ジャズなのにロック? ロックなのにジャズ? 新奇レーベル、Playwrightの快進撃に迫る

日本の若き新鋭たちが繰り広げるジャズ・シーンを知っているか?

その旗手となっているのが、2012年設立の大注目レーベル・Playwrightだ。ジャズ初心者でも楽しめるのが、このレーベルの特筆すべき点。ロックやシューゲイザーなどが所属バンドのルーツにあるからこそ、幅広い層が楽しめる新しいジャズ・シーンを創り上げることに成功してきた。同レーベルに所属している、fox capture plan、bohemianvoodoo、Tres-Menなど、その活躍はめまぐるしく、その勢いは止まらないどころか勢いを増すばかり。

このたび、レーベル・ディレクターである谷口慶介にインタヴューを敢行。Playwrightのレーベル・コンセプトと戦略に迫った。新奇レーベル・Playwright、大注目です!!

Playwrightより怒涛の3ヶ月連続リリース作品をハイレゾ配信中!

第1弾! 2015年10月7日 release! TRI4THをハイレゾで!

TRI4TH / AWAKENING(24bit/96kHz)

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz)、AAC :
単曲 205円 / アルバム1,697円(各税込)
>>ハイレゾとは?

【Track List】
01. Blow This Moment / 02. Freeway / 03.Bon Voyage / 04.Bipedal Walking / 05.Blue Giant / 06.モノクローム / 07.チュニジアの夜 / 08.TKO / 09.Tick Tack / 10.Jazz Confession

最強に踊れるジャズ・クインテット「TRI4TH」の4thアルバム! 前作から約2年ぶりとなる今作は新たな試みが随所に詰まっており聴きごたえのある内容に。全17曲ラストまで痛快なアレンジとご機嫌なホーンが突き抜けるダンサブルなジャズ・グルーヴに心も踊ること間違いなし。

>>TRI4TH 過去インタヴュー記事はこちら!


第2弾! 2015年11月4日 release! fox capture planをハイレゾで!

fox capture plan / BUTTERFLY(24bit/96kHz)

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz)、AAC :
単曲 205円 / アルバム1,851円(各税込)
>>ハイレゾとは?

【Track List】
01. the beginning of … / 02. the last story of the myth / 03.Butterfly Effect / 04.混沌と創造の幾何学 / 05.…with wind / 06.inchoate / 07.Plug In Baby / 08.Kaleidoscope / 09.In the darkness / 10.Christmas comes to our place / 11.Supersonic

待望の4thフルアルバム「BUTTERFLY」は以前にも増して洗練された楽曲と演奏クオリティの違いを感じさせるだけでなく、彼らの進化が楽曲単位で如実に表れていることに気付かされる作品に。

第3弾! 2015年12月9日 release予定! PRIMITIVE ART ORCHESTRA

PRIMITIVE ART ORCHESTRA / qualia

【Track List】
01. at dusk / 02. Heart of Cosmos / 03. Night Haze / 04. Red Sand / 05. Synapse / 06. Perseus / 07. Depth "Tree is me and you / 08. ACT / 09. ミクリガイケ / 10. qualia / 11. Winter Song / 12. at dawn

順次配信予定です。

INTERVIEW : 谷口慶介(Playwrightレーベル・ディレクター)

現在日本の音楽シーンの中で最も勢いのあるレーベルのひとつが、2012年に設立されたPlaywrightである。

「現代版ジャズ・ロック」を掲げるfox capture planを筆頭に、bohemianvoodooやImmigrant’s Bossa bandなどを輩出し、ジャズというジャンルを内側から拡張すると同時に、今やロックやJ-POPのリスナーがジャズに興味を持つ入口のような役割も果たしている。レーベルを主宰するのはディスクユニオンの制作部に籍を置く谷口慶介。

90年代からクラブ・シーンに浸かり、アシッドジャズのムーヴメントを肌で体感した経験が背景にありながら、あくまで現代的な視点でレーベル運営を行っているからこそ、Playwrightの成功があるのは間違いない。現在は10月にTRI4TH、11月にfox capture plan、12月にPRIMITIVE ART ORCHESTRAという3か月連続リリース中と、ますます勢いに乗るレーベルの秘密を紐解くべく、谷口にじっくりと話を訊いた。

谷口慶介

インタヴュー&文 : 金子厚武

Talkin' Loudへの憧れがずっと僕を動かし続けているんです

ーーまずはPlaywright設立の経緯から話していただけますか?

