DOIMOI

Artist Profile

2003年、名古屋大学フォーク・ソング同好会にて二村泰史(Vo/G)、杉山明弘(G)、戸田真治(Dr)、のちに篠田尚志(Ba)を誘って結成。半年ほどで戸田が引退、31KNOTSのライヴを見た杉山がトリオ化を決意しドラムに転向。ギター・ベースを曲によって持ち替えるスタイルに。 2005年、CD-Rでの初音源『WEATHER FORECAST WON'T SEGREGATE WELL』を完成、6月頃からライヴ活動開始。CD-Rは名古屋のレコード・ショップFILE-UNDER、STIFF SLACKを中心に意外と売れる。2006年、STIFF SLACKのサポートを得て3月に1枚目のフル・アルバム『THE MORE YOU TANBLE, THE MORE WE HEAVY METAL』を全国流通で自主リリース。4月からドラムに同じく名古屋大学フォーク・ソング同好会から曽我部直希が加入、杉山はギターに復帰して担当パートが定着。名古屋の5月の名物イベント「鶴ロックフェスティバル」に出場。 2007年、「フジロックフェスティバル」内の一般選考枠「ROOKIE A GO-GO」に選出され出場。FM AICHIにてインディーズ・バンドが月代わりでパーソナリティを務める番組「STORM」の10月放送分を担当。11月、学業が多忙を極める曽我部に代わり、EGOISTIC 4 LEAVES、SU:ほかで活躍する林礼一が参加。2008年、曲作りとライヴ活動を継続。5月に再び出場した「鶴舞ロックフェスティバル」から、出身地をアメリカに変更する。カリフォルニアと謳っているのは、直前にY&Tのライヴを見たから。2009年、10月10日、セカンド・アルバム『DIALECTIC AND APOCALYPSE』をリリース。「BURRN!」誌、「MUSIC MAGAZINE」誌ほかで紹介され、いずれも高評価を得る。2010年、初の自主企画「HEADBANGERS BALL」第1回を名古屋・鶴舞KDハポンにて主催。2011年、鋭意活動中。

公式サイト: http://www.inurokuon.com/doimoi/

Discography

People who bought this artist's album also bought

News

メインは東京以外! 北海道から沖縄、台湾のバンドまでが新代田FEVERに集結

メインは東京以外! 北海道から沖縄、台湾のバンドまでが新代田FEVERに集結

7月14日(土)、15日(日)に新代田FEVERにてライヴハウス型フェス〈BALFES × SSFES presents SUMMER MEETING 2012〉が開催される。 名古屋発のレーベル兼レコードショップのStiffSlackと、今年で活

Articles

全曲フル試聴開始! DOIMOI『Materials Science』

レヴュー

全曲フル試聴開始! DOIMOI『Materials Science』

名古屋のエモーティブ・ナード・メタル・バンドの4人組DOIMOI!90年代グランジやへヴィメタルをルーツに、エモ/ポストコアを通過し、オリジナリティの高い音楽性を持つ名古屋発4ピース・バンドDOIMOI。今回オトトイでは、デビュー・アルバムのリリースを記念…

名古屋音楽シーン大特集!『IN THE CITY THERE IS A NAGOYA MUSIC』

インタヴュー

名古屋音楽シーン大特集!『IN THE CITY THERE IS A NAGOYA MUSIC』

OTOTOYとシンガー・ソングライターのゆーきゃんで制作した京都コンピレーション・アルバム『All Along Kyoto Tower(京都タワーからずっと)』は、現地に住むミュージシャン、そしてレコ屋の店員でもあるゆーきゃんの言葉と手書きの相関図と共に、…