「今が一番楽しい」ーーMO’SOME TONEBENDERがストラグルの末に辿り着いた、ネジのはずれ具合が最高な最狂のロックンロール

2013年12月以降、約1年強ぶりに、MO'SOME TONEBENDERがアルバムをリリースする。しかも、なんと2作連続!? その第1弾となるのは、「地獄盤」こと『Rise from HELL』。初期のモーサムを連想させるヘヴィなハードコアやガレージロックを中心としたイーヴィルなロック作。フルスロットルで地獄からの脱出を試みるかのような、壊れたテンションの高さに溢れた本作で地獄を観てみないかい? 百々和宏へのロング・インタヴューとともに、最狂のロックンロールをお届けする。


2作連続リリースの第1弾、地獄アルバムの”地獄盤”

MO’SOME TONEBENDER / Rise from HELL

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3

【価格】
単曲 205円 まとめ価格 1,543円(税込)

【収録曲】
1. トーキョーロスト
2. メタルボーイ
3. ハナタラシ vs ワンダーボーイ
4. カルチャー
5. バイオレーターデストラクション
6. 平民貧民大貧民
7. ジャムパンちょうだい
8. イミテイションシティ

INTERVIEW : MO’SOME TONEBENDER

2015年のMO’SOME TONEBENDERは2作のアルバムを立て続けに発表する。まず4月に出るのが、ハードコア・パンク~オルタナ色の強い『Rise from HELL』。そして8月には、エレクトロニックかつサイケデリックな『Ride into HEAVEN』が予定されている。サポート・ドラマーを迎えた4人編成のライヴ、百々和宏のソロ活動やgeek sleep sheepへの参加、藤田勇のART-SCHOOLへの参加と、内外からバンドを解体・再構築し、本質のみが残った今のモーサムの姿がそのまま凝縮された、濃密かつ濃厚な2作である。まずはネジのはずれ具合が最高な『Rise from HELL』について、百々和宏に語ってもらった。

なお本作よりモーサムは古巣であるUK PROJECTに復帰を果たすが、これにはいろいろと考えさせられるものがある。つい先日ART-SCHOOLの木下理樹が自主レーベル「Warszawa-Label」の設立を発表したばかりだが、かつてUK PROJECTに所属していたTHE NOVEMBERSも2013年に「MERZ」を設立し、現在独自の活動を展開していて、その一方、愛すべき後輩であるきのこ帝国は今月メジャー・デビューを果たす。各アーティストの状況が目まぐるしく変化する中、モーサムが選んだのは「ただ音楽に集中できる環境」だった。これは00年代を通じてメジャー・シーンに位置し続け、バンドの内外でストラグルを続けてきたバンドだからこその選択であり、木下とは逆のベクトルながら、同じだけの重みを持った選択だと言えると思う。「今が一番楽しい」という百々の何気ない言葉に、彼らの重ねてきた歴史を感じる。

インタヴュー & 文 : 金子厚武


MO'SOME TONEBENDER「トーキョーロスト」

前はね、「腐ってもメジャー」とか言ってたんですよ(笑)

ーー個人的に、モーサムの取材をやらせてもらうのが2010年の『STRUGGLE』以来なので、まずは振り返って話をさせてください。2011年にベスト盤が出て、その翌年からgeek sleep sheepの活動が始まり、ソロ・アルバムのリリースもありました。この頃から少しずつ百々さんの中でのモーサムのあり方が変わってきたのかなと思うのですが、実際いかがですか?

百々和宏(以下、百々) : それまでもいろんな人とセッションをやったりはしてて、中村達也や大友良英さんとかとJOY HEIGHTSをやったりもしてたんですけど、ソロは自分のパーソナルな部分だけで作品にすることができたんで、すごい快感がありまして、「これ続けたいな」って思って。それと同じタイミングで、yukihiroさんに誘われて、それがギークになって… 当時はこんなに続くとは思ってなかったんですけど。

ーー僕も思ってなかったです(笑)。

百々 : ですよね(笑)。でも、ギークはすごく自分のプレイヤーとしての満足度が高いバンドなんですよ。曲作りもそうだし、演奏するのもそうだし、yukihiroさんと345ちゃんは、自分がこれまでセッションしてきた人たちとはタイプの違う2人だったので、すごい満足感を得られて… そうなると、モーサムのこともよく見えるようになってきたんですよね。「モーサムって、いいバンドだな」って(笑)。

ーーそれまでは思ってなかったんですか(笑)?

