News

2021年09月15日12時00分

 
谷山浩子、DTMを独学して作られた『浩子の宅録』11/17リリース
 

谷山浩子が初めてDTMを独学してひとりで作ったアルバム『浩子の宅録』を11月17日に発売する。

DTMは和製英語「デスクトップミュージック」の略で、パソコンやDAW(DTM用のソフト)等を使用して制作される音楽。またその制作のこと。

きっかけは、2020年12月にスタートした谷山浩子YouTube公式チャンネルの音声コンテンツ「SORAMIMIラジオ」。素のままのトークを自宅で録音し、それをスタッフが受け取り編集。約30分の番組を不定期に公開して来た。番組の後半、音楽をかけるコーナーでは、自身のCD音源の他にDAWを使ってピアノ音源の弾き語りもやっていた。しかしそこから少しずつ欲が出て音を増やしたくなり、せっかくなのでDTMを本格的に学んでいった。主にネットで仕入れた知識を駆使して、過去の自分の曲を自分でアレンジして新たな装いのセルフカバー曲に仕上げていった。そしてこれらの楽曲がリスナーの間で評判となり、ここだけで聴いているのはもったいない!と、いうことでアルバムを制作することが決まった。

勉強や試行錯誤の時間も含め、制作期間は12月下旬から9月上旬まで9ヶ月余りを費やした。アルバムには、既存曲のセルフカバーの他、書き下ろしの新曲や、何年も前に作曲したメロディに今年になって歌詞をつけた新曲など、興味深い楽曲も収録される。アレンジも打ち込みも録音も、もちろんすべて谷山浩子自身によるもの。「コロナと病気療養で時間がたっぷりあったので、DTMの勉強ははかどりました。それまで使っていたDAWの機能が全体の1%だとすると15%くらいまでは来たかも」と、谷山浩子も自身の成長ぶりに胸を張る。

作品の「顔」となるアルバムジャケットは、ふわふわもふもふ系の巨大生物やダークファンタジー物のイラストを得意とする新進気鋭のイラストレーター“もの久保”の「ふすま」を採用。非日常を内包する谷山浩子の世界観に奥深さを添えている。

・谷山浩子のコメント
「もの久保さんのイラストは以前Twitterで見かけて、とても気に入ってpixivで他の作品も拝見していました。巨大動物シリーズと図書館の絵が大好きです。その中で、今回の『浩子の宅録』というアルバムタイトルとコンセプトに合ってる作品を見つけたので、お願いすることにしました。快くOKいただけて嬉しいです」

・もの久保さんのコメント
「中学生の頃から楽曲を拝聴し、大変尊敬している谷山浩子さんとこのような形でお仕事をご一緒させていただけるとは思わずとても光栄です。作品を気に入っていただけたこと、また今回こうしてお役に立てたことが本当に嬉しいです。今回使用していただいた作品は「ふわふわした不安・不穏」をイメージしておりました。アルバムに収録される素晴らしい楽曲から展開される想像の世界に、作品が少しでもお手伝いになれましたら幸いです。この度は誠にありがとうございました!」

<商品情報>
タイトル:『浩子の宅録』
発売日:2021年11月17日
品番:YCCW-10394
形態:CD
価格:2,530円(税抜価格 2,300円)
商品紹介ページ:https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/discography/1109

谷山浩子オフィシャルホームページ:http://www.taniyamahiroko.com/
谷山浩子公式 YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/taniyamahiroko


TOP