ROCKAHOLIC Inc.

BRICK DISTORTION
Lossless

BRICK DISTORTION

THE MODS

NEW MAXI SINGLE『BRICK DISTORTION』の発売が決定! M1の「ユ・ウ・ワ・ク」はアマチュア時代のステージで1曲目を飾るアッパーチューンだった。その時代を超えたビートは世代をも超え全てのリスナーを魅了するだろう。そして「ユ・ウ・ワ・ク」の他、新曲3曲もステージで炸裂必至のナンバーに仕上がっている。是非とも堪能して欲しい。

ROCKIN' CABARET BLUES
Lossless

ROCKIN' CABARET BLUES

THE MODS

Rockin' Cabaret Blues、タイトルから連想される通りの7曲が極上のビンテージワールドに君を誘ってくれる。構えず肩の力を抜いて身を任せて。Let the good times roll!

汚れた顔の天使達
Lossless

汚れた顔の天使達

V.A.

汚れた顔の天使達からの緊急告知!モッズとコルツのコラボレーション・マキシがドロップされる!GOOD-BYE SCARFACES TOURの各会場もしくは通販でゲットして欲しい。

汚れた顔の天使達
Lossless

汚れた顔の天使達

THE MODS & THE COLTS

今は無きあのスカーフェイスレーベルからのサバイバー、THE MODSとTHE COLTSがガッチリと手を組んだスプリットCDをリリースする。このCDはTHE MODS×THE COLTS TOUR 2018 【GOOD-BYE SCARFACES】の各会場と通販で販売される。なお表題曲「汚れた顔の天使達」が iTune Storeにて先行配信されるので、こちらも要CHECK!

GO STOP TROUBLE
Lossless

GO STOP TROUBLE

THE MODS

野音で復活を果たしたTHE MODSはその余勢を駆りツアーに旅立った。彼等の中にはやり遂げる使命感と共にアルバム『HAIL MARY』に対する落とし前をつけたいという焦燥が身体を突き動かしていた。 その息吹が最新LIVE ALBUMには渦巻いている。是非とも手に取り感じ取って欲しい。

SCARFACE A GO GO
Lossless

SCARFACE A GO GO

V.A.

今は無きあのスカーフェイスレーベルからのサバイバー、THE MODSとTHE COLTSがガッチリと手を組んだスプリットCDをリリース!

CAUTION FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST2-
Lossless

CAUTION FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST2-

THE MODS

2008〜2016年 THE MODSの軌跡をパトロール。警告(Caution) : 中毒性有り!! アルバム未収録曲を含むベストアルバム、全曲をリマスタリング&高音質のBlu-Spec CD2にてリリース。

HAIL MARY
Lossless

HAIL MARY

THE MODS

16年・35th Anniversary year 約2年振りとなる新作フルアルバム、満を持してのリリースに相応しく素晴らしい楽曲達がこれでもかとハートをわしづかみにする。決して尽きる事の無いロックへの想いは、ますます研ぎすまされ純化の道を突き進む。ここにTHE MODSの35年の歴史は輝かしい結晶として実を結んだ。

BADLAND
Lossless

BADLAND

THE MODS

久々にリリースされるマキシシングルはパンクの持つ初期衝動や高揚感を感じさせる新曲4曲を収録。ライブでの盛り上がりが期待できる曲ばかりだ。是非とも手に入れて欲しい。

NEW BLEED ”GUNNERS”
Lossless

NEW BLEED ”GUNNERS”

THE MODS

『NEW BLEED “”HASH”』の続編となる今作も絶対に聴き逃せない多彩なラインナップとなっている。ステージでの起爆剤として欠かせない楽曲はもちろん、隠れた名曲といった意外な選曲も含まれているのが実に心憎い。いずれの曲もスタジオで新録されて輝きを増している。じっくりと曲目を眺めて欲しい。知らないタイトルが含まれている事に気がつくだろう。「入院騒動」「ああ どこかへ」はデヴュー前の博多時代の楽曲だ。30数年振りにスタジオで演奏されたそれは、野に放たれた野獣そのものだ。また、「入院騒動」はearly day live versionとしてメンバー所有のカセットテープから発掘されたオリジナル音源も収録されている。新録と初期ライブ音源の違いも聴き所のひとつだ。そして「COME ON NOW」はTHE KINKSのカバーだ。ブリティッシュ・ビートをこよなく愛するバンドのルーツの奥深さを垣間見せてくれることだろう。『NEW BLEED “GUNNERS”』はさまざまなリスニング環境で、より良い音を味わってもらえるように高音質CD(Blu-spec CD2)でのリリースとなる。是非、じっくりと聴き込んで欲しい。沢山の驚きと嬉しい発見があるだろう。新たに生まれ変わったこの楽曲達を楽しんで欲しい。

