BANDO MICHIO NARUTO

道頓堀川

道頓堀川

板東道生

「道頓堀川」 詞・曲:板東道生 道頓堀川に浮かぶ涙の数は  夜空に揺れる星を集めても足りない 告げられた別れを抱えて橋を歩く  前へ進もうとしてもここに立ち止まってしまう 「涙の数だけ優しくなれる」とか  全然わからない 悲しいだけじゃないか 愛しているよ と まだ愛しているよ と 伝えてくれないか 涙の川よ 道頓堀川を夕陽が迎えにくる  今一番嫌いな時間(とき) 思い出の扉が開く時間(とき) 君の笑顔を見られなくなるなんて  一緒に歩けないなんて 想像すらできない 愛しているよ と まだ愛しているよ と 伝えてくれないか 涙の川よ 愛しているよ と まだ愛しているよ と 伝えてくれないか 涙の川よ 涙の川よ…

今宵花火が近すぎて

今宵花火が近すぎて

板東道生

インスピレーションは、2017年の徳島『やましろ夏まつり』の花火を見た事による。 近い。 とにかく、花火が近い。 それを見た者としては、日本一位と言いたい程。 花火がわざわざ山を触りに行ってるやん! 是非一度、やましろ夏まつりの花火を体感しに行ってください。

アイイロ

アイイロ

板東道生

シンガーソングライター・板東道生の『皐月三部作』第三作目。 道生がラジオの仕事でお世話になっている、女性技術スタッフ(音声)さんがご結婚されるという。 道生はその方と、ある約束を交わしていた。。。 『よし!◯◯(女性の名前)の結婚が決まったら、お兄ちゃん(道生の事)が歌を創ったる!』と。 しかし、道生が思った以上に早く結婚が決まってしまった。 『お酒の勢いで言ってしまった事』にする訳にはいかず、かと言って余計なバラードにする訳にもいかず、 必殺のギターロックチューンにまとめあげるという、常套手段に打って出たのである。 ジャケット画の4人は、この歌に関わりのある人達をイメージしている。(ジャケット画は毎度道生が描いている。) よろしくお楽しみください♪ みんな、頑張り過ぎたらダメよ。大事な物が目の前から消えてしまうからね☆

わたしの神様

わたしの神様

板東道生

シンガーソングライター・板東道生の新曲。 時代の流れと共に静かに成長し、リリースの日をひっそりと待っていた曲。 「命のつながり」「故郷」に思いを馳せよう。

トサイコー!

トサイコー!

板東道生

シンガーソングライター・板東道生の『皐月三部作』第二作目。 高知でのライブももう、道生音楽人生における絶対条件となった。 過去の高知ライブでやらかしてしまった情けない事、街で見かけて感じた豪快な事などをそのままんま、気持ちよ~く歌にのせた。 この歌を聴くと、どうしても踊り出してしまう。。。あなたはそんな人でしょか?

紀州いこー!

紀州いこー!

板東道生

シンガーソングライター・板東道生の『皐月三部作』第一作目。 ライブハウス・和歌山OLDTIMEさんでのライブに感激し、その場で観客の皆さんに『和歌山の歌創ってまた帰ってきます!』と約束してできた歌。 活動拠点・鳴門市から和歌山市までの、ドライブの空気感を表現したメロディーと歌詞。

TOP