これはくるりが"ジャズ"で表現した日本の民謡? 高橋留美子原作アニメ『境界のRINNE』EDテーマ含む新シングル、ハイレゾ配信

現在NHK Eテレにて放送中のアニメ『境界のRINNE』のエンディング・テーマであるくるりの新曲「ふたつの世界」。メンバーがアニメ原作を読み込んで、登場人物2人の恋心をテーマに書き下ろされた同曲。今回のシングル・リリースにおいては現在TVで流れている「ふたつの世界 TV ver.」のみならず、「ふたつの世界 Bebop ver.」、「ふたつの世界 Chamber ver.」の合計3ヴァージョンと、それぞれのインストゥルメンタルも収録。くるりの音楽性の幅広さもじっくり味わうことが出来る内容に仕上がっている。OTOTOYでは今作もハイレゾで配信。くるりの音にワクワクしたいならやっぱりハイレゾで。金子厚武のレヴューとともにどうぞ。

くるり / ふたつの世界

【Track List】
01. ふたつの世界 TV ver.
02. ふたつの世界 TV ver. -instrumental-
03. ふたつの世界 Bebop ver.
04. ふたつの世界 Bebop ver. -instrumental-
05. ふたつの世界 Chamber ver.
06. ふたつの世界 Chamber ver. -instrumental-

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 540円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

REVIEW : くるり『ふたつの世界』

今年もまた、京都音楽博覧会の季節がやってきた。僕は昨年初めて参加させてもらったのだが、ゆったりと自由に音楽を楽しむ独自の磁場がすでにしっかりと形成されていて、誰が言い出したのかは知らないが、「フェス戦争」なんていう言葉とは無縁の空間が、そこには確かに広がっていた。今年の出演は、ブラジル録音の新作が素晴らしかった高野寛、若手バンドの中ではミュージシャンシップの高さとポップスへの愛情の強さにおいて異彩を放つindigo la End、THE BAWDIESらが楽曲提供をしたブルース・アルバムが話題の八代亜紀、ヒックスヴィルの真城めぐみと中森泰弘、真島昌利が結成したましまろ、最終発表で追加された木村カエラという日本勢に加え、ロンドンを拠点に活動する25歳のヴォーカリストにしてマルチ・インストゥルメンタリストのコスモ・シェルドレイク、ブラジルはミナスのシーンを代表するアントニオ・ロウレイロという海外からの2組が参加する。

そして、音博の開催直前に発表されるニュー・シングルが、『ふたつの世界』である。資料には〈「Liberty&Gravity」の複雑怪奇なアンサンブル。「さよならリグレット」のエレガントさ。「ワールズエンド・スーパーノヴァ」の電子音。「ばらの花」の胸キュン度合い。「ワンダーフォーゲル」の多幸感。これら、全て兼ね備えた恐るべき、とんでもない曲が完成! 〉という、これこそとんでもないキャッチコピーが躍っているが、まあこれはご愛嬌。ただ、いわゆる「まとめサイト」に対して「表面的で安易だ」と毒づくのではなく、あえてそこに乗っかって遊んでみたかのような今回のコピーは、「岸田日記」における真面目な文章の間に挿入される美味しそうな食べ物の写真同様、情報社会におけるバランスの取り方が非常に上手いなーと、改めて感心したりも。

さて、肝心の楽曲はといえば、木琴による愛らしいイントロから導かれる、三柴理のピアノを基調に、今年のライヴのサポート・メンバーでもある松本大樹のバンジョーや、mabanuaによるビートが軽快な曲調を盛り上げ、くるり流のジャジーなポップスに仕上がっている。イントロで一瞬現れる「Be My Baby」風のリズムや、間奏でマーチングドラムと共にこちらも一瞬だけ現れるコーラス・パートなど、曲展開は複雑だし、〈「ワールズエンド・スーパーノヴァ」の~〉というよりは、「ワンダーフォーゲル」を連想させる電子音も含まれていたりと、内包する情報量の多さは〈「Liberty&Gravity」以降〉とも言えるが、本作において重要なのは、ジャズを基調としていることであるように思う。昨年の音博における「音博遊覧飛行」で、サラーム海上氏がアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンを紹介し、「今世界の各地でその土地の民謡をジャズで表現するという動きが起こっている」という話をしていたが、つまり「ふたつの世界」はそのくるりヴァージョンなのだと言っていいのではないだろうか。


