセットMTRを使用し録音された、宅録からバンドでのスタジオ録音までの「ワタナベマモルロックンロール実験室」の原点ともいえる作品集。「8月4日B級劇場」「今週週末来週世紀末」「死ぬ程に生きてみる」など初期代表曲のファースト録音を含む全33曲入りで、カセットテープ独特なアナログサウンドが炸裂している。

リリースにあたり、YO-KING(真心ブラザーズ)からコメントが寄せられている。

やっぱ、かっこいいわ、マモルくん!
ずっと、かっこいいわ、マモルくん!
プライベートワンのカセットもらったのは1995年か!
すんごい前だけど、まったく関係なく、いい音楽!
きっと、これからも!

YO-KING(真心ブラザーズ)

リリース情報
ワタナベマモル
『PRIVATE TAPES 1995-1998』
発売日:2022年1月19日発売  
品番:MAGI-0015 価格:¥3000+税 (2枚組CD)
発売元 : MAGIC TONE RECORDS 
〈収録曲〉
●DISC1
01.オイラの部屋へおいでよ (2:52)
02.8月4日B級劇場 (3:31)
03.絵をかいて暮らしてるよ毎日 (3:56)
04.あいまい I Don't Mind (1:40)
05.冗談だろ (3:17)
06.満員電車はまっぴらだ (3:29)
07.君はぼくのどこが好きなの (3:32)
08.ひとりで何ができるかな (2:50)
09.今週週末来週世紀末 ※2001MIX Ver (4:32)
10.神様なんて信じナイ (3:01)
11.お金持ち (3:50)
12.お友達って何だろう? (3:13)
13.マズイかうまいか食って判断 (3:03)
14.恋をしようよ (2:36)
15.何かいいことないかな (3:40)
16.百戦錬磨のオトコ (4:45)
17.ふぬけ (2:48) ※ボーナストラック

●DISC2
01.ロックンローラー ※2021NEW MIX (4:42)
02. 間がもたねえんだ (2:54)
03.死ぬ程に生きてみる (3:05)
04. ぼくはレモネード (3:55)
05.2人で歩いた (2:57)
06.荒川へ行こう ※2001MIX Ver (4:30)
07.どーしようもナイうた (4:21)
08.南新宿のうた (3:28)
09.手ブラで行こう (2:49)
10.テレビマン~すばらしい毎日~ (3:55)
11.ボクのうた ※Live (4:50)
12.ボクはもう笑わない (3:14)
13.野球小僧 (2:27)
14.ポツン (2:43)
15.ひじき (2:28)
16.スキだらけで行こう※ボーナストラック (2:51)
全33曲
※作詞 作曲・ワタナベマモル

ワタナベマモル プロフィール
1963年12月4日静岡県清水市に生まれる。
1983年「グレイトリッチーズ」を結成し、インディーズレーベルのナゴムレコードより2枚のシングル、キャプテンレコードより1枚のアルバムを発表。1989年にキングレコードと契約しメジャーデビューし、3枚のアルバムと2枚のシングルを発表して1993年に解散。
その後、大木温之(Theピーズ)トモフスキー、シンイチロウ(the pillows)らとのユニット「MTハピネス」やトモフスキーのサポートベーシストなど幾つかのセッションを経て「MAMORU&THE DAViES」を結成。2010年10月には、甲本ヒロト、トモフスキー、ハッチハッチェル、ギターパンダなどをゲストに迎えたソロアルバム「SESSiONS (セッションズ)」を発表。2020年に8月には、コロナ禍で苦しむライブハウスへの応援歌「いかすぜライブハウス」を含む4曲入りミニアルバム「いかすぜライブハウス」を発表。2022年1月19日には1995-1998に発表された4本のカセットテープ作品をCD化した「PRIVATE TAPES 1995-1998」を発表する。現在までに17枚目のアルバムを発表。コンスタントなアルバム発表と、バンドと弾き語りの両方で年間150本以上のライブをライフワークにしている。


あわせて読みたい


TOP