artist image

ズボンズ

ズボンズの表現は常に「その瞬間の輝き」に向かっている。もちろんその真骨頂はライブにある。ドン・マツオはその熱情の全てを投入して混沌(カオス)から「突き抜けた瞬間」へとバンドを、聴衆を巻き込んでいく。それは深い自己の内部への探険でありながら、同時に大いなる開放でもある。ズボンズのライブは「生きている感動を創造しているのである。

 1994 年に東京にて結成。96年にはThe Flaming Lipsを始めとする多くの海外アーティストと共演し、自主制作カセットテープは常に完売、各レコード店のインディーズチャートにランクインするなど、次第にその名は広まる。翌97年に、クアトロ/ライストーン・レーベルより「Super Funcy of ズボンズ』で待望のCDデビューを果たし、同年伝説の第1回フジロックフェスティバルに新人日本人アーティストとして大抜擢され、その卓越したパフォーマンスは多くの海外アーティスト目当てのオーディエンスを湧かせた。98年には2回の全米ツアーを行いEnperor Norton Labelよりアルバムをリリースする。このツアーのLA公演の際、Rage Against The Machineのザックが噂を聞き付け姿を見せた。New York Times紙の1面を大きくドン・マツオの写真が飾ったのもこの時である(日本人としては北野武につづく二人目の快挙)。同年バンドの代名詞となる名曲/Mo' Funkyを含むアルバム『Let It Bomb』をリリース。洋楽/邦楽問わず、リスナーに圧倒的支持を得る。

99年、メンバーチェンジ経て(当時のドラマーは現ザゼンボーイズのアツシ)Virgin/東芝EMIと契約。シングル/Hot Love、アルバム/Bomb freak Expressをリリース。Trickyに絶賛され、レコーディングに誘われる。同アルバムはオーストラリアEMIからもリリースされ、アルバムからの Tighten Rapがスマッシュ・ヒット、オーストラリアでも大人気となり、2000年の大フェスティバルBig Day Outに出演。SydneyではGreen Stageのトリを飾る。その後ドン・マツオとマッタはメルボルンに一時移住し、更なるメンバーチェンジでドラム、キーボードの二人のオーストラリア人メンバーを加えて6人編成となった時期もあった。 2002年、帰国したドンとマッタ、オリジナルメンバーのムーストップ、そして若きドラマー、ポッキーがメンバーとして加入して現在のラインアップに至る。バンドの究極的な有機的/自然発生的表現を目指しエレクトリック・マイルスばりのJam/インプロ/実験を重ね、04年わずか2日間でレコーディングされた2年半振りの新作『New San Francisco』を発表。大いなる音楽的成長を印象づける。

 2005年、6年振りとなる北米ツアーを2度行い、各地で大絶賛される。Canadian Music Week Festivalでは本国のアーティストを差し置いてbest actの2位に選ばれ、Toronto Sun紙でBest Club Shows of 2005を受賞する。ズボンズは「ギターウルフの次にアメリカで成功するであろうバンド」と言われている。

 06年、ドン・マツオはソロアルバム『オレハシナイヨ。』を発表。ギター1本で全国現地のバンドをバックにつける1発勝負のツアーを全国15箇所で成功させた後、ズボンズの活動は次なる頂点に向かって本格化している。まさに世界をまたにかけ、縦横無尽に駆け回るバンドである。

ズボンズ The Zoobombs 2006ドン・マツオ DON Matsuo(Vocal,Guitar,Conductor)マッタイラ Mattaira(Keyboard,Vocal)ムーストップ Moostop(Bass)ポッキー pocky(Drums)

DiscographySuper Funcy of ズボンズ(1997)Welcome back,Zoobombs!(1997)Let It Bomb(1998)Bomb Freaks Express(1999)Dirty Bomb(2000)Bomb You Live(2001)〜トロント、エルモカンボ・クラブでのライブ盤Love Is Funky(2002)New San Francisco(2004)

Official site: http://www.thezoobombs.com/

Discography

【ブルージーなヒップホップをロックに奏でる】ズボンズの新譜は、上等なウィスキーのように熟成されたロックだ。そして、どこか独特な「かつての匂い」を放つロックでもあり、新鮮な湧き水で造られたサイダーのようでもある。ある種、ズボンズならではの安心感(絶対的なクオリティー)と、最新型のヒップホップが楽しめる仕上がりだ。オリジナルドラマー・ブッカビリーの復帰とベース・マッチの加入により、新たなズボンズの化学反応も楽しんで欲しい。さぁ〜ライブが楽しみだ!世界がズボンズを待っている!
結成15周年!! ズボンズ、初のベスト・アルバム!! ただし、過去を振り返らず、今なお進化と前進を続けるバンド、ズボンズ流ベスト・アルバムは全曲再録のセルフカバー・ベスト・アルバム! 現在でもライヴで演奏する名曲を12曲、今バンドが考える最高の演奏を持って新録音されたニュー・アルバム的ベスト・アルバム!!

News

SILLYTHING、自主企画にSCOOBIE DO、ズボンズ、ザ・ジュアンズ出演

SILLYTHING、自主企画にSCOOBIE DO、ズボンズ、ザ・ジュアンズ出演

夏の魔物のプロデューサーでもある成田大致のバンド、SILLYTHINGの自主企画イベント「Back in the SILLYTHING」に‪SCOOBIE DO、ズボンズ、ザ・ジュアンズの出演が決まった。‬ SCOOBIE DOは‪8月28日(水)‬に2

眠たいロックに喝! ホワイト・ミステリーが初来日、ズボンズ、ドン・マツオらと全国巡る

眠たいロックに喝! ホワイト・ミステリーが初来日、ズボンズ、ドン・マツオらと全国巡る

アメリカのガレージ・ロック・デュオ、ホワイト・ミステリーが初来日し全国ツアーを開催。ズボンズおよび、同バンドのドン・マツオとともに全国7ヶ所を巡る。 ホワイト・ミステリーは姉のミス・アレックス・ホワイト(Gt)と、フランシス・スコット・キイ・ホワイト(D

ズボンズ、9月22日の公演を「最後のライヴ」にすると発表

ズボンズ、9月22日の公演を「最後のライヴ」にすると発表

オルタナティヴ・ロックバンドthe zoobombs(ズボンズ)が、9月22日(日)に下北沢BASEMENT BARで行われる20周年ライヴを「最後のライヴ」にすると発表した。 この発表は、オフィシャル・サイト上にて「緊急告知」として行われたもの。前述

Articles

ZOOBOMBS『THE SWEET PASSION』配信開始!

レヴュー

ZOOBOMBS『THE SWEET PASSION』配信開始!

6年振りのオリジナル・アルバム登場''ZOOBOMBS / THE SWEET PASSION''活動歴17年を超える、世界を跨ぐ日本のロック・バンドZOOBOMBS! 日本・北米発売、6年振りのオリジナル・アルバムにして10作目のアルバム! 常に「その瞬…

ズボンズ『Nightfriend of ZOOBOMBS』インタビュー

インタヴュー

ズボンズ『Nightfriend of ZOOBOMBS』インタビュー

1994年のデビュー以降、常に変化を求め、独自のスタンスで活動する。メジャー進出、第一回Fujirock Festivel出演、海外進出や度重なるメンバー・チェンジを経て、結成15年を迎えた彼らの活動は衰えるどころかさらに勢いを増し、今年は約1ヶ月にも及ぶ…