ふたつの世界 TV ver. –short edit-

歌詞の内容は、この曲がエンディング・テーマとして使われているアニメ『境界のRINNE』の登場人物二人の恋心をテーマに書かれていて、「君と僕の埋まらない距離」はくるりにとっての十八番。また、どこかパラレルワールド的な世界観は、『THE PIER』および「There is(always light)」の延長線上にあるようにも思う。それは同時に、今も世界の各地で起きている紛争や、インターネット上の論争など、大小さまざまな「ふたつの世界」の間の無理解に対し、世界の共通言語としてのジャズをもって、相互理解を何とかして促そうとしているかのようでもある。そんな音楽の力への絶対的な信頼に対して、僕はまたしても胸を掴まれてしまった。

なお、オリジナルの「TV ver.」の他に、よりプリミティヴな「Bebop ver.」、より優雅な「Chamber ver.」、さらにはそれぞれのインスト・ヴァージョンも収録されているので、ぜひ聴き比べてみてください。それでは、音博でお会いしましょう。(text by 金子厚武)

過去作もハイレゾで

くるり / There is (always light) / Liberty & Gravity Special

映画『まほろ狂騒曲』主題歌「「There is(always light)」と、前アルバム『THE PIER』のリード・トラック「Liberty&Gravity」にフォーカスしたスペシャル・エディション。元スーパーカーの中村弘二監修による別ミックスや気鋭のクリエイター「Madegg」によるリミックス、さらには岸田自身による弾き語りデモ・ヴァージョンなど収録されたレアトラック集。

くるり / くるりとチオビタ

2007年より7年間続いた、くるりとチオビタ・ドリンクCMタイアップ曲集。アルバム『ワルツを踊れ』『魂のゆくえ』『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』『坩堝の電圧』そして、最新アルバム『THE PIER』からの代表曲で綴られたベスト選曲! くるり入門としても最適な1枚。

>>『There is (always light) / Liberty & Gravity 』&『くるりとチオビタ』レヴュー

くるり / THE PIER

発売前からライヴにて披露され、驚きと興奮を呼んだ「Liberty&Gravity」をはじめ、2014年10月公開の映画『まほろ駅前狂騒曲』主題歌、NHK総合『ファミリー・ヒストリー』主題歌他を収録したフル・アルバム。時代と世界を自在に行き交う、音と言葉の冒険の旅。過去の記憶の集積と想像力が掛け合わされて誕生した作品。

>>『THE PIER』インタヴュー

LIVE INFORMATION

京都音楽博覧会 2015 IN 梅小路公園
2015年9月20日(日)@京都・梅小路公園 芝生広場
出演 : くるり / 高野寛 / indigo la End / コスモ・シェルドレイク / 八代亜紀 / アントニオ・ロウレイロ / ましまろ / 木村カエラ

くるり 20th ANNIVERSARY「NOW AND THEN vol.2」
2015年11月2日(月)@鹿児島CAPARVO HALL
2015年11月3日(火祝)@Zepp Fukuoka
2015年11月5日(木)@BLUE LIVE HIROSHIMA
2015年11月6日(金)@愛媛Wstudio RED
2015年11月7日(土)@高松オリーブホール
2015年11月10日(火)@Zepp Nagoya
2015年11月13日(金)@新潟LOTS
2015年11月14日(土)@金沢EIGHT HALL
2015年11月16日(月)@Zepp DiverCity TOKYO
2015年11月18日(水)@新木場STUDIO COAST
2015年11月22日(日)@Zepp Sapporo
2015年11月24日(火)@宮城Rensa
2015年11月28日(土)@Zepp Namba

PROFILE

くるり

1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロック・バンド。

>>くるり Official HP

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実
筆者について
同じ筆者による他の記事