bio tolva

Artist Profile

2007年活動開始。愛知出身、東京在住、牧野圭祐(composer)のソロプロジェクト。北欧ポストロックを基盤とし、エレクトロニカとオーケストラを融合。あらゆるジャンルを取り込んだ音楽性。生演奏はほぼ無く、オーケス トラもバンドサウンドも本人1人の手による打ち込み。歌を重視し、多くの曲にゲストボーカルを迎えている。2008 年、アイスランドのレコード店「12 tonar」(Bjork, sigur ros,mumらの出会いの場となった老舗の店)にデモを持ち込み、基本的に現地以外のアーティストは扱わない同店で異例の販売をされ、2012年にはア イスランドのネットラジオでもオンエアされた。2009年、食の祭典「ANDALUCIA SABOR 2009」に日本代表として参加したレストランTERAKOYA」のPVに楽曲提供。尚、牧野は弱冠30歳でTBSの連ドラ『新参者(2010)』を手がけた新進気鋭のプロの脚本家。そのため、楽曲もストーリー性や世界 観を感じさせるものが多い。

公式サイト: http://novelsounds.jp/biotolva/

People who bought this artist's album also bought

Articles

bio tolva『Chiaroscuro』配信記念 牧野圭祐インタビュー

インタヴュー

bio tolva『Chiaroscuro』配信記念 牧野圭祐インタビュー

Novel Soundsから、牧野圭祐のソロ・プロジェクトbio tolvaがデビュー「僕はパンクをやってるつもりなので」。これは紛れもなく、bio tolvaこと牧野圭祐の言葉である。bio tolvaのファースト・アルバム『Chiaroscuro』は、…