これはくるりが"ジャズ"で表現した日本の民謡? 高橋留美子原作アニメ『境界のRINNE』EDテーマ含む新シングル、ハイレゾ配信

現在NHK Eテレにて放送中のアニメ『境界のRINNE』のエンディング・テーマであるくるりの新曲「ふたつの世界」。メンバーがアニメ原作を読み込んで、登場人物2人の恋心をテーマに書き下ろされた同曲。今回のシングル・リリースにおいては現在TVで流れている「ふたつの世界 TV ver.」のみならず、「ふたつの世界 Bebop ver.」、「ふたつの世界 Chamber ver.」の合計3ヴァージョンと、それぞれのインストゥルメンタルも収録。くるりの音楽性の幅広さもじっくり味わうことが出来る内容に仕上がっている。OTOTOYでは今作もハイレゾで配信。くるりの音にワクワクしたいならやっぱりハイレゾで。金子厚武のレヴューとともにどうぞ。

くるり / ふたつの世界

【Track List】
01. ふたつの世界 TV ver.
02. ふたつの世界 TV ver. -instrumental-
03. ふたつの世界 Bebop ver.
04. ふたつの世界 Bebop ver. -instrumental-
05. ふたつの世界 Chamber ver.
06. ふたつの世界 Chamber ver. -instrumental-

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 540円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

REVIEW : くるり『ふたつの世界』

今年もまた、京都音楽博覧会の季節がやってきた。僕は昨年初めて参加させてもらったのだが、ゆったりと自由に音楽を楽しむ独自の磁場がすでにしっかりと形成されていて、誰が言い出したのかは知らないが、「フェス戦争」なんていう言葉とは無縁の空間が、そこには確かに広がっていた。今年の出演は、ブラジル録音の新作が素晴らしかった高野寛、若手バンドの中ではミュージシャンシップの高さとポップスへの愛情の強さにおいて異彩を放つindigo la End、THE BAWDIESらが楽曲提供をしたブルース・アルバムが話題の八代亜紀、ヒックスヴィルの真城めぐみと中森泰弘、真島昌利が結成したましまろ、最終発表で追加された木村カエラという日本勢に加え、ロンドンを拠点に活動する25歳のヴォーカリストにしてマルチ・インストゥルメンタリストのコスモ・シェルドレイク、ブラジルはミナスのシーンを代表するアントニオ・ロウレイロという海外からの2組が参加する。

そして、音博の開催直前に発表されるニュー・シングルが、『ふたつの世界』である。資料には〈「Liberty&Gravity」の複雑怪奇なアンサンブル。「さよならリグレット」のエレガントさ。「ワールズエンド・スーパーノヴァ」の電子音。「ばらの花」の胸キュン度合い。「ワンダーフォーゲル」の多幸感。これら、全て兼ね備えた恐るべき、とんでもない曲が完成! 〉という、これこそとんでもないキャッチコピーが躍っているが、まあこれはご愛嬌。ただ、いわゆる「まとめサイト」に対して「表面的で安易だ」と毒づくのではなく、あえてそこに乗っかって遊んでみたかのような今回のコピーは、「岸田日記」における真面目な文章の間に挿入される美味しそうな食べ物の写真同様、情報社会におけるバランスの取り方が非常に上手いなーと、改めて感心したりも。

さて、肝心の楽曲はといえば、木琴による愛らしいイントロから導かれる、三柴理のピアノを基調に、今年のライヴのサポート・メンバーでもある松本大樹のバンジョーや、mabanuaによるビートが軽快な曲調を盛り上げ、くるり流のジャジーなポップスに仕上がっている。イントロで一瞬現れる「Be My Baby」風のリズムや、間奏でマーチングドラムと共にこちらも一瞬だけ現れるコーラス・パートなど、曲展開は複雑だし、〈「ワールズエンド・スーパーノヴァ」の~〉というよりは、「ワンダーフォーゲル」を連想させる電子音も含まれていたりと、内包する情報量の多さは〈「Liberty&Gravity」以降〉とも言えるが、本作において重要なのは、ジャズを基調としていることであるように思う。昨年の音博における「音博遊覧飛行」で、サラーム海上氏がアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンを紹介し、「今世界の各地でその土地の民謡をジャズで表現するという動きが起こっている」という話をしていたが、つまり「ふたつの世界」はそのくるりヴァージョンなのだと言っていいのではないだろうか。