NEW BLEED vol.5
Lossless

NEW BLEED vol.5

THE MODS

あの名曲が新録で蘇る!NEW BLEED シリーズのVol.5がついに配信開始!!今回はスカーフェイスレーベル時代の特に人気が高い楽曲をチョイス。ライブ会場で爆発必至の「UNDER THE GUN」と「MEAN STREET RATS」、モッズならではのウエスタンフレーバーに彩られた「YOUNG GUNS」、隠れた名曲として琴線に触れる「LONG WAY」、死角無しのラインナップだ。是非、ダウンロードしてライブラリーに加えて貰いたい。

十字路のGuitar
Lossless

十字路のGuitar

DUDE TONE

東西南北へ道が広がるその中心で男が佇んでいる。街灯の光を映し出す雨あがりの十字路で、しばらく思案顔だった男がギターを弾き始めた。傷つきやすい花を扱うごとく慎重に、しかし、笑みを抑え切れないほどの歓びを味わいつつ。決して居心地は悪くない孤独の中で弾いて、弾いて…いくつも曲を紡いだ。そんな画が浮かぶ。全体を通して塩化ビニール盤の香りが漂うこのロック・アルバムには、訥々と想いを語っている歌がしっかり存在している。そこを支えている…いや、先導しているのが魅力的なギター・サウンドだ。共に演奏した仲間の中で、その音色が各曲の世界を鮮明に描き出し、リフがいちいち小気味良く響く。1曲ごと、即効的に感覚を刺激され、最後までドキドキしながら聴ける1枚。1st Album『AFTERGLOW』同様、THE MODSでの彼とは表情が違うものの、「ロック好きなギタリストですが、何か?」という堂々とした姿とナチュラルさが前面に出ている今作には、より強靭な存在感を感じることができる。また、「嘘発見器」にゲスト参加している森山のVocalも聴きどころのひとつだ。

ROCKTIONARY
Lossless

ROCKTIONARY

THE MODS

『ROCKTIONARY』(ロクショナリー)と題された今作は、あらゆるロックのエッセンスとフレーバーに満ち溢れている。次から次へと繰り出される楽曲達がモッズの歴史に新たな息吹きを与えるだろう。これが嫌いならロックが嫌いなのと同じ事だ。さぁ、心してモッズ版ロック辞典のページを捲ってくれ。

NEW BLEED vol.4

NEW BLEED vol.4

THE MODS

NEW BLEEDシリーズがHASHで完結したと思ったら大間違い。続行を望む多くの声に応え、THE MODSはエンジンに再着火。新たなシーズンが幕を開ける。是非ともダウンロードしてフルボリュームで楽しんで欲しい。

JACK & JOKER

JACK & JOKER

THE MODS

THE MODSの最新作にはますますタフにとことんロックする彼等の「今」が詰め込まれている。そのスタンスはナイーヴでストロングだ。そんな彼等だからこそ、今作で送り出す新曲達は様々な顔を持つ。その振幅の広さは生身の人間の感情の奥深さそのものだ。まさに正真正銘のロック、此処に在り!

NEW BLEED 'HASH'

NEW BLEED 'HASH'

THE MODS

配信でのリリース作品「NEW BLEED」シリーズの待望のCD化が実現。名曲「COUNTER ACTION」の初のスタジオバージョンを遂に収録!全曲にリマスタリングを施し、高音質Blu-spec CDでのリリースとなる21世紀バージョンの珠玉の名曲たちは必聴!最新のMODSを存分に堪能出来る仕様です!!

BACK ROOM

BACK ROOM

DUDE TONE

THE MODSのサウンドプロデューサーにして唯一無二のギタリスト、苣木寛之のソロプロジェクト【DUDE TONE】が始動する!第一弾として、ゲストミュージシャンに花田裕之を迎え、二人のギタリストによるコラボレーションを実現したシングル『BACK ROOM』をリリース!苣木のTHE MODSとはまた違った一面が体感出来るだろう。

TOP