角舘(Yogee New Waves)×須藤(髭)、2人のロマンティストが追う"ヒロイズム"のあるアーティストの在り方

2015年に入りメジャー/インディーズの垣根を越え、新世代の筆頭であり中核としての存在となりつつあるYogee New Waves。1stアルバム『PARAISO』から1年3ヶ月、待望の新EPが到着した。彼らの初作品『CLIMAX NIGHT e.p.』に続くシリーズともとれる今作の『Sunset Town e.p』は全5曲入り。レコーディング・エンジニアに、サニーデイサービスはじめ曽我部恵一の作品を数多く手掛ける池内亮を迎え、両A面として機能する名ポップス・ナンバー「Like Sixteen Candles」と「Sunset Town」をはじめ、8分に及ぶ長尺でドラマティックな「Night is Coming」、弾き語りによる濃密な空気を湛えた「Lemon Tea」の4曲に加え、Dorianによる「Sunset Town」のリミックスが収録されている。

今作の配信につけて、Yogee New Wavesが3月に開催する自身の企画に招いた先輩バンド、髭のフロントマンである須藤寿との対談を敢行。髭は10月に11枚目のオリジナル・アルバム『ねむらない』をリリース。自身のレーベル〈Creamy Records〉を設立後初の作品となり、新たなフェイズへと立っていることが伺える。かねてから髭のファンだという角舘健悟と、「Climax Night」の時から敏感に反応していた須藤寿。強烈に惹かれ合うふたりの共通項から互いの魅力を探った。

Yogee New Waves / Sunset Town e.p

【Track List】
01. Like Sixteen Candles
02. Sunset Town
03. Night is Coming
04. Lemon Tea
05. Sunset Town [Dorian remix]

【配信形態】
[左]24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
[右]16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

アルバムご購入で歌詞カード(セルフライナーノーツ掲載)がPDFで付属。




Yogee New Waves / 『SUNSET TOWN e.p.』SPOT (40sec ver.)


髭 / ねむらない

【Track List】
01. ジョゼ
02. ネヴァーランド・クルージング
03. なんて素敵でいびつ
04. S.S.
05. テーマ・フロム・ダリア
06. 檸檬
07. ing
08. 彼
09. *イノセント (What's going on?)*
10. 闇をひとつまみ

【配信価格】
16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)


髭 / 「ジョゼ」


角舘健悟(Yogee New Waves)×須藤寿(髭)

「僕は髭の新譜を聞いてグッときてる。部屋を暗くして聞いてたらさ、終わってほしくない映画みたいだったのよね」。Yogee New Waves(以下、ヨギー)の角舘健悟はツイッターで髭の新作『ねむらない』に対し、こんなコメントを残している。そして、夕方から始まり、夜がやってきて、次の朝を迎えるヨギーの新作『SUNSET TOWN e.p.』も、まさに「ねむらない」作品であり、角舘が『ねむらない』に対して感じたのと同様の印象が『SUNSET TOWN e.p.』からも感じられる。こうした作品のリンクが偶然であり必然であるように、ロマンティストでセクシーな2人のフロントマン、角舘と髭の須藤寿がお互い惹かれ合ったのも、また偶然であり必然なのだ。3月には代官山UNITで開催されるヨギー主催の2マンイベントも決定。美しいサイケデリアと汗ばむようなグルーヴに包まれた、素晴らしい空間となるだろう。

インタヴュー&文 : 金子厚武
写真 : 大橋祐希

バンドを始めるなら、髭みたいにある種コンセプチュアルに活動したいなって思ったんですよね

――おふたりはいつから交流があるんですか?