ふたつの世界 TV ver. –short edit-

歌詞の内容は、この曲がエンディング・テーマとして使われているアニメ『境界のRINNE』の登場人物二人の恋心をテーマに書かれていて、「君と僕の埋まらない距離」はくるりにとっての十八番。また、どこかパラレルワールド的な世界観は、『THE PIER』および「There is(always light)」の延長線上にあるようにも思う。それは同時に、今も世界の各地で起きている紛争や、インターネット上の論争など、大小さまざまな「ふたつの世界」の間の無理解に対し、世界の共通言語としてのジャズをもって、相互理解を何とかして促そうとしているかのようでもある。そんな音楽の力への絶対的な信頼に対して、僕はまたしても胸を掴まれてしまった。

なお、オリジナルの「TV ver.」の他に、よりプリミティヴな「Bebop ver.」、より優雅な「Chamber ver.」、さらにはそれぞれのインスト・ヴァージョンも収録されているので、ぜひ聴き比べてみてください。それでは、音博でお会いしましょう。(text by 金子厚武)

過去作もハイレゾで

くるり / There is (always light) / Liberty & Gravity Special

映画『まほろ狂騒曲』主題歌「「There is(always light)」と、前アルバム『THE PIER』のリード・トラック「Liberty&Gravity」にフォーカスしたスペシャル・エディション。元スーパーカーの中村弘二監修による別ミックスや気鋭のクリエイター「Madegg」によるリミックス、さらには岸田自身による弾き語りデモ・ヴァージョンなど収録されたレアトラック集。

くるり / くるりとチオビタ

2007年より7年間続いた、くるりとチオビタ・ドリンクCMタイアップ曲集。アルバム『ワルツを踊れ』『魂のゆくえ』『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』『坩堝の電圧』そして、最新アルバム『THE PIER』からの代表曲で綴られたベスト選曲! くるり入門としても最適な1枚。

>>『There is (always light) / Liberty & Gravity 』&『くるりとチオビタ』レヴュー

くるり / THE PIER

発売前からライヴにて披露され、驚きと興奮を呼んだ「Liberty&Gravity」をはじめ、2014年10月公開の映画『まほろ駅前狂騒曲』主題歌、NHK総合『ファミリー・ヒストリー』主題歌他を収録したフル・アルバム。時代と世界を自在に行き交う、音と言葉の冒険の旅。過去の記憶の集積と想像力が掛け合わされて誕生した作品。

>>『THE PIER』インタヴュー

LIVE INFORMATION

京都音楽博覧会 2015 IN 梅小路公園
2015年9月20日(日)@京都・梅小路公園 芝生広場
出演 : くるり / 高野寛 / indigo la End / コスモ・シェルドレイク / 八代亜紀 / アントニオ・ロウレイロ / ましまろ / 木村カエラ

くるり 20th ANNIVERSARY「NOW AND THEN vol.2」
2015年11月2日(月)@鹿児島CAPARVO HALL
2015年11月3日(火祝)@Zepp Fukuoka
2015年11月5日(木)@BLUE LIVE HIROSHIMA
2015年11月6日(金)@愛媛Wstudio RED
2015年11月7日(土)@高松オリーブホール
2015年11月10日(火)@Zepp Nagoya
2015年11月13日(金)@新潟LOTS
2015年11月14日(土)@金沢EIGHT HALL
2015年11月16日(月)@Zepp DiverCity TOKYO
2015年11月18日(水)@新木場STUDIO COAST
2015年11月22日(日)@Zepp Sapporo
2015年11月24日(火)@宮城Rensa
2015年11月28日(土)@Zepp Namba

PROFILE

くるり

1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロック・バンド。

>>くるり Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ
筆者について
同じ筆者による他の記事