谷口慶介(以下、谷口) : 立ち上げは2012年なんですけど、2011年末から年明けにかけて、fox capture plan、orange pekoe、bohemianvoodooの3組からほぼ同時期にCD制作のオファーをいただいたんです。僕はずっとディスクユニオンで制作をやっていて、今もやっているThink! Recordsから出してもよかったんですけど、せっかく3アーティスト出すんなら、一個レーベル作っちまおうかっていう、最初はそんなノリで(笑)。

ーー何か新しい動きを感じていたとかではない?

谷口 : 全然なかったです(笑)。「こういうレーベルをやって旋風を巻き起こそう」みたいな大きな目標はないんです。ただ、僕はずっとジャイルス・ピーターソンに憧れていて、彼がやっていたTalkin' Loudへの憧れがずっと僕を動かし続けているんです。Jazzy Sportとかorigami PRODUCTIONSもそうですけど、ああいうレーベルの名前からアーティストの色が見えて、サウンドもイメージできるような、レーベル名がアイコンになったらいいなっていうのはずっと思ってて。


fox capture plan / 衝動の粒子

ーーPlaywright以前の谷口さんの経歴もお伺いしたいのですが、90年代からDJ活動をされていたそうですね。

谷口 : 昔からクラブで遊んでいて、よく一緒にいたのが中高の同級生だったソイル(SOIL&"PIMP"SESSIONS)の社長なんですけど、大学生のときにクラブ・イベントをやりたくて、ソイルの前身のsoil pipeをフィーチャリングしてイベントを始めました。当時は渋谷系が流行っていた後だったので、フリッパーズやオリジナル・ラヴ、ピチカートとかを社長と一緒に聴いて、「俺たちもこういうことができればいいね」って話をしていましたね。ジャズっていう意味ではUnited Future Organizationが一番大きくて、アシッドジャズのムーヴメントにどっぷりでしたし、彼らの音楽を聴いて、その元を知るっていう感じでしたね。

部長に電話したら「とりあえずデモ持ってきて」って切られちゃって(笑)

ーーレーベルに携わるようになったのはいつ頃からですか?

谷口 : ずっとディスクユニオンのお店でバイトをしてたんですけど、23歳のときにレコード会社への憧れがあって、ユニオンにも制作部があるっていうのを聞いて、「やらせてください」っていきなり部長に電話したら、「とりあえずデモ持ってきて」って電話切られちゃって(笑)。それで持っていたのが、当時のSOIL & HEMP SESSIONSと、結果的に僕が初めてCDを出すことになるplayaの2組。当時キティ・ウィンターの「New Morning」がクラブで流行ってて、playaはそのカバーをやっていたので、これをアナログで出したら絶対売れると思って。そうしたら、とんとん拍子で「やっていいよ」って話になって、まずplayaのアナログを作ったんです。それをデモの段階からお店でかけまくって、勝手にポスターを貼りまくるっていう(笑)。

ーーそれで実際にヒットしたと。

谷口 : それが2002年で、その頃はまだDMRなどが全盛期で、アナログがたくさん売れたんです。渋谷のユニオンのクラブ・ミュージック・ショップがリニューアルオープンして、いわゆるJ-CLUB系がものすごく売れて、playaで「I Like It」のサンバ・カヴァーをやったのも売れたし、United Future Organizationのファーストが中古価格8,000円で売れたりしていましたからね。ただ、ブームが終わってJ-CLUB系がだんだん売れなくなってくると、今度は会社の制作部の1人として復刻のレーベルを始めることになって、それがThink! Recordsです。