須藤寿(以下、須藤) : 去年ソロで出た「とぶ音楽祭」にヨギーも出てて、そのとき初めてご挨拶させてもらったんですけど、その前から「Climax Night」とかは聴いてて、「これは全然違うフェイズに入っちゃってるな」というか、自分が20代のときにこの辺を咀嚼して吐き出してる人はいなかったなって、すごく新しいものを感じて。ヨギーだけじゃなく、D.A.N.とかもハマったし、BAYON(PRODUCTION)の周りにはすごいドキドキさせられて、作ってるものは違うんだけど、何かシンパシーを感じるというか、自分のアンテナに引っかかるものがあった。

角舘健悟(以下、角舘) : 僕はもともと髭が大好きで、代官山UNITでやったKING BROTHERSとの2マンを観に行ったのとかすごい覚えてるんですけど、俺らの仲いいバンドは、みんな髭大好きなんですよ。「今度須藤さんと対談する」って言ったら、ちょっと嫉妬されるぐらいの感じ。

――髭のどこに魅力を感じていたのでしょう?

角舘 : ヨギーを始める前から好きだったから、バンドを始めるなら、ぬるっとやりたいことをやるっていうよりも、髭みたいにある種コンセプチュアルに活動したいなって思ったんですよね。13日の金曜日にライヴをやったり(「CLUB JASON」)、自ら能動的に楽しいことをしているバンドが髭っていうイメージで、そこにはすごく影響を受けてます。当時はバンドが大変そうに見えたっていうか、曲作って、アルバム作って、ライヴしてっていうルーティンがあるように見えたんですけど、ハイジの色違いのキーホルダーとか、髭がやってることはストリートブランドみたいでいいなって思ったし、「こういう風にカルチャーみたいな感じでやりたいよね」って、よくメンバーと話してました。

角舘健悟(Yogee New Waves)

須藤 : 嬉しいなあ。まあ、ホントに感覚的っていうか、ルーティンで活動できるほど器用じゃなかったっていうのもあるんだけどね。「シングル? どうやって書くの?」っていう(笑)。あとは単純に、遊ぶのが好きなんだと思う。

角舘 : それはすごい伝わってきたし、あとメンバーが仲よさそうなのもいいなって思ってました。変な話、僕はメンバーがどんなプレイをするかにあんまり興味がなくて、それよりも「いいやつかどうか」みたいな、仲良くなれるかどうかでメンバーを探して、今のメンバーになってるんで。

須藤 : 自分がよく思うのは、音楽性うんぬんよりも、ヒップな人に影響を受けてて、それはオーバーグラウンドでもアンダーグラウンドでも、年上でも年下でも関係ないし、そういうヒップな匂いのする人は何をやってもかっこいいから、音楽じゃなくてもよかったりする。もちろん、健悟にもその匂いを感じたし。

角舘 : でも、最近ちょっと悩みがあって、俺がヒップだなって思うやつらと話してると、「俺って真面目でおもしろくねえのかな?」って思っちゃうんですよ。昭和的ってよく言われるんですけど、「男は女を守るべき」とか思っちゃうタイプで、ネバヤン(never young beach)の安部(勇磨)ちゃんとかにそういうことを言うと、「俺はそれないわ」って言われたり。

須藤 : シリアスな面にしろ、ユーモアにしろ、狙って出すことはしない方がいいと思ってて、人間はどのみちシリアスだから、結局シリアスが漏れ出すし、それはユーモアにしても同じで、フラットに出すのが1番シリアスでありユーモラスだと思う。作為的にやろうとしても、自分で自分を見透かしちゃうというか、「またもてようとしてる。やめようやめよう」って思うから、フワッと香るぐらいの感じっていうのが、1番その人を映し出してる気がするな。

角舘 : 俺「せってん」が好きなんですよ。俺みたいな男の子はみんな「せってん」が好きだと思う。


髭 / 「せってん」(THE APRIL FOOL 2011)

