WESS RECORDS

泣きたくなったら此処へおいで
Lossless

泣きたくなったら此処へおいで

みのや雅彦

みのや雅彦のこれまで人生の集大成として数々の場面の楽曲を収録。 既にコンサートでは歌われている楽曲の他、デビュー40周年という事、そして還暦という事を改めて思い綴った楽曲は、世代を超えて自分自身を見つめ直すきっかけになる楽曲が詰まった作品。収録曲「さよならの花が咲く」は北海道の演歌歌手「ちはらさき」に2019年に提供したセルフカバー楽曲。2010年にリリースした「CLEAR」に収録されているみのや雅彦の代表作「雪の花」のアンサーソングとなっている。2020年、感染症拡大防止のため、ステージに立つ事が出来なかった現実から生まれた「愛しき日常」は、みのや雅彦らしい、決して他人を批判するものではなく自らが大切だと思える人に優しい気持ちを持つ事のできる楽曲となった。そして、タイトルソングになっている「泣きたくなったら此処へおいで」は「みのや雅彦」というシンガーソング ライターの人生観の全てが詰まった楽曲と言っても過言ではなく優しい言葉と想いが、貴方の心にそっと 語りかけます。

LOVE SONGS LETTER
Lossless

LOVE SONGS LETTER

五十嵐浩晃

2020年5月にデビュー40周年を迎える五十嵐浩晃。 今作品は2012年にリリースされたオリジナルアルバム「BREEZY」から約8年振りのファン待望の オリジナルフルアルバム。 ライブでは既に披露され、定評のあった「11月」「もうひとつの青空」「東京って」や、新しく書き下ろした 楽曲を含む全13曲。また40th Anniversaryとして弾き語りでデビュー曲『愛は風まかせ』と大ヒット曲『ペガサスの朝』をメドレーで、そして『ディープ・パープル』をボーナストラックに収録している。

私たちの道
Lossless

私たちの道

One Hokkaido Project

北 海 道 に ゆ か り の あ る 3 8 人 が 歌 う「 北 海 道 の 歌 」 が で き ま し た放送局の垣根を越え共同で事業や番組制作を行う本プロジェクトでは、「One Song, One Hokkaido」として、道民の皆さまから募集したメッセージをもとに、 「私たちの道」という新しい楽曲を制作しました。作詩は なかにし礼 氏、作曲は 蔦谷好位置 氏がそれぞれ担当。「合唱バージョン」の歌唱は、 市立札幌旭丘高校合唱部、「著名人バージョン」は北海道出身または北海道ゆかりのアーティスト、俳優、タレント、アスリートなどの方々に歌っていただきました。なかにし礼氏による「自分が生きた青春時代を思い出しながら、悩む思いで書いた」という若い世代へのメッセージが込められた歌詞と、蔦谷好位置氏による、 ストリングスを主体とした、荘厳な中にも温かさや未来への希望が感じられるメロディーが見事に融合した、珠玉の一曲となりました。

Face
Lossless

Face

Pop

木歩

洋楽志向のどこか懐かしいメロディー、実体験をもとにした英語詞が特徴。 豊かな表現力と伸びやかな歌声が魅力で、バラード調の曲はもちろん、ロックテイ ストな曲でもそれぞれ違った表情を見せる。

南ぬ風
Lossless

南ぬ風

Jazz/World

朝崎郁恵

BSプレミア「新日本風土記」テーマソング「あはがり」を含めた13曲の奄美島唄を収録。今作品もピアノのみならず、民謡楽器、ミュージシャンとコラボコーション。奄美島唄の可能性を最大限に広げ、生かした作品。奄美諸島で古くから唄い継がれてきた奄美島唄の唄者(ウタシャ)である朝崎郁恵がこれまで歌い継がれてきた楽曲を様々な視点からリアレンジをした渾身の新作は、島唄と自身の可能性をさらに広げるアルバムとなった。また、今作品は北海道で製作され、南で生まれた唄に新たな生命を吹き込み“唯一無にの朝崎節”をさらに深いものに進化させた。

みのや雅彦 THE BEST 2 〜明日をまだ信じてる〜
Lossless

みのや雅彦 THE BEST 2 〜明日をまだ信じてる〜

みのや雅彦

今作品は2006年リリースになったシングル「GOAL」から、昨年リリースされた「stardust」までの10年間の中でリリース されてきた作品の中から15曲を選曲。そして新たに書き下ろした楽曲1曲を加え、全16曲収録。 今やみのや雅彦の代表曲となった、1枚目のベストアルバムにも収録されている「空」「雪の花」をはじめ、STVラジオで 生まれた「百の言葉 千の想い」やSTVラジオ日高晤郎氏に捧げた「凛」などを収録。 この10年の間に生まれたみのや雅彦の優しい歌がこの一枚に集結。 心の奥底の内に秘めた感情を奮い立たせる歌を叫び続ける、そんな彼の待望の第2弾ベストアルバム。 北海道から生まれた優しい言葉と想いが、貴方の心にそっと語りかけます。

stardust
Lossless

stardust

みのや雅彦

来年2016年でデビュー35周年を迎えるみのや雅彦。現在54歳を迎えた彼が歌うのは人生観そのもの。 自らを“mr stardust”=“星屑の代表”と呼び「ひとりひとり全員が主役」聴く人全ての人の背中をそっと後押しするアルバムになっている。今回の楽曲も出会い、別れの楽曲、様々であり、1枚のアルバムを通して感動できる一枚。みのや雅彦等身大の言葉が聴く人全ての心に染み渡る作品です。