ーー現在PlaywrightからリリースしているImmigrant's Bossa Bandは、当時Think! Recordsからリリースしていましたよね。

谷口 : やっぱり今動いてるバンドもやりたいっていうのがあって、都合上、ひとつのレーベルでまとめてやっていたんです。ただ今思うと、復刻のレーベルから新録のアーティストをひとつだしてもあんまり目立たないというか、色がはっきり出ないよなっていう、それは一個学んだことでした。

ーーだからこそ、Playwrightは現在進行形のレーベルであることを打ち出していると。

谷口 : はい、その通りですね。

「まずはジャズ売り場で勝負させてくれ」

ーーPlaywrightはこの3年間でかなり知名度が上がりましたし、実際の売り上げでも大きな成果を残しました。どんなことを大事にして運営をされてきたのでしょうか?

谷口 : そのアーティストが好きだから音源を出すっていうのはもちろんなんですけど、大枠を常に見るようにはしていました。「8月にこれを出す、10月にこれを出す、12月にこれを出す」っていうスケジュールを組んだときに、その間に何をやるのか。最初のリリースで言えば、fox capture plan、orange pekoe、bohemianvoodooを上手くつなげるためにはどうすればいいだろうって考えて、レーベル・サンプラーとかチラシを作って、それをお店や媒体に落とし込んでいった。トラットリアが好きだったので、トラットリアのカタログでレーベルに所属している全員が写っている写真があって、それを真似して写真を撮ったり(笑)。そういうことをやると、お店が継続的に売り場を作ってくれるんです。それはすごく狙っていたところで。

ーーなるほど。

谷口 : その上でもうひとつ大きいのが、売り場を「ジャズ」でやったっていうことですね。Think! Recordsをやっていて、ジャズの売り場に仲のいい人が増えたっていうのもあるんですけど、ジャズの方が売れ続ける可能性が高いと思ったんです。旧譜がこれだけ回るジャンルも珍しいし、売り場を継続して作ってくれることもわかったので、「ジャズ」としてやってみようと。最初にフォックスを出したときは、メンバーから「J-POP売り場には置かれないんですか?」って訊かれたけど、「今後置かれる可能性はあるから、まずはジャズ売り場で勝負させてくれ」って説得したのを覚えています。なので、実は「これが新しいジャズだ」って信念を持ってやったわけではないんです。今となってはそう捉えてくださる方もいるんですけど、最初は戦略的な部分が大きかったんですよね。

ーー結果的には、「グラスパー以降」のジャズの盛り上がりともリンクしましたよね。

谷口 : グラスパーはいいタイミングでしたね。まあ、当時フォックスのデモを作ってたときに、「グラスパーみたいなリズムとか、ローズの音色とか入れてみない?」みたいな提案はしているんですけど(笑)。

ーーでも、結果的にそういうものにはなっていないですよね。もちろん、折衷的という意味で同時代性はあると思うけど、Playwrightには独自性があると思います。

谷口 : そこはDJをやっていた経験が生きていると思います。っていうのは、その時流行ってる曲をかけると、みんな踊ってくれるんだけど、DJは常に新しい要素をお客さんに提案しなくちゃいけないと思っていて、須永辰緒さんとかはそういうのがすごく上手いですよね。お客さんに対して常に一歩先を行くようなプレイであり選曲を見せられなければ、表に立つ資格はないとずっと思っているので、レーベルとしても、そのときの流れとは違うものを提案して行きたいとは常に思っています。

