News

2020年06月29日23時00分

 
ヤマハのリモート合奏サービス『SYNCROOM』ついにスタート
 

ヤマハの離れていても自宅などから複数人でリモート合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス『SYNCROOM (シンクルーム)』のWindows / macOS版アプリケーションが本日公開された。『SYNCROOM』は、これまでベータ版として公開していた「NETDUETTO β2」の正式版。

また、スマートデバイスからでもリモート合奏が楽しめる、Android版のアプリケーションもベータ版として公開された。

『SYNCROOM』はインターネット回線を介して、複数のユーザー同士(最大5拠点)でリモート合奏が楽しめるサービス。一般的なリモート会議システムやIP電話は、通話や会議を想定して設計されており、一定の音声の遅れが生じることから、高いリアルタイム性が要求される合奏には適していない。『SYNCROOM』は、ヤマハ独自の技術*1 によってインターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信の遅れを極小化し、遠隔地間でも違和感のほとんど生じない*2 快適なオンラインセッションが楽しめるサービスを実現している。

これまでのベータ版サービス「NETDUETTO β2」にかわり正式版として公開された『SYNCROOM』のWindows / macOS版アプリケーションでは、新たにリバーブ機能、メトロノーム機能と録音機能を追加し、さらに充実の機能でリモート合奏が楽しめるようになった。自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、アカウント登録を行うことで、無料で利用できる。さらに現在開発中のAndroid版のアプリケーションも、ベータ版としてGoogle Playストアにて無料で公開された。(高田)

詳細は『SYNCROOM』公式サイトまで。
https://syncroom.yamaha.com/

*1 低遅延音声データ伝送技術について https://syncroom.yamaha.com/about/
*2 ご利用のネットワーク回線の状況により遅延性は異なります。