最高の一日

最高の一日

みのや雅彦

北海道羽幌町出身「ミスタースターダスト」みのや雅彦の通算18作品目となるアルバム。 昨年リリースしたオリジナルアルバム「本当の歌」に続き、3年連続オリジナルフルアルバムをリリース。 今作品のタイトルはその名も「最高の一日」。 中には恋愛を題にした歌、人生を題にした歌、そして生と死を題にした歌。 夫々の楽曲に「ドラマ」を大きく描いた作品でこれまで近年書き上げてきた「人生観の先」をまとめた作品。 また、今作品は全て”今”を書き下ろした楽曲だけではなく、今までライブやラジオで歌われてきた楽曲も収録。 かつて京都のラジオパーソナリティー務める中で生まれ爆発的な人気があった「25時の声」や、ライブではおなじみとなってる 「遥かなる」「心には青い空」そして、今までライブでもあまり歌われてこなかったが本人にとっても、とても大切な一曲でもある 「本当は誰とも離れなくないよ」等を収録。 どことなく懐かしく、そして全ての人が共感できる歌がまたここに。 みのや雅彦が送る「最高の一日」感動の1枚です。

本当の歌
Lossless
Exclusive

本当の歌

みのや雅彦

昨年30周年オリジナルアルバム「百の言葉 千の想い」をリリースしたみのや雅彦。今作品は昨年ラジオでも反響を呼んだ「凛」を含む新たなオリジナル曲を収録。みのや雅彦がまた帰ってきます。

笑えないうた
Lossless

笑えないうた

城太郎

シンガーソングライター城太郎の初アルバム。弾き語りスタイルを封印、バンドアレンジによる様々な音楽的試みが凝縮された一枚。自由な旋律の上に折り重なる飾りのない歌詞を、繊細なハイトーンボイスが優しく、力強く引きたたせる。

PISTOLERO

PISTOLERO

PISTOL BOOGIE VINCENT

2007年結成の札幌発、3ピース・ガレージロック・バンド、PISTOL BOOGIE VINCENTのアルバム。ヴォーカルのササジマユウサクが生み出す“漢”の生き様、歌詞の世界に突き刺さるようなサウンドが魅力の1枚。

愛の言葉

愛の言葉

夕聖

作詞作曲活動を勢力的に続ける夕聖の5曲目となる作品。タイトルどおり、“愛の言葉“を綴った恋愛ソング。

ICH WEISS NICHT!!

ICH WEISS NICHT!!

DJEMP

ジャンルは「聴きごたえ系」現代舞踏のための作品を多数収録。マーケットはレコード店、ネット通販にとどまらず美術館や図書館など人が文化に触れるスペースにおよぶ。

LOVE SONGS

LOVE SONGS

桜庭和

老若男女、年代問わず一緒になって楽しめる音楽を奏でる歌手「桜庭和」。昨年リリースした北ガスCMソング「かたことのエール」を含む待望のオリジナルフルアルバム

百の言葉 千の想い

百の言葉 千の想い

みのや雅彦

昨年デビュー30周年を迎え、新たな第一歩を踏み出したシンガーソングライターみのや雅彦。北海道という地で『愛、家族、人生観』をテーマに歌って来た彼がデビュー31周年目に発表する50年の激動の人生、そして新たな一歩を踏み出す渾身の1枚。

Burning Love

Burning Love

夕聖

放送作家 鈴木おさむ演出のドラマ"私のホストちゃん~しちにんのホスト~”(テレビ朝日系深夜1時51分よりOA)のホスト監修をつとめるカリスマホスト・夕聖。好評により第2クールOAが決定したドラマのエンディング曲(仮)。

かたことのエール

かたことのエール

桜庭和

現在、北海道ガスCMソングとしてOA中の「かたことのエール」をリリース。歌唱は、北海道内で活動中のシンガーソングライター・桜庭和。CMソング用に書き下ろされた耳に残りやすいサビメロのホッと安心できるようなミディアムテンポの楽曲を、その優しい声に定評のある桜庭和が歌い上げる。

深愛

深愛

夕聖

放送作家 鈴木おさむ演出の新ドラマ’私のホストちゃん~しちにんのホスト~’テレビ朝日 10月4日 深夜1時51分より放送スタートそのドラマのホスト監修を務める夕聖(ゆうせい)がこのドラマの挿入歌として書き下ろした作品。元ナンバーワンホストが綴った女性の切ない恋心。詞はもちろん、メロディにも注目。