須藤 : 「せってん」はみんなすげえ好きだって言ってくれる。下津(光史 / 踊ってばかりの国)も言ってた。

角舘 : 天野ジョージ(撃鉄)も言ってました。ホント、たまんないですよ。好きな女の子全員に聴かせたい。

セクシーじゃなければ意味がない

――角舘くんはツイッターで髭の『ねむらない』に対して、「ヒロイズムが堪らない」ってコメントしてましたよね。

角舘 : 俺ヒロイズムっていすごい好きで、手塚治虫の漫画とかってほぼヒロイズムでできてるし、それを俺は勝手に須藤さんから感じてて。

須藤 : 嬉しいね。でも、最近はヒロイズムをエンタテイメントとして出すのはすごく難しいと思ってて、それはSNSがあるから。SNSの使い方を間違えると、ヒロイズムとか、影の部分が全部なくなっちゃって、例えば、「今カップラーメン食べてる」とか、そういうことを言っちゃうのはすごいもったいないと思っちゃう。宣伝には使えるけど、アーティストSNSの付き合い方はすごく難しいっていうか、やっぱり相性悪いですよ。男と女の付き合い方でも何でも、俺は明け透けなのが苦手で、「お互い恥ずかしいことは何もない」みたいなのは嫌。いつまでも恥じらいがないとって思う。「俺はこいつのこと全部わかってる」っていうのはドキドキしないんですよね。それって、アーティストとお客さんの関係と同じで、「俺のことを全部わかってほしい」とは思わない。そういう俺の隠し事みたいな部分が、健悟の言うヒロイズムみたいなものに繋がってるんだったら嬉しいな。でも、今アイドルとか見てると、セックス・ピストルズみたいだなって思う。

須藤寿(髭)

――どういうことですか(笑)?

須藤 : 何でも言えちゃうじゃん。アイドルなのに「そこ見せちゃうの?」って部分まで見せちゃったりしてて、それは新しいなっていうか、俺勝てないなとも思う。隠し事があるっていうのが、メリットでありデメリットでもあるっていうかね。そういうの、ヨギーはどうなの? ルーツは違っても、美意識に関しては近いところがあるような気がする。

角舘 : 僕らはあくまで等身大でいようとしていて、それは「かわいい女の子がいたら背伸びしてかっこつけるのは男として当たり前」っていうのもひっくるめての等身大というか。でも、いま僕ら23歳とか24歳なんですけど、すごい中途半端な年齢っていうか、若くもないし熟してもないから、メンバー全員早く大人になりたいんですよね。30歳らへんのちょっと熟した感じがめちゃめちゃ欲しい。ただ、俺らはまだガキで、でもここから漏れ出してるものはきっと美味しいんだろうなとは思う。なので、僕も隠し事っていうか、そのセクシーさとか怪しさみたいなものはアーティストのミソだと思うから、全部を出そうとは思わないけど、ただ等身大ではあろうと思ってます。あ、でもお客さんからすると俺結構怖い人っていうか、クールに見えるみたいで、物販でサイン書いたりすると、「優しいんですね」ってよく言われるんですよ。

須藤 : 俺も未だに言われるよ(笑)。「須藤さん怖い人だと思ってた」って。いやいやいや、俺優しいから!

――2人とも実は性格的にシャイっていうのが共通点で、だから「怖い」みたいに見られちゃうんでしょうね。個人的には、そういう人の表現にこそ惹かれるんですけど。

角舘 : でも、全部出してるやつらの強さも羨ましいんですよね。「カレー食った」とか、よくあげれるなって。

須藤 : 俺もそう! でもその裏では羨望の眼差しっていうか、「俺にはできないな」って思う。でも、それはやっぱり一長一短で、それぞれがその人のチャームポイントだから、俺は自分の風が来たときだけ、最大風速吹かそうと思って生きてる。「いま来てないな」って思ったら、動かない。

角舘 : 俺はよくインタヴューで「角舘くんはスターだよ」とか言われるんですけど、そんなこと全然なくて、俺はロックスターになんてなれない、もっとしょうもない男だと思うんですよ。でも、例えば、椎名林檎が最初は作為的にやってて、今はフラットにできるようになったセクシーな仕草とかって絶対あると思うから、俺もそういうのは自分の技にしていきたいというか、習得したいなっていつも思ってる。