ーー長期的なスケジューリングと、ジャズ売り場での継続的な展開というふたつの要素が合わさって、徐々にPlaywrightというレーベルが浸透していったと。

bohemianvoodoo

谷口 : 最初のブレイクはbohemianvoodooでした。フォックスの最初のミニアルバムももちろん売れたんですけど、その後に出たbohemianvoodooの『SCENES』の上がり方が半端なかったんです。それは当時タワーレコードの広島店にいたスタッフの岩見さんがきっかけで、お店の力をまざまざと見せつけられたというか、「まだまだ音楽行けるな」って、あのときは思いましたね。岩見さんが広島で実績を作って、全店に広げてくれたので。しかも、世の中上手く回ってるもんで、bohemianvoodooが12月に出て、実際ブレイクしたのは3月とか4月なんですけど、5月にフォックスのファースト・アルバム『trinity』が出たんですよ。しかも、そこからヴィレッジヴァンガードでの展開も加わって、さらに押し上げてくれたっていう。


bohemianvoodoo / Adria Blue

ーーインストが売れる場所としての「ヴィレヴァン・シーン」みたいなのがありますもんね。

谷口 : 狙ったわけではないと思うんですけど、Schroeder-Headzや→Pia-no-jaC←がそういう場所で売れていたので、フォックスの岸本はそこも多少意識してたと思うんですよね。そこに乗っかったのも大きかったと思います。

ーーフォックスの最初の3枚、まずタワーレコード新宿限定でシングルを出して、次にタワーレコード限定のミニ・アルバム、そしてファースト・アルバムっていう流れは、谷口さんが計画したわけですか?

谷口 : その流れは僕と岸本が考えました。「2年でアルバム3枚くらい出したい」っていうのは岸本が思っていて、『trinity』の次の『BRIDGE』は当初ミニ・アルバムくらいのボリュームになる予定が、いざレコーディングしてみたらフルになったり、その辺りはやりながら決めていったんですけど。

ーー岸本さんも戦略家的な側面を持っているから、谷口さんともシンクロしたんでしょうね。

谷口 : そうだと思いますね。ただ、もともとは「ライヴで手売りするCDを作りたいです!」っていうのがスタートだったんです(笑)。でも、手売りするだけっていうのもなあと思って、じゃあ、タワー新宿限定にしようと。バイヤーさんも乗ってくれて、普通に営業しても10枚とか20枚しか置かれないかもしれないけど、限定にしたら100枚になるかなとか、いろいろ考えて。はじめから1万枚を目指すとかじゃなかったんで、失敗してもいいぐらいの気持ちで考えられたのがよかったのかもしれないですね。

ーーもちろん、Playwrightがブレイクしたのは戦略的な部分だけではなくて、各バンドの音楽的な魅力も当然大きかったと思うのですが、そこに関して谷口さんはどこがポイントだったとお考えですか?

谷口 : 僕は曲に関してはほとんど口を出さないんですけど、フォックスとボヘに共通しているのは、歌いたくなるメロディだと思います。聴いている人はみんな自分の好きな歌詞をつけて歌ってくれてるみたいなんですよね。あとこれは勝手に思っているだけなんですけど、作曲家2人のバンドは行けるんじゃねえかっていう。レノン=マッカートニー、ヒロトとマーシー、フリッパーズとかと同じように、ボヘには木村イオリとbashiry、フォックスにはカワイと岸本がいるから、それが大きかったのかなって(笑)。

ーージャズの売り場からスタートしているわけですが、結果的にはロックやJ-POPが好きな人にとっての、ジャズへの入口のような役割も果たしていると思うんですね。そこはどの程度意識していたのでしょうか?

谷口 : もちろん、そうなってほしいとは思っていましたけど、それを目標にしていたというわけではないです。僕が最初に聴いていたUnited Future Organizationとかのアシッド・ジャズって、モダン・ジャズが好きな人だけが聴いてる音楽ではなかったんですよね。ジャズって一番いろんな音楽がミックスされる現場だと思っていて、ユニオンのお店にいたときも、ジャズ売り場でヒップホップのレコードを入れても売れたし、J-POPを入れても売れたんです。そういうのを見てきて、ジャズ・コーナーだからジャズ好きな人しか来ないってわけじゃないんだなって思っていたので、戦略的に全ジャンルに広げようとしたというよりは、最初からその心配はなかったっていう感じなんですよね。

僕は逆に軸が全然ぶれてないことにやっぱりすげえなって

ーーでは、10月から12月にかけてリリースされるアーティストの作品について訊かせてください。まずは10月にTRI4THの『AWAKENING』が出ていて、彼らにとってはPlaywrightからの初めてのリリースですね。

