News

2019年10月02日12時15分

 
FLOATING POINTS、10/18リリース最新作『Crush』より新曲「Anasickmodular」公開
 

ジャズ、エレクトロニカ、テクノ、ハウスといったあらゆる音楽を自在に操る電子音楽家、フローティング・ポインツことサム・シェパード。

そんな彼が、初期衝動への原点回帰と音楽的な進化を同時に果たした10月18日(金)発売のセカンド・アルバム『Crush』より、新曲「Anasickmodular」を公開した。

Floating Points - Anasickmodular (Official Audio)


https://youtu.be/Md9gjJlqAxQ

新曲は部分的にライヴレコーディングされているという。ステージでの即興演奏中、カオティックなビートと捻れたシンセサウンドにより、興奮状態になった力強い瞬間を捉えたものだ。その「一瞬」を捉えるというプロセスが、今回のアルバム『Crush』をよりスリリングなものにしていると言えるだろう。

メインのパッドのサウンドとボーカルは2017年のプリマヴェーラ・サウンドでの即興ライヴから取っている。ツアーでシドニーにいた時、Anna (『Crush』のビジュアルを担当するハミル・インダストリーのうちの一人) が病気 (sick)になった。それで1日休みを取った時に既存の枠にとらわれないような新しいプロジェクトをモジュラーシンセ (modular) を使って始めたんだ。この曲のタイトル「Anasickmodular」はそれに由来している。トラックの後半部分はその時にその場でライブレコーディングで録ったものなんだけど、めちゃくちゃ楽しかった!
- Sam Shepherd (Floating Points)

また、アルバムアナウンス時に公開された「Last Bloom」のミュージックビデオの制作の裏側に迫った、「Making Of 'Last Bloom’」が公開中。

Floating Points - Making Of 'Last Bloom'


https://youtu.be/RC1HNsyNWl0

今回のアルバムアートワークや、まるで別の惑星にいるかのようなミュージックビデオの美しい世界観をハミル・インダストリーが創り上げていく様子が映し出されている。

最新作『Crush』は10月18日(金)に世界同時リリース。国内盤CDはホログラム加工された特殊パッケージと通常パッケージの2種類が発売される予定となっており、輸入盤CDとは異なるデザインとなっている。また、2種類の国内盤はどちらも高音質で楽しめるUHQCD(Ultimate High Quality CD)仕様、さらにボーナストラックが追加収録され、解説書が封入される。 (内)

【リリース情報】
label: NINJA TUNE / BEAT RECORDS
artist: FLOATING POINTS
title: CRUSH

release date: 2019/10/18 FRI ON SALE

限定特殊パッケージ盤CD BRC-615LTD ¥2,400+税
国内通常盤CD BRC-615 ¥2,400+税

[国内盤仕様] ボーナストラック追加収録/高音質UHQCD/解説書封入