――角舘くんは今の20代前半のバンドの中ではかなりセクシーだと思うなあ。上の世代だと、須藤さんもまさにその筆頭だと思うけど。

角舘 : 俺はセクシーでいようとしてます。ミュージックビデオの監督とかと話しても、「ここはセクシーに行きたい」とかよく言うし、セクシーなものが好きなんですよね。

須藤 : セクシーじゃなければ意味がないっていうか、色っぽさは重要だと思う。さっきの明け透けじゃないのがいいっていうのもそういうことで、そこは自分の天然の部分でもあるから、明け透けにやろうと思ってもできないしね。

角舘 : 俺、明け透けにやったら、絶対事故る気がするなあ(笑)。

みんなでイェーって聴くよりは、夜中にひとりで歩きながら聴いて、センチメンタルに浸るというか、そういうのが好き

――ヨギーと髭の音楽的な共通点を端的に挙げるとしたら、「サイケデリック」と「グルーヴ」っていうことになると思うんですけど、それはここまで話してもらったようなおふたりの人間性、アーティスト性に起因している部分が大きいと思うんですよね。

須藤 : グルーヴ感というか、テンポ感に関して言うと、好きなものって大体ハートビートの近辺、BPM120とかその辺で、髭にも160の曲とかあるにはあるんだけど、俺らの160は140くらいに聴こえるの。そこが自分たち独特のテンポ感だと思ってて、今ってみんな速いでしょ? でも、ヨギーとはそのテンポ感も合ってたんだよね。俺が好きなのは、拳を突き上げるっていうよりも、手に汗じっとりっていう方だから。

角舘 : ああ、わかる。

須藤 : 青い感じの方が好きで、それってドアーズっぽいとも言える。だから、髭はもともと全然速くないんだけど、今回のアルバムは曲を家で書いてるから、それが極まっちゃって、キーまで下がっちゃった(笑)。

角舘 : 僕、音楽聴くのは結局イヤホンで聴くのが1番好きで、みんなでイェーって聴くよりは、夜中にひとりで歩きながら聴いて、センチメンタルに浸るというか、そういうのが好きなんですよね。そういうセンチメンタルとか、弱さをわかってるやつほど優しいやつだと思うんですけど、その俺のどうしようもない弱さに、添え木のように一緒にいたいと思ってくれてるのがメンバーで、だからこそ、そういう部分は大事にしたいし、ヨギーに歩いてるような曲が多いのは、そこから来てるのかなって。あと俺、今回の髭のアルバムはすげえドライブに合うなって思ったんですよ。

須藤 : そうそう、ちょっと自分の考えが変わってきて、移動してるときにフィットする音楽を表現してみたいと思ったの。今までの髭、特に20代の頃とかは、煽動的な曲を書いてきたと思うんだけど、ふと実家に帰るときに聴けるようなものを書いてみたいなって。だから、これは俺の中の電車アルバムっていうか、そういうのを今の俺が噛み砕いてリリースしたらどうなるのかなって、それが『ねむらない』の出発点。ヨギーは歩いてるときに合う感じって言ったけど、髭のコンセプトも今はそっちに寄ってる。

角舘 : 実際今回のEPの曲は歩きながら、口ずさみながら作ってるんです。「Night is Coming」は、京都の街を歩きながら、ボイスメモで独り言をずっと録ってて、それを曲にしてたり。

須藤 : そうやって散文的に思い浮かんだ言葉にメロディーをつけるのと、先に曲があって、そこに言葉をはめていく作業と、どっちが得意?

角舘 : 僕がよくやるのは、例えば、「Take It Easy」っていう言葉を言いたいと思ったら、まずそれを低い声で言いたいのか、大声で言いたいのかって考えるんです。メロディーもそこから引っ張られてくるというか。あとは悲しいことを悲しく歌うのか、それとも楽しく歌うのか、それはそのときの気分だったりするんですけど。

須藤 : 俺も自分でいい曲書けたなって思ったり、人の曲聴いていいなって思うのって、相反する感情を覚えたときで、すげえハッピーな曲なんだけど、そこはかとなくペーソスが漂うとか、そういう曲が好き。だから、ファンの人から手紙をもらって、「こんな風に思いました」っていう感想が、俺の思ってたこととまったく違う捉え方だったりすると、すごく嬉しくて、やっぱり多面的なものが好きなんだと思う。性格的にシャイだし、天邪鬼だから、自分で曲書くときも自分の感情を隠して入れてたりするし、人の曲を聴いても、「こいつこう言ってるけど、でも俺には分かる」みたいな、そういうのでグッときちゃう。

