ハンバートハンバート 佐藤良成による新バンド

気の合う友達と初めてのバンドを組んで、スタジオに入る。ドキドキ、ワクワクしながら「せーの! 」で一斉に音を出す。エレキ・ギターを爆音でならし、ドラム・セットを力任せにぶっ叩く。そして、ボーカルはひたすら思いの丈を歌う。これだけで最高のロックンロール・バンドのできあがりだ。

ハンバートハンバートの佐藤良成と村井健也による、グッバイマイラブの音楽にはそんな溢れんばかりの初期衝動がギッシリと詰まっている。彼らの音楽を、中学生の僕が聴けば絶対にバンドを始めただろうし、今聴いてもすぐにスタジオに入ってギターを大音量で鳴らしたくなってしまう。しかも、それほどの力をもった楽曲を、ボーカル・ギターとドラムという最小限の構成で作り出しているのだ。そう、この二人が鳴らしているのは紛れもないロックンロールなのだ。

インタビュー & 文 : 池田義文

photo by 船橋岳大


INTERVIEW

—バンドを組んだきっかけを教えてください。

佐藤良成(以下 佐藤) : 僕が“ハンバートハンバート”、 村井健也が“なさいど”というバンドをやっていて、その後新しくPIRAMIDESというスリー・ピースのバンドを僕と村井君ともう一人で組みました。ほんの短い間のバンドで、半年くらいしかやっていないんです。で、ドラムが抜けて二人になって、それでバンド名をグッバイマイラブに変えて続けました。

—その時に新しいドラムを入れようとは思いませんでしたか?

佐藤 : 全く思いませんでした。ドラムが抜ける少し前くらいから、村井君はドラムを絶対にやるだろうと思っていましたから。

—村井さんは本当にそう思っていたのですか?

村井健也(以下 村井) : いや。僕は全く思っていなかったです(笑)

佐藤 : ドラムをやるようにしむけたんです。「やっぱりドラムは君がやったほうがいいよ」って(笑) それで、割とすんなりやってくれましたね。

村井 : ドラムが抜けたのが、ライヴの二日前だったんですよ。あわてて、ライヴの当日にドラムのスティックを買いに行って、そのままドラムを叩いています。

—その時のライヴはどうでした?

佐藤 : とてもよかったですよ。全然これでいいじゃんって感じでした。

村井 : 曲が簡単なので、すぐにできちゃいましたね(笑)

佐藤 : 知っている曲なので、何も練習がいらないという。

—今回のアルバムに収録されている曲はPYRAMIDESの頃からの楽曲ですか?

佐藤 : 基本的にはそうです。その後増えた曲もあるんですけど。

村井 : 「地動説」とかはPYRAMIDESの時からやっていましたね。もともとはテンポがものすごく早い曲だったんですよね。最初はノリノリな曲でした。

—他の楽曲もその頃と比べ、アレンジは変わっているのでしょうか?

村井 : そうですね。アレンジは全部作り直していますから。「これはいける!」となるまで、全曲つめました。

—バンド名をPYRAMIDESから、グッバイマイラブに変えようと思ったのは何故ですか?

佐藤 : PYRAMIDESという名前が、あまりよくないんじゃないかって。それだけです。いかにも売れなそうな名前だから、もうちょっとインパクトがあって、キャッチーな名前にしたいなと思って。

—お2人は元々どういうお知り合いでしたか?

佐藤 : 高校の同級生です。バンドを一緒にやっていた事もあります。

—その時はどんな音楽を演奏していたのですか?

村井 : 最初はLED ZEPPELINやKING CRIMSONのコピー・バンドをやっていました。でも、それも僕らがやりたかった訳ではなく…。そのバンドのボスが全て選曲をしてきて、しょうがなくやったというだけですね。

photo by 船橋岳大

—一緒にバンドをやるのは、それ以来ですか?

佐藤 : そうですね。長い事暖めていたバンドです。構想12年…。こういうとすごいですね(笑)

—今後も二人で音楽を続けて行くつもりですか?

佐藤 : そうですね。喧嘩もしないし、割とすんなりと色々な事が進んで行くので。

—曲作りはどのように行っているのですか?

佐藤 : とりあえず、お互いが楽曲を持ってきて、とにかく演奏するスタイルですね。

村井 : それでもアレンジはかなり練っています。

佐藤 : すごく簡単な曲に聴こえると思うんですけど、実際本当に簡単なんです。でも、この簡単な事をやるのに、ものすごい時間をかけています。

—どういう点に時間をかけるのでしょうか?

村井 : 何となくイマイチじゃない? みたいな感じが解決するまでつめるので、時間がかかります。その「何となく」が1年くらい経って、少し変えてみたら突然解決したりとか。演奏してすぐ、もうこれはばっちりだと決まるものもありますね。

佐藤 : 1曲を完成させるのに、ものすごい時間がかかってしまって、なかなか曲ができないんです。ライヴでやるうちに減ったりするし(笑) でも、曲って出来る時は出来るし、出来ない時は出来ないと割り切っていますよ。

photo by 船橋岳大

—その辺りの感性は同じだと?

佐藤 : そうですね。基本的には一緒です。そうじゃないと一緒にバンドをやっていくのは難しいですよね。最初に感性が同じだと思ったので、バンドをやろうと思ったのは大きいですね。

—全体的にポップな印象を受けたのですが、曲作りの際にポップさは意識していますか?