フォーエバーヤング

フォーエバーヤング

the武田組

華はないけど、愛がある 札幌在住のロックバンド the武田組の2nd Album「リアルな情景」をフォーク&ブルースを彷彿とさせるロックンロールナンバーに仕立てた、全11曲収録

時計台のある街

時計台のある街

浅沼修

浅沼 修 初のCD化。歌い継がれた「時計台のある街」を含む情緒あふれる詞と彼独特の説得力のある歌声で幅広い層にアピール。たくさんの音が蔓延するなか今の時代だからこそ、自然な心温まる音源を届けます。

oh sunshine

oh sunshine

oh sunshine

東京在住のemily connorとひらまみきおが音楽的シナジーを感じて2010年に結成されたユニット。ざらついた音を奏でながらも、キャッチーかつブルースロックからフォークまで網羅した幅広い音楽性が魅力。

CLEAR

CLEAR

みのや雅彦

おなじみの曲を鈴木詩音がやさしい歌声で聴かせます。ゆっくりしたときの流れを感じたいときこの歌声でゆっくりしてください。

キラクゼーション/ホリデイ

キラクゼーション/ホリデイ

BLuck

前作『RE:』より1年7ヶ月のリリース。この間に貯めたパワーをぶつけたシングル。

「チルビーぎゅっとsong」ありがとうのうた/ごめんね

「チルビーぎゅっとsong」ありがとうのうた/ごめんね

ウェッジソール, 那須泉美 (ウェッジソール)

人とのつながりの中で、ずっと、たいせつな言葉が歌になりました。ありがとうやごめんねを言いだせないときに。やさしい歌を札幌の人気バンド ウェッジソールの那須泉美が話しかけるように歌います。親子に人気の「うごくえほんチルビー」から誕生した「ぎゅっと抱きしめたくなるような歌」です。

北の国レゲエ

北の国レゲエ

V.A.

レゲエ発祥の地・ジャマイカからはほど遠い「北の国」北海道出身のアーティストや北海道の事を歌った楽曲を集めてコンパイルし、北海道のボーカリストがカバーしたアルバム『北の国レゲエ」。収録曲は世代を超えた名曲揃い。

LOVE is ROCK

LOVE is ROCK

the武田組

「もっと意思を、もっとROCKを」「言葉を大事にした、愛を語り続ける4人組」の1st Album 全9曲 ストレートなROCK Album。

ハイヒール Hi Heel

ハイヒール Hi Heel

THE BEACHES

もっとミダラに。もっとフラチに。THE BEACHESの3rdアルバムは、ビーチズサウンド全開120%の最高傑作。ビーチズのライブバンドとしての魅力が詰め込まれ、バイレファンキ・ラテン・アラビアンビート・スカなど世界中のビート・グルーヴをロックに昇華させている。

hakken kokken ueken

hakken kokken ueken

上田健司

アレンジャー?ベーシスト・作詞作曲兼プロデューサーである音楽家・上田健司?通称 ueken(ウエケン)が白鍵・黒鍵のみで奏でる初の自作自演 Piano Inst.Album

魂の謡

魂の謡

KAZUMI

2007年、大黒摩季 初プロデュース作品「ソーラン Beat」が好評な中、いよいよ正調で北海道の代表的な民謡9曲を収録したアルバム!

春のつぼみ

春のつぼみ

SACON

前作「いちげんさん」から約1年振りとなるニューシングル。今作はアレンジャーとして名高い上田ケンジがプロデュース。

SOUR TIME

SOUR TIME

Addiction

札幌在住のスリーピースバンドがリリースする2ndアルバム。3人の未熟者の自由奔放な感性の結合から生まれる楽曲はバラエティーに富み遊び心がいっぱいである。青春の甘酸っぱさや挫折や無謀さを、時にはニヒルでシニカルな姿勢で、時にはユーモラスな言葉でキャッチーなメロディーに乗せ歌い上げる。ポップ・パンク・ダブなどを絶妙に融合した新感覚ロック。

生徒諸君!

生徒諸君!

Addiction

札幌在住のスリーピースバンドがリリースする2ndアルバム。3人の未熟者の自由奔放な感性の結合から生まれる楽曲はバラエティーに富み遊び心がいっぱいである。青春の甘酸っぱさや挫折や無謀さを、時にはニヒルでシニカルな姿勢で、時にはユーモラスな言葉でキャッチーなメロディーに乗せ歌い上げる。ポップ・パンク・ダブなどを絶妙に融合した新感覚ロック。

野狐禅

野狐禅

野狐禅

約2年半ぶりとなる4枚目のニューアルバム!原点回帰として、故郷北海道で、2人の演奏だけでレコーディングした等身大の作品!!

HANA HOU

HANA HOU

THE BEACHES

Disco, New Wave, Reggae, Punkなどあらゆるジャンルを飲み込んだRockでフロアのオーディエンスをDance Peopleに変える「THE BEACHES」が、7/9のシングルに続き、2007年に「Amuse」よりリリースした2nd Album『HANA HOU』を「WESS RECORDS」より再発。2008年8月のRISING SUN ROCK FESTIVALにも出演が決定している「THE BEACHES」の傑作を再びここに。

TOP