album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
ボーダーライン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:57
ラストダンス  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:18
ロンリーブルー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:17
tonight tonight tonight  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:19
最終列車  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:43
シャーベット  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:12
ナイトクルーズ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:04
あなたへの月  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:31
プリズム&ブルース  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:36
最後の言葉  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:15
いまのこと  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:00
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 38:12
Album Info

長く愛されるであろう通算5枚目となるフルアルバムが遂に完成!ピザオブデスレコーズのレーベル内レーベルJun Gray Records。その第一弾アーティストとして電撃移籍を発表し話題となったUNLIMITS通算5枚目となるフルアルバムが遂に完成!今作でも最大の武器である女性ツインボーカルが織りなすハーモニーと日本語の響きを重視した歌詞、哀愁漂うメロディーラインはもちろん健在。名盤がまたひとつここに誕生した。

Discography

Rock

長く愛されるであろう通算5枚目となるフルアルバムが遂に完成!ピザオブデスレコーズのレーベル内レーベルJun Gray Records。その第一弾アーティストとして電撃移籍を発表し話題となったUNLIMITS通算5枚目となるフルアルバムが遂に完成!今作でも最大の武器である女性ツインボーカルが織りなすハーモニーと日本語の響きを重視した歌詞、哀愁漂うメロディーラインはもちろん健在。名盤がまたひとつここに誕生した。

11 tracks
Rock

前作『NeON』から約2年ぶりに、通算4枚目となるUNLIMITSのフル・アルバムが4月17日にいよいよリリース!そんな待ちに待った朗報が、少なからず衝撃的なインフォとともに飛び込んできた。というのも、長く籍を置いてきたSONYからではなく、そのニューアルバムは老舗のパンクレーベル=PIZZA OF DEATH内のJun Gray Recordsから発売されるというのだ。先ごろJun Gray Recordsから放たれたコンピレーション・アルバム『And Your Birds Can Sing』に参加していたとはいえ、およそ想定外の展開に戸惑うキッズも多いかも知れないが、メンバー曰く「元々セルフ・マネージメントでやっていたので、3年間の経験を生かし、元に戻っただけで。フレキシブルに動けるし、ある種バンドの在るべきカタチなのかな」とバンドは意気揚々。バック・トゥ・ベーシックを果たし、がぜん高まるモチヴェーションは何よりニューアルバムに目いっぱい注ぎ込まれた。久々のセルフ・プロデュースとなる本作『アメジスト』には、前述のコンピレーション・アルバム『And Your Birds Can Sing』に提供した鮮烈な哀愁パンクナンバー「エターナル」をはじめ、伸びやかな歌メロが疾走するビートと共鳴して瑞々しいセンチメントを描く「リリー」、<さぁ行こう この場所から>とブライトかつ雄大なアンサンブルと共に未来へ駆け出す「スターライト」、盟友OVER ARM THROWの菊池信也がコーラス参加した「ひこうき雲」など、まさにUNLIMITSにしか鳴らせない、珠玉の11曲が収録された。そう、躍動感溢れるメロディック・パンクにセンチメンタルかつ艶やかな昭和歌謡的エッセンスを落とし込み、独自のロマンチシズムに満ちたロックを鳴らしてきた4人の真骨頂と新境地が全編にわたって鳴り響いているのだ。10年以上にわたる実直なライヴ活動によって鍛えられた演奏はバンド・サウンドとしてのカタルシスに満ちているし、セルフ・プロデュースであることで''生身のUNLIMITS''が剥き出しとなったような、よりラウドで訴求力を増したアウトプットに身も心も鷲づかみにされてしまう。これが、荒波に揉まれながらも不屈の精神で突き進んできた、バンドの強度と挟持だ。「胸を張って差し出せる作品になりました」とメンバーが豪語するのも納得の仕上がりである。リリース後には全国を巡るレコ発ツアーも予定されている。何にも制約されることなく、その両翼を思うぞんぶん羽ばたかせて新境地からさらなる高みを目指すUNLIMITSに、ぜひ注目してほしい。

12 tracks