谷口 : 僕の中ではもっと変わると思ってたんですよ。レーベルも変わるし、一から出直すつもりでサウンドもがっつり変えるっていう話をしていたんですけど、出てきたものを聴いてみたら、軸は全然ぶれてなかった。本人たちは『AWAKENING』っていうタイトル通り、「覚醒」っていう意識だったみたいだけど、僕は逆にそれでも軸が全然ぶれてないことに感心したというか、やっぱりすげえなって思いました。


TRI4TH / Freeway

ーー来年は10周年ですし、何か計画を立てているんじゃないですか?

谷口 : TRI4THも今すごい調子いいんで、来年はまた面白いことやりたいですね。お楽しみに(笑)。

ーー続いて11月がfox capture planの『BUTTERFLY』。年明けに「年内に3枚のアルバムをリリースする」という宣言をして、その3枚目ですね。

谷口 : 最初は「3枚出したらかっこよくない? みんな驚くよ」っていう、そんなノリです。言っちゃったんで、やんなきゃいけないっていう(笑)。あと僕プロレス好きなんで、新日本プロレスのやり方を真似したっていうのもあります。毎年1月4日に東京ドームでその年の大きな大会のスケジュールを発表して、すごい盛り上がるんですよ。それを真似したっていう(笑)。


fox capture plan / Butterfly Effect

ーーももクロの運営もプロレスから影響を受けていて、それはつまりストーリー作りの重要性ということですよね。Playwrightはそもそも「脚本家」という意味ですし、そういう部分は強く意識されているのでしょうか?

谷口 : ものすごくあります。そこにSNSとか今の流れも取り入れて、上手いことパズルを組んでいくのが僕の仕事なんじゃないかって気がしてますね。初めて仕事をするアーティストに必ず言うのが、音源の発売までをドラマ仕立てにしていくっていうことで、そこに至るまでにどういうストーリーを作っていくかを一緒に考えようって話をするんです。

ーー言ってみれば、フォックスはジェットコースター・ドラマですよね(笑)。

谷口 : ホントそうですね(笑)。初めの段階ではここまで考えてなかったんですけど。

ーーああいうドラマも途中でどんどん書き換えるらしいですから(笑)。それにしても、『BUTTERFLY』は彼らの最高傑作と呼ぶに相応しい、素晴らしい作品になりましたよね。

谷口 : このペースでこれだけのものを作ってくるっていうのは、やっぱりすごいですよね。途中で言ったように、結成当初は「ローズの音色を入れたら?」とか、いろんなことを言っていたんです。でも、彼らはアコピの音色だけ、ウッドベースだけでやりたいって言って、これだけ何枚出しても飽きさせないことをやっているのは、ホントに素晴らしいと思います。

耳に残るか、口ずさめるかどうか。難しいことわかんないですから(笑)

ーーそして、12月に出るのがPRMITIVE ART ORCHESTRAの『qualia』ですね。

谷口 : 僕の中ではこれが今年ナンバー1かもしれないです。最後に持ってきたのは、そういう意図もあってのことですね。2曲目の「Heart of Cosmos」のメロディにまずやられて、そこからの展開にやられて、聴いてとにかくいいと思った。それ以上でも以下でもなくて、もうホントにいいなって(笑)。

ーー音楽性に関してはアーティストに任せて、谷口さんの中での判断基準はシンプルに「いいと思えるかどうか」だと。

谷口 : 耳に残るか残らないか、口ずさめるかどうか。まずはそこですね。難しいことわかんないですから(笑)。でもメンバーの森田は最初は作曲も控えめでしたけど、今回は何曲も作ってて、アイデアもボンボン出してて、彼の成長が見れただけでも嬉しくなりました。僕の想像を完全に超えた、素晴らしい作品だと思いますね。


PRMITIVE ART ORCHESTRA / Heart of Cosmos

ーー3作共に、今のPlaywrightの勢いが凝縮されているような印象を受けます。

谷口 : 来年はちょっと休みます(笑)。まあ、僕は毎年今年で終わりかなって思ってやっているんですよ。いつまでもブームが続くとも思わないし、あんまり浮足立たないようにと思っていますし、今しかないとも思ってます。その上で、先を見ているというか。

ーー今後の展望については、どのようにお考えでしょうか?