――今の20代前半のバンドって、例えば、ポップな曲調で「朝まで踊ろう」って歌ってても、その背後に「明日からはまたいつもの日常だから」っていうのが透けて見えるような曲が多い気がします。

角舘 : 僕もそういうのがすげえ好き。今回のEPで言うと、「Like Sixteen Candles」っていう曲は、人生を16本の蝋燭に例えてるんです。生物って、細胞的に一個になりたがるらしくて、そういう細胞でできてる人間は、そりゃあセックス気持ちいいし、子供ができたら嬉しいのは当たり前で、でも人間は物理的に1個になることはできないから、それってバースデーケーキに刺さってる蝋燭と同じだと思ったんですよ。溶け切ったらくっつけるんだろうけど、パーティーの途中で吹き消されちゃう蝋燭には、人間の儚さと、それに抗う気持ちに通じるものがあるなって。蝋燭は消えてしまうけど、その周りでは人が祝福されてるわけで、その相反してる感じも出せたから、僕、この曲はすごく愛してます。

アーティストの見せ方にも品が必要だと思ってて、ヨギーとかと一緒にやるっていうのは、俺の中では品があることだと思ってる

――3月には代官山UNITでヨギー主催の2マンが行われるそうですね。

角舘 : 俺の世代の中には髭を通ってない人もいるから、もっと聴いてほしいなって。変な話、ヒントが隠されてるバンドだとも思うし。

須藤 : もちろん、俺もいろんな人に髭を聴いてもらいたいと思ってるけど、でも変にゴリ押しするのはよくないっていうか、アーティストの見せ方にも品が必要だと思ってて、ヨギーとかと一緒にやるっていうのは、俺の中では品があることだと思ってる。

角舘 : それめっちゃ嬉しいです。

須藤 : Awesome City Clubのまっつん(マツザカタクミ)に呼んでもらったときも、彼も自分たちのファンに対していい形でプレゼンテーションしたいっていうことを言ってて、そうやって自分のカルチャーをイベントっていう形で見せることによって、バンドに対する理解もより深まると思う。ヨギーのファンはヨギーと同世代も多いだろうから、そこは俺たちが獲得してないところとも言えて、そういう場所に出られるのはすごく嬉しい。

――もちろん、髭のファンがヨギーを観ることにもなりますしね。

角舘 : 俺それすごいワクワクしてて、お姉さんたちに観てもらえるのが超楽しみなんです。

須藤 : いいと思うよ。みんなキレイだしね。

角舘 : 自分たちより下の世代、ユースカルチャーとしてかっこいいって言われるだけだと嫌だっていうか、同世代とか、それこそ上の世代にも、「やられた」って思ってもらえるようなことがやりたいんですよ。

須藤 : 俺は「ウワォ!」って思ったよ。

角舘 : 嬉しいです。そういうことをやっていかないと、バンドマンがジャニーズみたいになっていっちゃうと思って、実際そういう風に見えるバンドもいるから、俺はそういうやつらは嫌い。

須藤 : そういうやつとはいずれかみ合わなくなるよ。そこを否定する気はもうないけど、とにかく自分たちのフィールドを楽しくしていきたいから、今回の出会いは俺的に超ラッキーだったと思ってる。今は誘ってもらえて、いいと思ったらどこにでも出て行くし、そこで何ができるのかを楽しんでる。一回り年下のバンドのイベントに呼んでもらって、「俺たちおじさんなのかな? どうなるんだろう?」っていう、そういうワクワク感が自分を奮い立たせてくれるし、最近そういう刺激的な場所に呼んでもらえることが増えてきたから、すごい楽しい。いいライブを見ると、自分が古くなってる感覚も感じるし、それにヒリヒリできる。不感症になっちゃうと終わりだから、未だに嫉妬できる相手がいるっていうのは、自分としてはすごくありがたくて。

