album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Strong Woman  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:07 N/A
2
Where It All Begins  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:45 N/A
3
My Everything  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:12 N/A
4
Small Of My Back  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:48 N/A
5
If You Want To  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:28 N/A
6
Always Love You  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:08 N/A
7
Lie To Me  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:34 N/A
8
This Could Be Love  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:53 N/A
9
Wrong Way  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:45 N/A
10
You Were Meant For Me  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:04 N/A
11
I'm Coming Back -- レイラ・ハサウェイラシェル・フェレル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:57 N/A
12
Dreamland  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:19 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

毎回コンセプチュアルな作品を発表し話題を集めるホセですが、今回は今年(2018年)生誕80周年を迎えた伝説のR&Bシンガー・ソングライター、ビル・ウィザースへのトリビュート・アルバム。「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」、「ラヴリー・デイ」、「エイント・ノー・サンシャイン(消えゆく太陽)」、「リーン・オン・ミー」など、数多くのアーティストに愛されカヴァーされてきたビルの名曲が、ホセの唯一無二のスモーキー・ヴォイスで現代によみがえります。現ブルーノート社長のドン・ウォズがプロデュースを手掛け、ネイト・スミス(ds)、ピノ・パラディーノ(b)、クリス・バワーズ(key)、ブラッド・アレン・ウィリアムス(g)という最強の布陣で、2018年春にハリウッドのキャピトル・スタジオで録音。さらに、ホーン・セクションには黒田卓也(tp)とコーリー・キング(tb)が、「ラヴリー・デイ」にはゲスト・ヴォーカルとしてレイラ・ハサウェイが参加し華を添えています。 日本盤ボーナス・トラックには、日本用に特別に録音されたホセの弾き語りによるアコースティック・ヴァージョンを2曲収録。

View More Discography Collapse