News

2013年02月22日12時00分

 
転校生が原案・音楽担当の短編映画が〈MOOSIC LAB 2013〉で上映決定
 

水本夏絵によるソロプロジェクト転校生が原案・音楽を担当した短編映画『救済』が映画祭〈MOOSIC LAB 2013〉で、招待作品として上映されることが決定した。監督は『先生を流産させる会』で世の中に波紋を投げかけた内藤瑛亮監督。内容は「偶然拳銃を手に入れた少女が主人公のストーリー」とのこと。透き通った美しい歌声とは裏腹に自らの音楽の成分を「怒りの感情」と表現する転校生だけに、どんな内容の映画になっているのか、大いに気になるところだ。上映は〈MOOSIC LAB 2013 東京 K's cinema 〉にて4月6日(土)から4月26日(金)を予定。お見逃しなく。
(岡本貴之)

内藤瑛亮×転校生
『救済』
原案・音楽:転校生
出演:中村ゆりか、小林香織、正木佐和

詳細はMOOSIC LAB 2013
http://www.moosic-lab.com/


・転校生OTOTOY特集ページ
http://ototoy.jp/feature/index.php/20120426