News

2022/03/10 13:18

 

台湾出身ロックバンド、ゲシュタルト乙女の新作アルバム『Amoeba』リリース

 

台湾出身、日本語で歌唱するロックバンド、ゲシュタルト乙女がセカンド・フル・アルバム『Amoeba』を3月16日にリリース。去年開催されたアコースティックライブツアーの主題曲「再見(さよなら)」をはじめ、新曲「intro」「日曜日」「MOTHER」「UZU」「森」「under the tree」「不知道」全8曲を収録。

今作は永生を象徵するAmoeba(アメーバ)をテーマにした作品。Amoeba(アメーバ)はギリシャ語で「変化」を意味する言葉だが、科学者によって「不死の虫」と呼ばれるアメーバの意味に派生した。形や見た目は決まっておらず、体の形は自分の求める形に合わせて変えることができる。自己分裂して新しい命が生まれることになぞらえた彼女らの音楽への解釈でもあり、音楽を聴くたびに生み出された衝突や新しい思考は、自由に分裂して生命を延ばすように音楽の本質を絶えず拡散していく。「形」で表現することができない音楽は、記憶が辿るこの広大な世界で永生する。 このアルバム自体は、ゲシュタルト乙女の創作概念のように、ジャンルに捉われないという意味が込められている。

ジャケットのイラストはドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』主題歌「Presence」が収録されたアルバムのアートワーク制作を担当した人気イラストレーターである我喜屋位瑳務が担当。音源マスタリングは、サカナクション、plenty、ねごと、DAOKOなど様々なアーティストのサウンド‧ メイキングを手がけるレコーディング&ミックス‧エンジニア浦本雅史。また、CDデザインは様々な受賞実績を持ち、「相対性理論/正しい相対性理論」のCDジャケット制作を手がける小林弘和と山田春奈の両氏によるクリエイティブ・ユニットSPREADが務めた。

【セカンド・フル・アルバム『Amoeba』】

リリース発表:2022年3月16日(水) 00:00
アルバムダイジェスト:https://youtu.be/3maxMDU7dSs

<収録曲>
1. intro(作曲:Kaiaki)
2. 日曜日(作曲:Kaiaki、Mikan / 作詞:Mikan)
3. 再見(作曲:Mikan / 作詞:Mikan)
4. MOTHER(作曲:Mikan / 作詞:Mikan)
5. UZU(作曲:Kaiaki、Mikan / 作詞:Mikan)
6. 森(作曲:Kaiaki)
7. under the tree(作曲:Kaiaki、Mikan / 作詞:Mikan)
8. 不知道(作曲:Kaiaki、Mikan / 作詞:Mikan)

配信URL:https://umj.lnk.to/Amoeba

【プロフィール】
ゲシュタルト乙女 Official Facebook / https://www.facebook.com/GestaltGirl/
ゲシュタルト乙女 Official Instagram / https://www.instagram.com/Gestalt_Girl_official/
ゲシュタルト乙女 Official Twitter / https://twitter.com/gestalt_girl

[ニュース] ゲシュタルト乙女

あわせて読みたい


TOP