村井 : どちらかというと暗い曲ばかりですけどね(笑)

佐藤 : 暗いかな? 特に意識しないけど、僕たちはポップな曲しかできないんでしょうね。できあがったものがこんな感じだっただけですね。

—佐藤さんは曲を作る時に、ハンバートハンバートとグッバイマイラブのどちらか決めて作るのでしょうか?

佐藤 : そんなことはないですね。出来上がった曲をやろうとすると、自然と分かれて行きますね。でも2つのバンドに同じ曲を持って行く事もあるんですよ(笑) 実は同じ曲をやっていたりするんですけどね。

—違うバンドで、違うアレンジの同じ曲を演奏することに混乱しませんか?

佐藤 : ほんのちょっと違う部分があったりして、混乱することもありますね(笑) でも、別々にアレンジを作っていくから、種が同じでも育ち方が違うんです。最終的には全く違う曲になるんですよ。

photo by 船橋岳大


—ホームページのトップにのっている女性の絵は、誰が書いたのですか?

女性の絵

村井 : 僕が書いたんですけど、良成の家に遊びに行った時に、ビールを飲みながら書いた絵なんです。

佐藤 : 世界中のジプシーを時系列に追って行く「ジプシー」という写真集があって、その中で踊っているおばちゃんの写真があって、それを見て書いた絵ですね。

村井 : その本は80年代に編集されたものなんです。その取材陣がどこかの東欧のジプシーの村へ行って、居酒屋に入ったら、中にその下着の女性がいたんですね。その取材陣が、出された酒を飲んだら、急に意識が朦朧としてきて、「いかん! これは睡眠薬入りだ! 」といって命からがら逃げ出したというエピソードがあるんです。

佐藤 : よく、そんなこと覚えていたね。記憶力がすごい!

—あの人には、実はすごいストーリがあったんですね(笑) 最後に今後の活動の目標を教えてください。

佐藤 : すごく売れる事だと思います。村井君は何かありますか?

村井 : すごく売れる事ですね。

佐藤 : やっぱり、売れる事が大事かなと。CDもライヴも人からお金をいただいてやっていることなので、たくさんの人がお金を出してくれるといいですね。

PROFILE

佐藤良成と村井健也によるギターとドラムのみの小編成ロック・バンド。
2007年、ハンバートハンバートで活躍していた佐藤が、学生時代からの友人・村井を誘って結成。
村井は自身がリーダーを務めるオルタナティブ・バンドを経て、ハンバートハンバートへ楽曲提供を行っていた。
既にお墨付きの創作能力と、魅力ある歌声でリスナーを魅了する佐藤。不器用ながらも純粋で少年のような歌声と詞の世界を持つ村井。
ふたりの個性が融合したグッバイマイラブは、パワフルでポップでさみしげで楽しげなロックを生み出す。

ROCK YOU ! ! ! !


マーガレットズロース 『DODODO』
ライブ感にこだわりつづけたマーガレットズロースがはじめてスタジオ・ワークに目覚めた。70年代フォーク・ロック〜本作ではレゲエ・ダブ・ソウルといった音楽を吸収するまでに成長。どどどと噴出するダイナマイト・マガズロ・ガンボ・ミュージック!!


ドン・マツオ from ズボンズ 『NEW STONE AGE』
90年代中期より日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、世界を股にかけロックンロールし続けている孤高のバンド、ズボンズのフロント・マン、ドン・マツオ。3年ぶり2枚目となるソロ・アルバムは、前作のコンセプチュアルな内容とはうってかわって、ズボンズ本体と表裏一体のエネルギッシュなロック、ファンキーなリズム、深淵なブルース、小気味いいブギなど、本人もズボンズ名義で出そうか迷ったという渾身かつ軽やかな力作。


騒音寺 『THE BEST OF SO-ON☆G』
90年代半ば京都で結成。地元京都の先人“村八分”や明太ロックの雄“サンハウス”の影響が濃い、極めてロック色の強いバンドとして活動。ロック・ファンから絶大な支持を集める。本作は、これまでにリリースした6枚のオリジナル・アルバムから13曲を厳選した新録ベスト・アルバム。"くるり"の"岸田繁"と"佐藤雅史"の両人がフェイバリットにあげる"karasu on my shoulder"をはじめとする最初期の作品や、不朽の名曲として後世に残るであろう"風来坊""帰り道"なども収録した、まさしく【和製ロックンロールの最高峰】とでも言うべきアルバムである。


CLOSE UP : 残像カフェ

CLOSE UP : SOFT

CLOSE UP : 環ROY×DJ YUI

CLOSE UP : HARCO

o

 
 

インタヴュー

松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!!
[CLOSEUP]・2017年08月19日・松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!! 埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉で運営されているkilk reocordsによるライヴハウス「ヒソミネ」。その両者がタッグを組み、8月26日におふろcafé utatane、翌27日におふろcafé bivouacにて音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉を開催する。「地域コミュニティでハブ機能を担う温浴施設・ライヴハウスをもっと知ってもらい、地域をもりあげたい」という気持ちから、埼玉出身アーティストをはじめ、ヒソミネが厳選した6組以上のアーティストが出演。料金は各店舗の入館料のみ!! お風呂に入って、マンガを読んで、ライヴを見て、と複合的な楽しみ方も可能だ!! イベント開催を前に、出演者でもある松本誠治(the telephones、FINAL FRASH、Migimimi sleep tight)とともにおふろcafé utataneを体験。その様子を写真とともにお届けする! 8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろca
by 西澤 裕郎
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事