MUSIC@NOTE

Names
High Resolution

Names

Idol

MIGMA SHELTER

MIGMA SHELTERは2019年4月に、これまでTHERE THERE THERESとして活動していたレーレを新メンバーとして迎え、新体制で活動を始めたばかり。その第一弾となるシングル「Names」を2019年7月16日に発売! 今作には新曲3曲を収録しており、サウンドプロデューサー・タニヤマヒロアキの荘厳な世界観が更に進化している。また、テクノポップス界の重鎮・CMJKや、Casual Killerとしての活動も行う作曲家・Tomohiko Togashiを制作陣に迎え、これまでよりもよりサイケデリック要素を増した楽曲をそろえました。 新体制での初のリリースとなる今作で、より一層多くのお客様へその音楽を届けます! MIGMA SHELTER の新たな活動にご注目ください。

Parade’s End
High Resolution

Parade’s End

Idol

MIGMA SHELTER

MIGMA SHELTER 新体制(メンバー:ミミミユ、ブラジル、シャイシャイコ、タマネ、ミソニー、ユブネ)での第一弾シングル「Parade's End」配信解禁!

ココデパ!
Lossless

ココデパ!

Idol

クマリデパート

クマリデパートは「世界のこころのデパート」をコンセプトに活動する4人組アイドルグループ。今作は自身初のアルバムで、グループのコンセプトである『デパート』をイメージした作品となっています。クマリデパートのライブでの定番曲「愛Phone 渋谷」をはじめとした5曲を再録し、「おいでよクマリデパート」はフルバージョンとして初の音源化。また、新曲としてクマリデパートプロデューサーのサクライケンタ作詞・作曲の「サマーニッポン夏サマー」、作曲にmichitomo、作詞に児玉雨子と有名アイドルソングを多く手がける両名のタッグによるダンスナンバー「ウダガワ・ヨッキュー」などを含む計15トラック収録のアルバムとなっています。

Names
Lossless

Names

Idol

MIGMA SHELTER

MIGMA SHELTERは2019年4月に、これまでTHERE THERE THERESとして活動していたレーレを新メンバーとして迎え、新体制で活動を始めたばかり。その第一弾となるシングル「Names」を2019年7月16日に発売! 今作には新曲3曲を収録しており、サウンドプロデューサー・タニヤマヒロアキの荘厳な世界観が更に進化している。また、テクノポップス界の重鎮・CMJKや、Casual Killerとしての活動も行う作曲家・Tomohiko Togashiを制作陣に迎え、これまでよりもよりサイケデリック要素を増した楽曲をそろえました。 新体制での初のリリースとなる今作で、より一層多くのお客様へその音楽を届けます! MIGMA SHELTER の新たな活動にご注目ください。

アンリミッター
Lossless

アンリミッター

Idol

uijin

表題曲「アンリミッター」の作詞・作曲を手掛けるのは、VOCALOIDとバンドサウンドを融合させた楽曲を得意とし、アーティストとしてもプロデューサーとしても活躍する「DECO*27」。カップリングの「インパーフェクト・ブルー」は前作に引き続き「草野華余子」が作詞・作曲した爽快なナンバーとなっています。

ignition / blooming days
Lossless

ignition / blooming days

Idol

uijin

“neo tokyo”をコンセプトとした4人組アイドル・グループによる7thシングルは両A面。ともにシンガー・ソングライターの草野華余子が詞曲を担当。「ignition」はメンバーのありぃが作詞、堀江晶太が編曲に参加した力強い曲となった。

ココデパ!(inst)
Lossless

ココデパ!(inst)

Idol

クマリデパート

「世界のこころのデパート」をコンセプトに活動する4人組アイドルグループ クマリデパートが2019年5月28日に発売した1st フルアルバム『ココデパ!』のインストルメンタル版を配信限定で緊急リリース!グループのコンセプトである『デパート』をイメージした今作をオフヴォーカルのインストルメンタル曲12曲で構成したアルバムになっており、ジャケットは『ココデパ!』通常盤のジャケットをメンバーの小田アヤネのイラストで再現。サクライケンタプロデュースの数々の楽曲を、インストルメンタルで新しい聞き方で楽しめる1枚になっています。※本作はクマリデパートメンバーのボーカルが無いインストルメンタル版ですのでご注意ください

Parade’s End
Lossless

Parade’s End

Idol

MIGMA SHELTER

MIGMA SHELTER 新体制(メンバー:ミミミユ、ブラジル、シャイシャイコ、タマネ、ミソニー、コブネ)での第一弾シングル「Parade's End」配信解禁!