角舘 : 俺らも周りのバンドを嫉妬させたくてやってるっていうか、とにかく俺らにはこれしかないから、もっと頑張りたい。もっとかっこよくなりたいし、もっとオシャレになりたいし、もっと色気をつけて、めっちゃエロい男になりたいんですよ。

須藤 : 俺はそこに関しては既にクリアしてるね。自他ともに認められてるから(笑)。

角舘 : ずりいなあ(笑)。

須藤 : いや、なれるよなれるよ。年輪が重なれば(笑)。

――上の世代と共演することで、年輪が刻まれるのは間違いないでしょうからね。

角舘 : うん、そうしたい、ホントに。俺とにかく須藤さんくらいの年齢の人の音楽がすげえ好きなんですよ。蜜が詰まった林檎じゃないけど、熟してて、味わい深い音楽をやってるなっていつも思う。正直同世代の音楽はほとんど聴いてなくて、上の世代ばっかり聴いてるんです。もしかしたら、同世代のやってる側はみんなそうなんじゃないかなって思ったりもするんですよね。

Yogee New Waves過去配信作

Yogee New Waves /Fantasic Show

ライヴの定番曲である「Fantasic Show」が、京都のインディ・レーベルSECOND ROYAL RECORDSとYogeeが所属するレーベル"Roman Label"との共同でリリースされた7インチ・シングルと配信限定でリリース。ギターのカッティングとワウが印象的なファンキーで最高のダンス・チューン。マスタリングを手掛けたのはPEACE MUSICの中村宗一郎。

>>特集ページはこちら

Yogee New Waves / PARAISO

彼らによる、待望の傑作ファースト・アルバム。ファーストEPに収録の人気曲「Climax Night」やライヴの人気曲など、まさに彼らの魅力がぎゅっと詰まった本作は、日本のインディー・シーンに大きな衝撃を与えた。まだ聴いていない方は、ぜひこのハイレゾ版をチェックしていただきたい。

>>特集ページはこちら

Yogee New Waves / CLIMAX NIGHT e.p.

Yogee New Wavesのはじまり、『CLIMAX NIGHT e.p.』。都市で生まれ育った彼らが、都市の恩恵を一身に受けながらもそこからのエスケープしロマンを追ったからこそ生まれた新世代のシティ・ポップ決定盤。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

Yogee New Waves presents Dreamin' Night 3
2016年3月12日(土)@代官山UNIT
出演 : Yogee New Waves / 髭 (HiGE)

・オフィシャル先行
2015年12月6日(日)12:00~12月20日(日)23:59
当選発表 12月22日(火)
URL : http://w.pia.jp/t/yogee/ ※PC、モバイル共通

・プレイガイド先行
2016年1月4日(月)~1月11日(月)
チケットぴあ http://pia.jp/t/
イープラス http://eplus.jp
ローソンチケット http://l-tike.com

・一般発売
2016年1月16日~発売
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:283-154)
ローソンチケット 0570-084-003(L コード:75227)
イープラス http://eplus.jp

[主催] Roman Label
[企画制作] ATFIELD inc. / BAYON PRODUCTION
[INFO] エイティーフィールド 03-5712-5227



Yogee New Waves

Sunset is coming TOUR in TOKYO ONEMAN SHOW!!!
2015年12月5日(土)@渋谷WWW

KRAPS HALL 14th Anniversary × FM NORTH WAVE 22nd Anniversary 「FONS 2UP」
2015年12月19日(土)@札幌KRAPS HALL
出演 : Suchmos / Awesome City Club / Yogee New Waves

年末調整GIG2015
2015年12月26日(土)@名古屋 CLUB QUATTRO
出演 : チーナフィルハーモニックオーケストラ / never young beach / Suchmos / SANABAGUN / Schroeder-Headz / Yogee New Waves


『ねむらない』 TOUR
2015年12月4日(金)@大阪 umeda CLUB QUATTRO
2015年12月9日(水)@東京 shibuya CLUB QUATTRO(ツアー・ファイナル)

