Traffic

STUMM433
High Resolution

STUMM433

V.A.

チャージマン研! Tribute to Soundtracks vol.1

チャージマン研! Tribute to Soundtracks vol.1

V.A.

1970年代のテレビアニメ『チャージマン研!』がネット世界にてとりわけサブカルチャーな意味に話題に。テーマ曲や挿入曲はもちろん、テレビ放送時に劇使用されたオリジナルBGMをリマスタリング(風)"ほぼ"完全収録。そして、様々なアーティストによるカバー&トリビュートを7曲収録。

An Object
Lossless

An Object

Rock

No Age

名門【SUB POP】レーベルの現在の最重要アーティストであり、トム・ヨークやコーネリスもファンである事を公言!D.I.Y.マインドとロー・ファイな実験精神、USインディ超必聴盤!! 徹底したD.I.Y.精神を貫きながら、音楽のみならず、ヴィジュアル・アート、パフォーマンス・アート、映像の領域にまで影響を及ぼしてきたロサンゼルスのノイズ・ポップ・バンド、ノー・エイジ最新作。トレードマークのマイブラ直系轟音シューゲイズ・ノイズに爆裂パンク・サウンドも健在、さらにダイナソーJr.にも匹敵のソングライティングを核にエモーショナルな魅力も倍増!クリエイティヴで円熟な成長を見せた、ノー・エイジ3年振りの最新作!

Free the Universe
High Resolution

Free the Universe

Major Lazer

M.I.A.、ノー・ダウト、アッシャー、ビヨンセ、 シャキーラ、ブルーノ・マーズ、スヌープ・ドッグ等のリミックス/プロデュース・ ワークや自身のアルバム等を通じて2000年代後半の世界的ダンス・ムーヴメントにおける最重要プロデューサーの一翼として知られるアメリカ人DJ/プロデューサー/トラックメーカー=ディプロのプロジェクト Major Lazer待望の2ndアルバムがリリース!!!! Major Lazerは、2009年にディプロと人気ビート・クリエイターのスウィッチで活動を始動させ、同年にファースト・アルバム『ガンズ・ドント・キル・ピープル・レイザーズ・ドゥ』を発表。その後、2011年末スウィッチが抜け、現在はDJ/プロデューサーのジリオネアがメンバーとなっている。 ディプロは、2004年【Big Dada】レーベルよりファースト・アルバム『Florida』を発表。その新感覚のテクノ/ハウス・サウンドを披露し、クラブ・シーンで大きな注目を集める。2006年には自身のレーベル【Mad Decent】を設立し、シーンの最前線で活躍。プロデューサーとしてスパンク・ロックやM.I.A、サンティゴールド、ボン・ド・ロールを発掘する他、数多くのリミックスを手がけるなど、世界的に信頼されるプロデューサーとして、不動の人気と地位を確立している。また、2012年にはディプロ名義で8年ぶりの新作EP『Express Yourself』を発表している。

Enter the Vaselines

Enter the Vaselines

The Vaselines

カート・コバーンも愛した伝説のバンド、ヴァセリンズの完全ベスト盤。彼らの全スタジオ録音楽曲19曲と、未発表のデモ音源や80年代にブリストルとロンドンで行われたライヴ音源、全36曲を収録。スコットランドはグラスゴーにて、86年結成し、90年に解散。ヴォーカル/ギターのユージン・ケリーのエッジの効いたスクラッチ・ギターとフランシス・マッキーのメランコリックな歌詞、ユージンの乾いた声とフランシスのキャッチーで個性的な声が上手く絡み合ったサウンドは、今もなお時代を凌駕するエヴァー・グリーンな世界。また、サマーソニック09で奇跡の来日も決定しています。

dis is the oar of me

dis is the oar of me

Discharming Man

蛯名啓太率いる、Discharming man。今作では、札幌シーンの最重要人物の一人、bloodthirsty butchersの吉村秀樹もギター、プロデュースで全面的に参加しており、尋常じゃない重量感と張り詰めた空気感を醸し出している。そして、特筆すべくは唄。決して孤高の世界で完結しない、全霊で思いの全てを吐き出す唄には感情を揺さぶられる。

TOP