百々 : 「よくやってんな」って思ってた(笑)。でも、その頃からモーサムってバンドに対して優しくなりましたね。

ーー確かに、その後リリースされた『Strange Utopia Crzay Kitchen』と『Baseball Bat Tenderness』はどこか吹っ切れた感があって、「モーサムらしくやればいいじゃん」っていう雰囲気が出ていたように思います。

百々 : あんまりあれこれ悩まずに、自分たちの快感をどこまでも追及していくのが、モーサムの正しい姿なのかなと思いまして、そこであんまりストレスを感じないようにやりたいと思いましたね。

ーーだから、『Sing!』以前の「いつ崩壊してしまうんだろう?」というハラハラはなくなって、もっと純粋に音楽的なドキドキが増えたような気がします。

百々 : バンドを楽しんでやってるのが、お客さんにも見えるようになってきたっていうことかもしれないですね。

ーーそして、前作のタイミングでマネジメントがUK PROJECTになり、今作からレーベルもUK PROJECTになりました。こうした環境面での変化は、バンドにどんな影響を与えていますか?

百々 : UKは昔から世話になってたので、そんなに大きな違いってないんですけど、リリースに関してはどっちがいいかなって悩んだ部分もありました。前はね、「腐ってもメジャー」とか言ってたんですよ(笑)。スタッフとのコミュニケーションもよかったし、セールス以外はおおむね満足してて、それはメーカーの責任じゃないし、「メジャーでやれてる」っていうのが、自慢みたいな気持ちもどっかにあったと思うんです。「こんなエクストリームな音出してるバンドがメジャーでやれるってすごくない?」みたいな。なんかでも、今回は新鮮な気持ちでやりたいと思いまして、2作出すっていう案が出たときに、これはもうフレキシブルに動けるUKから出したいなって思いました。

ーーそれまではどこから出すか決まってない状態で、曲作りだけ進めていたと。

百々 : そうですね。まあ、今メジャーもインディーもどっちがいい悪いとかないんで、どっちのほうが面白いことができるかなって考えたときに、2作出せるのは楽しいなって。メジャーだと今は1作出すのも結構大変だから。嘘八百を並べて、「今度は売れます」って言うのもねえ(笑)。それで、最初はミニ2作って言ってたんだけど、いざレコーディング始めてみたら、8曲ずつになったんで、「ミニとは言わずにおこう」っていう(笑)。

ーーちなみに、独立することは考えませんでしたか? つい最近だと、ART-SCHOOLの理樹さんがレーベルを立ち上げましたが。

百々 : ああ、理樹がなんか偉そうなこと言ってましたね。「絶対いろんな人に迷惑かけるぞ」って思ったけど(笑)。

ーーモーサムは迷惑をかけないためにレーベルはやらない(笑)?

百々 : UKにマネジメントをお願いする前は、いろいろ考えたんですよ。でも、UKの社長に「モーサムはそういうことできる人いないでしょ」って言われて、「確かに。じゃあ、お願いします」っていう(笑)。まあ、どういうやり方でも今は大変ですけど、モーサムはホントにメンバーそれぞれ好き勝手やるから、まとめるのも大変なんで、そこであんまり労力使いたくないんですよ。リーダー不在っていうか、イニシアチブの取り合いみたいなのがいまだに続いてて、それはバンドがなくなるまで変わらないかもなって。だったら、運営面は他の人にお任せして、作品作りとかライヴにパワーを注ぎたいと思ったんです。

レッテルを貼られることに抗ってたところもありました

ーー曲作りに関しては、最初からコンセプトがあったわけではなく、まずはあるものを形にしていったわけですよね?

百々 : ですね。2作出すって決めてから、色を考えた感じです。2作出すっていうことに対しても、最初はメンバーの中で温度差があって、そもそも2作出す曲数が揃うのかっていうのがあったけど、年末くらいにプリプロをやって、曲をまとめていくと、「これ全部完成させられるな」って気分になって、モーサムはエンジンかかったら早いんですよ。年明けの10日間くらいで、16曲歌入れまで録ったんで。

ーーすごい! 2作出すことに関しては、何か新鮮なことをやりたいっていうのが大きかったわけですか?