谷口 : レーベルが音楽ジャンルになるっていうのが目標ですね。シーンの中でどうこうというよりは、自分がシーンというか、Playwrightっていうジャンルになれたら嬉しいです。クラブジャズ・シーンをもう一回盛り上げようとか、ジャズとロックの架け橋になろうとかっていうよりも、あんまり周りは意識せず、そういうのは岸本に任せて(笑)、僕は僕なりのスタンスでやっていこうと思ってます。

Playwright作品まだまだあります!

LIVE INFORMATION

「渋谷 JAZZ JUNGLE × Playwright-New Year Countdown vol.11-」
2015年12月31日(木)@JZ Brat
時間 : 開場 / 開演 17:00 閉場 2:00
《Live》 fox capture plan / bohemianvoodoo / Immigrant's Bossa Band / PRIMITIVE ART ORCHESTRA /島裕介 SilentJazzCase / TRI4TH / WAIWAI STEEL BAND / freecube

《DJ》 須永辰緒 / 伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE / 谷口慶介

《MC&DJ》 DJ Niche

orange pekoe
2016年2月3日(水)@Billboard Live Tokyo
2016年2月10日(水)@Billboard Live Osaka

fox capture plan
2015年12月4日(金)@大阪 Zeela
2015年12月5日(土)@名古屋 JAMMINO
2015年12月6日(日)@浜松 MESCALIN DRIVE
2015年12月9日(水)@仙台 enn 2nd
2015年12月11日(金)@東京 LIQUIDROOM
2015年12月16日(水)@松本 ALECX
2015年12月17日(木)@新潟 CLUB RIVERSTE
2015年12月18日(金)@福井 CHOP
2015年12月19日(土)@金沢Manier

PRIMITIVE ART ORCHESTRA
2015年12月23日(祝水)@タワーレコード渋谷店 1F イベントスペース
2016年1月15日(金)@大阪 梅田 NOON + CAFE
2016年1月16日(土)@名古屋 栄 DOXY
2016年1月31日(日)@東京 青山 月見ル君想フP
2016年2月6日(土)@広島 Lush Life
2016年2月7日(日)@福岡 NEW COMBO

島裕介
2015年12月4日(金)@福岡赤坂 バックステージ
2015年12月5日(土)@佐賀市 シネマテーク
2015年12月6日(日)@大分市 かもめのジョナサン
2015年12月7日(月)@福山市 Forever Coffee Market
2015年12月9日(水)@倉敷 林源十郎商店
2015年12月16日(水)@元住吉パワーズ2 管と唄vol6
2015年12月19日(土)@学芸大学 珈琲美学
2015年12月22日(火)@名古屋金山 ミスターケニーズ
2015年12月23日(水)@長野伊那 "草の音(くさのね)"
2015年12月26日(土)@渋谷 "Family"
2015年12月27日(日)@自由ヶ丘 "バークラプトン"
2015年12月28日(月)@関内 "カモメ"
2015年12月29日(火)@下北沢 "RPM"
2015年12月30日(水)@自由ヶ丘ハイフン

TRI4TH
2015年12月26日(土)@大阪 梅田ALWAYS"
2015年12月27日(日)@高松「黒船屋」

PROFILE

Playwright

"Playwright" とは、「脚本家」の意味です。今まで Think! Recordsで培ってきた経験をもとに、今の時代に活動するアーティスト達のドラマを筋書き立てていき、レーベル名がひとつのジャンル・アイコンとして音楽や演奏形態、活動スタイルをそのまま連想できるような、そんなレーベルへと育っていくことを望んでいます。

>>Playwright Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
同じ筆者による他の記事