artist image

グッバイマイラブ

佐藤 良成 (さとう・りょうせい) 1978年 神奈川県 ボーカル・ギター 「いつかやりたいと思いながら、ずっとやらないでいたロックバンドというものを、やるなら一番一緒にやりたいと思っていた昔の友達と始めました。たっぷり時間をかけてよく練って、素晴らしくかっこいいアルバムを作ることができました。みんなに教えてあげたいです、ロックってこういうののことを言うんだよと。」

村井 健也 (むらい・けんや) 1978年 東京都 ボーカル・ドラム 「ドラムというのはいいものですね。 練習しなくても叩けるし、電線つながなくてもひっぱたけば音がでる。 そして思い切りひっぱたくと気持ちよくて、でてくる音もかっこいい。 そうなってくるともう最高で、みんなが忘れているロック音楽の最高なところを、最高にかっこよくやってしまうのだ、グッバイマイラブは。」

佐藤良成と村井健也によるギターとドラムのみの小編成ロックバンド。 2007年、ハンバートハンバートで活躍していた佐藤が、学生時代からの友人・村井を誘って結成。 村井は自身がリーダーを務めるオルタナティブバンドを経て、ハンバートハンバートへ楽曲提供を行っていた。 既にお墨付きの創作能力と、魅力ある歌声でリスナーを魅了する佐藤。不器用ながらも純粋で少年のような歌声と詞の世界を持つ村井。 ふたりの個性が融合したグッバイマイラブは、パワフルでポップでさみしげで楽しげなロックを生み出す。

Discography

ハンバートハンバートの佐藤良成による新プロジェクト。岸田繁(くるリ)、峯田和伸(銀杏BOYZ)をはじめ、多くのアーティスト達からも注目されている彼ら。純粋な詞の世界と、トラディショナル感を醸し出すオリジナリティあふれる楽曲群に心を打たれます。

Related labels

Articles

グッバイマイラブ インタビュー

インタヴュー

グッバイマイラブ インタビュー

気の合う友達と初めてのバンドを組んで、スタジオに入る。ドキドキ、ワクワクしながら「せーの! 」で一斉に音を出す。エレキ・ギターを爆音でならし、ドラム・セットを力任せにぶっ叩く。そして、ボーカルはひたすら思いの丈を歌う。これだけで最高のロックンロール・バンド…