百々 : それがまずあったのと、あとは分けることによって、モーサムの二面性を凝縮して出せるから、これまでモーサムを聴いてきたリスナーはもちろん、モーサムのことをよく知らない人にも、モーサムってバンドの色を見せやすくなるかなって。

ーー改めて、自己紹介するような意図もあったと。

百々 : うん、そうかもしれない。

ーーあえてお伺いしますが、以前にも一度メジャーからインディーに変わったタイミングがあって、そのときは『LIGHT,SLIDE,DUMMY』から『TRIGER HAPPY』へという大胆な変化をしたわけじゃないですか? ああいうことをもう一度やってみようとは思いませんか?

百々 : まあ、それは誰かメンバーにそういうビジョンが見えて、やりたいって言い出したらやるかもしれないですけどね。あ、さっき別のインタヴューで「AOR」って言葉が出て、「ちょっといいな」って思ったんですけど(笑)。

ーーアダルトなモーサム(笑)。逆に言うと、昔は狙って変化をしていたわけですよね?

百々 : 「モーサムをぶっ潰せ」みたいなことをメンバーで言ってたし、なんでも貪欲に取り入れて、攻めの姿勢でいたいっていうのはありましたね。ロック・バンドって、イメージついちゃうとそれが強くて、そういうのもぬるく感じるっていうか、レッテルを貼られることに抗ってたところもありましたし。

ーーそうやって壊し尽くしたうえで今があるわけで、だからこそイメージやレッテルから解放されて、すごく自由な状態でいられるわけですよね。

百々 : そうですね。今が1番楽しいんじゃないかな。

ーー曲作り自体に何か変化はありましたか?

百々 : それはここ数作そんなにないです。今回は2作に分けて出すってことで、曲は絞り込みやすくて、バッキバキのシーケンスを使ったのもできるし、ゴリゴリのエクストリームなのもできて、あとはどれだけ弾けられるかっていう(笑)。

ーーここ数作でまたどんどん弾けてるというか、ネジが外れて行ってますよね。アルバムのタイトルにしても、前の2作はもうちょっと考えてたけど、今回はド直球だし。

百々 : 確かに(笑)。幼稚に幼稚にって、それだけ考えてましたね。周りのバンドを見てると、「みんな頭でっかちだな」って感じることが多くて、「俺たちは違うよ」っていうのを、ガツンと出したい気分だったんですよね。「そんなに細かいギター弾かなくていいじゃん。かっこいいリフ1発弾いときゃ最高でしょ」っていう、今はそれを出すのが1番いいんじゃないかと思って。「これ嫌いな人とは話しなくていいです」みたいな(笑)。

ーー「お前とは友達になれない」っていう(笑)。最近の若いバンドは確かに上手いし、緻密で、それは情報量が多いからこそ可能なことだと思うんですけど、その分偶然とか勘違いが少ないんじゃないかって思うんですよね。

百々 : そうそう、偶然と勘違いは大事ですよ。モーサムでよくあるのは、こう弾こうと思って弾いたギターよりも、あらぬ方向にはずしちゃったギターの方が、他のメンバー含め、「こっちの方がかっこいい」ってなる(笑)。

ーー今って1人1人がデモを持ち寄ってるんですか?

百々 : メンバーによって違いはあって、勇はすごく作りこむんですけど、俺は逆にモーサムでは簡単なスケッチ程度のやつしか持っていかない。デモにあんまり時間かけたくないし、メンバーに好きにやってほしいんで、そんなに注文もないです。

ーー武井さんの曲を聴いて、意外とかっちり作ってそうだなって思いました。

百々 : そう、武井が今回はデモを作ってきて、そのままその音を使ったりも多くて、「いつの間にそんな器用になったんだ、お前」みたいな(笑)。

ーーじゃあ、「カルチャー」なんかはわりとそのまま?

