松倉如子

昭和55年、大阪府生まれ、熊本、愛知、山口、京都を6年周期で過ごす。 京都の大学でデザイン、映像、舞台芸術を学んでいたが、卒業制作の一人芝居で初めて歌を作り、音楽の道を行くことを決意。 2005年4月から東京・吉祥寺へ移り住み、同年9月より音楽活動を始めた。 2006年5月、渡辺勝(ピアノ、ギター)に出会い、相方にしてライブ活動を始める。 2007年5月、ファーストCD「星」を発売。 2007年10月、「赤色エレジー・マニア」(Run,Rabit,Run Records)に松倉如子(歌)渡辺勝(エレクトリック・ギター/足ぶみオルガン/横笛/太鼓/他)HONZI(ヴァイオリン)で参加。 現在、新作参加ミュージシャンである渋谷毅、村上律、渡辺勝、森俊也、永田利樹、等とライブ活動を展開中。

Official site: http://ameblo.jp/yukiko-m/

Discography

元はちみつぱい/アーリータイムス・ストリングス・バンドの渡辺勝、二階堂和美の才能に狂喜した渋谷毅氏がもっぱら惚れ込んでいる天性爛漫治外法権な狂喜のシンガーの登場! 矢野顕子や大貫妙子も髣髴とさせるがその中にも少女性と幼女性が見え隠れして魔性の臭いを漂わせる。曲ごとに変化する雰囲気/演技力は鬼気迫るものが。 スウィング、ムード歌謡、フォーク等の要素を完全に松倉ワールドに染め上げてるところは エゴラッピン〜小島真由美好きにもたまらないはず。
14 tracks

Related labels

Articles

松倉如子『パンパラハラッパ』text by 渡辺裕也

レヴュー

松倉如子『パンパラハラッパ』text by 渡辺裕也

このという歌い手の『』という作品に、僕は今あまりに強く胸を打たれてしまっていて、正直どう表現したらいいのかわからない。例えば彼女と似たフィーリングを持った歌い手の名前を横に並べて語るような野暮な(というより的外れな)事はしたくないし、だからと言って「これは…