Quarter Century HEAVEN ~Welcome back!!~
2015年12月12日(土)@三軒茶屋Heaven's Door(ワンマン公演)

Shiggy Jr. presents 「なんなんスかこれ。Vol.3」
2015年12月17日(木)@新代田 FEVER
出演 : Shiggy Jr. / DALLJUB STEP CLUB / 髭

須藤寿 Chirismas GATALI ACOUSTIC SET(大阪公演)
2015年12月25日(金)@心斎橋 Music Club JANUS

RADIO CRAZY
2015年12月28日(月)@インテックス大阪

PROFILE

Yogee New Waves

2013年6月、角舘健悟(Vo, Gt)と矢澤直紀(Ba)を中心に活動開始。楽曲制作に勤しむ。SUMMER SONICの「でれんのサマソニ 2013」の最終選考に選出され、選考ライヴがバンド初ライヴとなる。9月には前田哲司(Dr)と松田光弘(Gt)が加入。2014年4月にデビューEP『CLIMAX NIGHT ep』を全国流通でリリース。その後、FUJI ROCK FESTIVAL'14の「ROOKIE A GO GO」に出演。9月に1stアルバム『PARAISO』をリリースし、年間ベスト・ディスクとして各媒体で多く取り上げられる。2015年2月に初のアナログ7インチとして新曲「Fantastic Show」をリリースし、4月には『PARAISO』をアナログ12インチでリリース。2015年5月に松田が脱退し、現在は3人で活動中。

>>Yogee New Waves Official HP


須藤寿(Vo, Gt)、斎藤祐樹(Gt)、宮川トモキ(Ba)、佐藤"コテイスイ"康一(Dr, Per)の4人によるロック・バンド。2003年、ミニ・アルバム『LOVE LOVE LOVE』でデビュー。2004年にFUJI ROCK FESTIVALに初出演を果たし、2005年『Thank you, Beatles!』でメジャー・シーンに躍り出た。以来、サイケデリックかつロマンチックな髭ワールドで、シーンを魅了し続けている。

>>髭 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2016年07月27日・「まだあまり歌われていない愛がある気がして」──坂本慎太郎の3rdソロ、ついにハイレゾ配信 前作から2年、坂本慎太郎の新作『できれば愛を』がここにリリースされた。なんと今回は初のハイレゾ配信も! しかもカセット・テープも含む主要全5フォーマットで同時リリースだとか。新作はどっしりとしたドラムとベースと坂本慎太郎ワールドとしか言いようのない、ユーモアとシリアスがミックスされた世界観が横たわっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ版(24bit/48kHz)で配信するとともに、ハイレゾ配信では唯一となる歌詞ブックレットPDF付き! さらに『できれば愛を』という意味深なタイトルをつけた坂本慎太郎本人のインタヴューをお届けしよう。 ハイレゾ版(24bit/48kHz)にはアルバムまとめ買い特典として歌詞ブックレットPDFが付属坂本慎太郎 / できれば愛を'【Track List】01. できれば愛を02. 超人大会03. べつの星04. 鬼退治05. 動物らしく06. 死にませんが?07. 他人08. マヌケだね09. ディスコって10. いる【配信形態 / 価格】【左】24bit/28kHz WAV / ALA
by 河村 祐介
女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月24日・エレガントなストリート・ミュージックを──女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希がソロ活動を開始したのが2015年初頭のこと。1stミニ・アルバム『LIP NOISE』リリース後に公開されたPVから話題が広がり、FUJI ROCK FESTIVA‘L 15の出演をはじめ、tofubeatsやLUCKY TAPESの楽曲におけるコーラス参加などで"大比良瑞希"としての活動を広めてきた。 そして7月、満を持してリリースされたのが1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』。ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された内容は彼女の才覚を感じさせるものとなった。 特集においては大比良と共に前作に引き続きプロデュースを手がけている作曲家 / チェリストの伊藤修平を呼び、彼女たちの目指すところ、その意思を
by JJ
DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
筆者について
同じ筆者による他の記事