百々 : そうですね。勇の部屋に集まって、Vドラムを叩いてデモを作って、そのときの音をそのまま使ってます。機械のミスでダダダとかってなってるのも、そのまま残ってたり。やっぱり、そういうのを面白がるのがモーサムかなって。はみ出した部分をいかにそのまま出すかみたいなね。

ーー『TRIGGER HAPPY』のときの「壊す」感じとは違う、もっと瞬発力で、面白いからやっちゃおうって感じですよね。

百々 : そうですね。今回の地獄盤って、サウンドと歌詞だけ取ると極悪で、ヘヴィーで、ささくれ立った曲ばっかりなんですけど、それをやってる俺たちはすこぶるスカッとしてるというか、これがモーサムにとっての健全っていうかね、ライヴでこれらの曲をガツッとやればウオッてなるのも見えるし、その空気は非常に健康的なもんだなって思ってます。

これだけ東京を歌う曲がありふれてる中で、モーサムが歌うっていうアホさですよね

ーー今は音源よりライヴの時代ということもよく言われますが、自然と重心がそっちに置かれてるっていうのもあるのでしょうか?

百々 : そうですね… ここ何枚かの作品は、ライヴのことを考えて作ってるかもしれないですね。完全にお客さん置いてけぼりの時代もあったんで(笑)。

ーー『Sing!』の頃の反動がいまだに続いてるんですかね(笑)。

百々 : でも、翌々年くらいに『Sing!』の曲をライヴでやったら、結構盛り上がって、「遅っ!」っていう(笑)。

ーーまあ、モーサムといえばライヴっていうのはずっと昔からそうなので、そこも自然な部分でしょうね。あと今回はエンジニアとして初めて采原史明さんが参加されてますね。

百々 : 今回は最初から楽器の録り音は抜群でした。采原さんとは前から面識があって、モーサムのことを理解してくれてて、俺らの遊びの部分も面白がってやってくれたので、すごく新鮮な気分でレコーディングができました。

ーーライヴ感のある音が素晴らしいですよね。UKで言うと、きのこ帝国のアルバムも録っていらっしゃったり。

百々 : そうそう、「〈東京〉よかったです」って言ったら、「あの曲だけ僕じゃないんです」って言われて(笑)。

ーー1曲だけ井上うにさんですよね(笑)。

百々 : でも、アルバム自体よかったんで、お願いしようと思って。

ーーあ、きのこ帝国がきっかけだったんですか?

百々 : そうです。で、幼稚に行こうって決めてたから、こっちも「東京なんちゃら」って曲を作ろうと思って(笑)。

ーーそれでできたのが「トーキョーロスト」だと(笑)。今の若いバンドだと、きのこ帝国がお好きですか?

百々 : きのこ帝国はすごいシンパシーを感じますね。あとはこの前のTHE NOVEMBERSのアルバムもかっこよかった。この間小林くんに告白したんです。「あれに負けないやつ出さなきゃって思った」って(笑)。音にこもってる気合いというか、決意っていうかね、それがすごいいいなって。俺らも言葉であれこれ説明するバンドじゃないけど、音に込めたものを采原さんがちゃんとすくいあげてくれたので、ジャッジで迷うことも一切なくて、ホント一緒にやれてよかったです。


きのこ帝国「東京」

ーーじゃあ、歌詞に関してはその音に乗っかるだけだった?

百々 : 音に負けない言葉を乗っけるってぐらいで、伝えたい何かっていうよりも、ただただぶつけたいっていう。

ーーこれもあえて訊きますが、昔「TOKYO HEAVY」という曲があったじゃないですか? あの曲と、今回の「トーキョーロスト」を比べてみたときに、何か変化を発見することはできますか?

百々 : それは全然考えてなかったですね… 存在を忘れてたぐらい(笑)。まあ、比べることはあんまりしないですけど、今回のはこれだけ東京を歌う曲がありふれてる中で、モーサムが歌うっていうアホさですよね。1周回って桜ソング歌っちゃう感じっていうか(笑)。まあ、タイトルは「ジャパン」でも何でもよくて、今の東京というか、日本全体の閉塞感、「あれ? なんかつまんないな」って感じですね。

ーー「TOKYO HEAVY」は百々さんのパーソナルが零れ落ちてた曲だと思うんですよね。でも、今そういう表現はソロでやるようになって、それによってモーサムで書く内容もよりはっきりしたっていうのは言えるのかなって。