transit
Lossless

transit

Idol

uijin

タイトル曲の「transit」はPasscode等多くのアイドルグループの楽曲を手がける「平地孝次」が作編曲を担当、将に今の「uijin」の勢いを感じる事が出来るポップチューンに仕上がっている。 カップリング曲の「001」は「uijin」の活動初期からのライブ人気曲。

シャダーイクン
High Resolution

シャダーイクン

Idol

クマリデパート

「シャダーイクン」はロックバンドWiennersのVo&Gt 玉屋2060%とクマリデパートのプロデューサー サクライケンタが完全共同制作で手がけた作品であり、光「shine」と闇「dark」を混ぜて作られた造語。アイドルグループへの楽曲提供も多く、テンションの高いアッパーソングを数多く手がける玉屋2060%に対し、Maison book girlなどで陰鬱な雰囲気の楽曲を数多く手がけるサクライケンタ、二人の対照的な音楽性が楽曲と歌詞に落とし込まれ、光と闇のごちゃまぜアッパーチューンと表現するかのような楽曲に仕上がっています。カップリング曲の「セカイケイ」は作詞をサクライケンタ、作曲編曲を山下智輝が手がけており、切ない歌詞とメロディが印象的なストレートなロックナンバーです。

サマータイムルール(通常盤B)
Lossless

サマータイムルール(通常盤B)

Idol

CROWN POP

表題曲となる「サマータイムルール」は、前作「午後四時ごろの好きです」作曲・編曲、「POPPER TIME」作詞・作曲・編曲を行ったイイジマケンが担当。夏を全力で楽しむ、CROWN POPの明るさ・可愛さ・爽やかさが詰まった、夏フェスで盛り上がること間違いなしのアッパーチューンに仕上がりました。通常盤Bに収録されるカップリング曲「告白とスニーカー」は、作詞児玉雨子、作曲炭竃智弘による1曲。10代の女の子の等身大の恋愛を描いた歌詞を、ノスタルジックなメロディに乗せて歌ったミディアムバラードとなっております。

サマータイムルール(通常盤A)
Lossless

サマータイムルール(通常盤A)

Idol

CROWN POP

表題曲となる「サマータイムルール」は、前作「午後四時ごろの好きです」作曲・編曲、「POPPER TIME」作詞・作曲・編曲を行ったイイジマケンが担当。夏を全力で楽しむ、CROWN POPの明るさ・可愛さ・爽やかさが詰まった、夏フェスで盛り上がること間違いなしのアッパーチューンに仕上がりました。通常盤Aに収録されるカップリング曲「手のひらに青空」は、作詞NOBE、作曲IMAKISASAの制作陣が、CROWN POPへ初の楽曲提供。日々の感謝の気持ちを力強く歌い上げた、疾走感あふれるアップテンポなナンバー。新曲を携え、令和最初の夏を駆け抜けるCROWN POPに是非ご注目ください。

午後四時ごろの好きです
Lossless

午後四時ごろの好きです

Idol

CROWN POP

CROWN POPは「芸能界で王冠を掴むためダンスを磨いて奮闘中」のコンセプトのもとに、他とは一線を画すダンススキルとパフォーマンスで話題になっているスターダストプロモーション次世代のダンスアイドルユニット(平均年齢16才/6人組)。ポップカルチャーイベント「@JAM」とタワーレコードによるコラボレーションレーベル「MUSIC@NOTE」(ミュージックノート)第三弾アーティストとしてリリース!「午後四時ごろの好きです」は、作詞児玉雨子、作曲イイジマケンの制作陣がCROWN POPへ初の楽曲提供。10代の女の子の心情を等身大に、直球に表現した歌詞に、可愛らしいコーラスが印象的なアップテンポなストレートロックナンバー。カップリング曲「POPPER TIME」は、CROWN POPの新しいライブ曲。POPPER(ポッパー)と称されるファンと共に声を出して、体を動かして盛り上がれる超ポップなパーティーソング。ライブの新しい定番曲となること必至の1曲です。

あれ?ロマンチック
Lossless

あれ?ロマンチック

Idol

クマリデパート

音楽プロデューサーサクライケンタが主宰するekomsより「完全王道アイドル」をコンセプトに掲げ、2016年結成。新たに設立した、ポップカルチャーイベント「@JAM」とタワーレコードによるコラボレーションレーベル「MUSIC@NOTE」(ミュージックノート)第1弾アーティストとしてリリース。表題曲は大森靖子が作詞を手掛けた、パンチのある歌詞が魅力のパワフルな楽曲となっています。

TOP