百々 : そうですね。あとギークをやるようになったのもやっぱりでかくて、あっちは曲作りもレコーディングもすごい時間をかけるんですよ。納得いくまで何度もやり直すんで、作品作りの満足度の種類がモーサムとは違ってて、どっちもやれるのがすごいありがたいです。ギークだとディレイ・タイムまですごいこだわるけど、モーサムはもうやりっぱなし(笑)。出音がカッコ良ければオッケー、「よし、録音しよう」っていうね。やっぱり、バンドの体力というか、筋力というか、そういうのがモーサムは強いんですよ。

ーーそこは当然バンド歴の差がありますからね。でもやっぱり、ソロもあり、ギークもあるからこその、今のモーサムだっていうのは確実にそうなんでしょうね。

百々 : そうですね。勇も武井も「なんでここでこういうプレイすんの? マジ?」みたいなことをねじ込んでくるんで、やっぱりモーサムって特殊で、でもそれが楽しいんですよね。

RECOMMEND

eastern youth / ボトムオブザワールド(24bit/96kHz)

結成27年目を迎えるイースタンユースの最新で最高の傑作。これまでのメジャー・レーベルを離れ、かねてより自身たちで運営してきた「裸足の音楽社」からオリジナル・アルバムとしては初の単独リリースとなる。かねてから親交が深く極東最前線にも出演している、向井秀徳 (ZAZEN BOYS)、射守矢雄(bloodthirsty butchers)、cp(group_inou)らがゲスト・コーラスに参加するなど、これまでになかったアプローチをも試し、アルバム全体で大きな表現の強度を生んだ、イースタンならではの丹精に魂が込められた現代社会に突き刺さる紛うことなき大名作。

>>特集ページはこちら

きのこ帝国 / フェイクワールドワンダーランド

9月にCDショップ限定でリリースされたアルバム先行1曲入りシングル「東京」は5000枚限定から急遽増産体制に入るほどの反響を呼び、アルバムへの期待が高まっていたなか、待望のセカンド・アルバムが到着。書き下ろしの楽曲はもちろん、過去に作った楽曲も収録。当時の自分たちに似合わなかった楽曲も、今のきのこ帝国の気持ちとスキルでアレンジしなおして収録。ジャンルやシーンに拘らず、自分たちが楽しんでシンプルにいいと思うものを出す、それを飽きずにやる。愚直なまでに純粋なスタンスで、これまで歩いて来た、そして歩いていくであろう、 きのこ帝国の今と未来が詰まっているアルバム。

>>佐藤(きのこ帝国)×池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)の対談記事はこちら

壊れかけのテープレコーダーズ / Broken World & Pray The Rock'n Roll

2007年始動期より常に「原〈proto〉ロック」を求め奏で続けてきた不動の4人によるロック・バンド、壊れかけのテープレコーダーズ、2年ぶり満を持してのフル・アルバム4作目。つとに知られた完全独自のサウンドスケープはより一層強固に磨きをかけられ、ロックの大いなる歴史の中に自らをデザインした強い作品となった。

>>小森清貴(壊れかけのテープレコーダーズ) × 百々和宏の対談記事はこちら

LIVE INFORMATION

Rise from HELL Tour 〜ジョーカーアイウォンチュー〜

2015年6月19日(金)@札幌ベッシーホール
2015年6月21日(日)@仙台FLYING SON
2015年6月28日(日)@大阪Shangri-La
2015年7月3日(金)@岡山PEPPER LAND
2015年7月4日(土)@松山Double-ustudio
2015年7月5日(日)@福岡the Voodoo Lounge
2015年7月18日(土)@名古屋CLUB UP SET
2015年7月19日(日)@渋谷CLUB QUATTRO

PROFILE

MO’SOME TONEBENDER

MO'SOME TONEBENDERというバンド名は、百々(モー)と藤田勇(サム)の名前を合わせて友人が名づけた。後に百々がTONEBENDERを語尾に付加し完成されたもの。1997年に福岡県にて結成。2001年、メジャー・デビュー。その後、フジロックフェスティバル、ロックインジャパン等の大型フェスを経験。ロックンロール、ガレージ・パンク、サイケデリック〜ダンスまで、様々なジャンルを飲み込み、実験的な試みを繰り返す。

>>Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也